スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドヴォルザークの交響曲第9番 「新世界より」 C・デイヴィス/アムステルダム・コンセルトヘボウ管

「のだめカンタービレ」のプラティニ国際指揮者コンクール、面白かったですね。
あんな風にコンクールを行うんだなぁと興味深く観ておりました。
片平くん(石井正則)は熱演、あのジャンプには笑えました。

その中の演目、「新世界」を聴きたくなりました。

ドヴォルザークの交響曲第9番 ホ短調 作品95「新世界より」。
コリン・デイヴィス指揮アムステルダム・コンセルトヘボウ管の演奏。
1977年11月、アムステルダム・コンセルトヘボウでの録音。フィリップス盤のLP。

当時、C・デイヴィスは絶好調。ハイドンの交響曲集にストラヴィンスキーのバレエ三部作(ACO)、シューベルトの交響曲シベリウスの交響曲全集(BSO)など、今も名演の誉れ高い演奏を、次々に録音していた。このドヴォルザークの後期交響曲集もその一つであって、スケール大きく元気いっぱいの鮮やかな演奏を聴くことが出来る。

第1楽章のテンポは颯爽として軽快。弦楽セクションの歌わせ方が実に美しく格調高く、その表情は優しい。郷愁を誘うようなやさしさ、あたたかさ。
全体的にはストレート系、直球勝負型の演奏であって、C・デイヴィスが実は熱血漢であることを示しているのだが、一線を越える手前で踏みとどまって、端正なフォルムは崩さないのがさすが英国紳士。「サー・コリン」の品格、たしなみと云えるかも。

第2楽章は、いつ聴いても涙を誘われる優しさで一杯。ああ、望郷の歌。
武蔵野の台地と雑木林の匂い、入間野のどこまでも続く茶畑、暁の天覧山、紫匂う秩父連峰・・・・ああ、イングリッシュホルンの響きは故郷のイメージを誘う。コンセルトヘボウ一杯に溶けてゆくその響きは、切ないくらい胸を締め付ける。ドヴォルザークも、そんな故郷への思いを抱いていたか・・・・・。
C・デイヴィスがつくる音楽は、実に格調高く、背筋が伸びて、ピンと張り詰めた緊迫感も漂わせる。甘くないのがイイ。だからこそ、聴き手のイメージが広がってゆく。

第3楽章スケルツォはダイナミック。そして、ここでも素晴らしいのはコンセルトヘボウの音響。オーケストラがミルクコーヒーのように溶けあって、マイルドな響きが広がってゆく。ダイナミックな演奏とマイルドな音響とのアンバランスが、実に面白い。

終楽章は貫禄の名演。低音が充実、力強い響きをつくり出している。
デイヴィスの指揮は精力的、グイグイとオケを引っ張って、勢いのある演奏。ただ、音は美しく響き、荒れないのがイイ。
コンセルトヘボウ管は、実に素晴らしいオケとつくづく思う。


録音も素晴らしいです。アナログ末期、コンセルトヘボウを知り尽くしたフィリップスの名録音。
瑞々しい弦楽、甘い金管、やさしい木管それぞれが素晴らしい音で録られています。ティンパニの音も革のイイ匂いが漂ってくるようなナマナマしさ。ホルンの残響など、惚れ惚れするほど美しい。LPのせいか、トロッとした低音がまたよろしいんです。
録音から30年、今もホンマに美しいと思います。


<「新世界交響曲」過去のエントリーであります>
■カラヤン/ベルリン・フィル(1977年録音EMI盤)
■I・フィッシャー/ブダペスト祝祭管
■ケルテス/ウィーン・フィル盤
■バーンスタイン/NYP盤
■ノイマン/チェコ・フィル盤
■ジュリーニ/シカゴ響盤
■フリッチャイ/ベルリン・フィル盤
■ドホナーニ/クリーヴランド管盤
■ショルティ/シカゴ響盤
■ジュリーニ/ロイヤル・コンセルトヘボウ管盤




AUTHOR: ひろはや DATE: 01/08/2008 07:17:25 おはようございます。
「のだめカンタービレ」の余韻、まだ残っています。このところ、私もこの番組で気になった曲を自分のCDで聴き直したりしてます。楽しいですね。
ドヴォルザークの「新世界」、私はケルテス/ウィーン・フィル(1960年)で聴きました。コリン・デイヴィスのは未聴ですが、ドヴォルザークの弦楽セレナード(バイエルン放響との共演)(1987年)など素晴らしいので、是非聴いてみたいです。
スポンサーサイト

コメント

松山市から、初めてコメントします。
新春の「のだめカンタービレ」では、次々と流れるクラシックの名曲にワクワクしどうしでした。続編、期待しています。
今日のブログを読んで私が取り出したのは「ひろはや」さんと同じケルテス/VPO盤です。あと、ノイマン/CPO(旧盤)も時々聴きたくなります。
これから末永く、よろしくお願いします。

こんにちは。
 アムステルダム・コンセルトヘボウ。そういえば最近あまり聞いていないような気がします。来日もしてるし、決して影が薄くなった訳ではないんでしょうけど、そういえば録音があまり出て来ないような気もします。
 自分の好みが変わったのか、やっぱりクラシック不況なのか......
 むー


>ひろはや 様
こんにちは。いつもお世話になります。
「のだめカンタービレ」の音楽、ついつい棚から取り出しては聴いています。
「新世界」はホンマに大好き、これこそ僕の入門音楽でありました。第2楽章は「遠き山に日は落ちて」、中学校の頃、林間学校のキャンプで歌いました・・・・、
ケルテス/VPO盤は永遠の名盤。いまだ、これをしのぐ名演には会えません。
デイヴィス/バイエルン放送響の弦楽セレナードは、良かったですね。カップリングのチャイコフスキーも素敵でした。

>猫よしお 様
こんにちは。コメントを有り難うございました。
C・デイヴィスの「春の祭典」はすごかったですね。初めて聴いたのはLP時代でしたが、圧倒的な音響でした。今も、コンセルトヘボウ管の名盤になろうと思います。「火の鳥」も良い録音でした。
このドヴォルザーク、後期交響曲集はLPでも聴いているんですが、アナログ録音末期の素晴らしい音です。

>yuri 様
こんにちは。コメントを有り難うございました。
いやいや、yuriさんに褒められてエエ気分になっております(*^^*ゞ。
幾つになっても褒められるってのは嬉しいもんですね。有り難うございます。

さて、「新世界」、エエですね。第2楽章は望郷の歌、僕にとってはクラシック音楽の入門曲でした。終楽章もカッコイイですよね。大好きです。


>ヤマちゃん 様
こんにちは。コメントを有り難うございました。
十五万石の御城下から、ようこそおいでくださいました。とても嬉しく思います。こちら伊予西条は紀州の分かれ、同じ三葉葵の紋所です。どうぞよろしくお願いします。
さて、ケルテスにノイマンの「新世界」、エエですね。ケルテスは永遠の名盤、ノイマン盤(DENONの新しい方の録音)もすでにエントリーしているんですが、チェコ・フィルの響きが素晴らしく、とても懐かしい気分になります。ホンマにエエ曲ですね。

「のだめカンタービレ」の音楽、聴いていて(見ていて)実に楽しかったですね。いろいろ、ラックから取り出しては聴いておりました。

>Verdi 様
こんにちは。いつもお世話になります。
コンセルトヘボウ管の録音は、ハイティンクやC・デイヴィス、マリナーらが大活躍していた時代には、フィリップスが盛んに発売してくれたんですが、シャイーが常任になってからは、DECCAが専属だったためか、発売点数が減ったように思いますね。
今は、ホンマに新譜が出ていないような気がします。同感です。
寂しいですね・・・・。

フィリップスの録音で、最新のコンセルトヘボウ管の響きを聴きたいです。

朝比奈翁が新春コンサートでよく取り上げていたことが懐かしく思い出されるのう。
ケルテスが不滅の名盤であることに異論はござらんが、楽想の舞台がボヘミアと新世界であることを思えば、過去エントリーにも揚げられたボヘミア色豊かなノイマン盤とニューヨーク色の濃いバーンスタイン盤も捨てがたいですな。
爺は牧歌的な主題が魅力的で弦が流れるような第一楽章が特に気に入っておるが、JAWSが出だしをパクッタと噂のある勇壮な終楽章もエエですな。そして、イングリッシュホルンの聴かせどころ、世界中の誰もが知っている第2楽章。
名盤は数多くあるが、それぞれの「家路」にそれぞれの幸を感じるのう。

>峠茶屋の爺 様
こんばんは。コメントを有り難うございました。
バーンスタイン/NYPの「新世界」はLP時代に大好きでよく聴きました。元気いっぱいで、ダッシュの鋭さは天下一品でした。
ノイマンのは確かにボヘミア色豊かな名演でしたね。

>JAWSが出だしをパクッタと噂のある勇壮な終楽章・・・・
ああ、なるほど、そういえばそうですね。ジョーズの音楽は、まさにそうでした。云えてますね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。