スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワーグナーの楽劇「ニーベルングの指環」(抜粋盤) カラヤン/ベルリン・フィル

年末になるとワーグナーを聴きたくなる・・・・。

NHK-FMの年末特集・バイロイト音楽祭にかじりついていたせいでしょうか。ベートーヴェンの第九とともに、ワーグナーの楽劇をききたくなってしまうのであります。
これ、我々40代以上のクラシック音楽好きのオヤジたちのサガかもしれません(^^ゞ。

このごろは、CDが買える金銭的余裕が出来たことに加えて、CDが大変安価に購入できるようになったので、FM放送からとんと遠ざかってしまったんですが、若い頃は最も有り難いソースでありまして(だって、タダなんだもの)、必死に「エア・チェック」したものでした。
さて、今年は年末の休暇にゆっくりFM放送を聴いてみようかな。まだ、バイロイトなどの特集は放送しているんでしょうか・・・。

ということで、今日はワーグナー。

ワーグナーの楽劇「ニーベルングの指輪」(抜粋盤)
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリン・フィルの演奏。
1966~69年の録音。DGのレゾナンスシリーズの廉価輸入盤。購入して20年くらいになるので、さて、今は現役盤かどうか分からない。国内盤ではパノラマ・シリーズの2枚組で出ているんじゃないかと思う。

ワーグナーといえば、大作「ニーベルングの指環」。時間がない時は、もっぱら管弦楽曲集を聴くのだが、今日はカラヤン/BPOの全四部作からの抜粋盤。1枚で、「リング」のエエところが聴けてしまう徳用盤。
カラヤンの全曲盤は持っていないので(我が家にはショルティのLP、ヤノフスキ/SKDのCD盤、ノイホルトの激安ブリリアント盤がありますが)、歌手については何とも云えないのだが、これはカラヤンらしい精妙さとゴージャスさが融合した、素晴らしいワーグナーと思う。力作といっていいんじゃないか。

とにかく綺麗。サウンドは豪快無比。ベルリン・フィルはスゴイ。
威力満点の迫力ワーグナーを聴かせるかと思うと、一転、ゾクゾクするほど美しい繊細な響きをつくり出す。ハーモニーの繊細なこと、この上なし。
ああ、美しいワーグナー!

トマス・スチュアートのヴォータンは良い。「ラインの黄金」ではフィッシャー=ディースカウが歌っているが、これも素晴らしい美声のヴォータン。
ブリュンヒルデのヘルガ・デルネシュは、同じカラヤンの指揮する盤(EMI)でイゾルデを歌っていたが、当時絶好調、鋭敏で覇気のある歌唱と思う。

録音が抜群です。
約40年経過したとは思えない新鮮さ。耳を疑います。
DGにしては最高レベルの録音と思います。
スゴイ。生々しい。迫力十分。大音量では部屋が震えます。


「ニーベルングの指環」についてのエントリーがたまってきましたので、ここらで自己リンクを・・・・・。
■楽劇「ラインの黄金」 ヤノフスキ/ドレスデン・シュターツカペレ
■楽劇「ラインの黄金」 ベーム/バイロイト祝祭管
■「ニーベルングの指環」管弦楽曲集 オーマンディ/フィラデルフィア管
■「ニーベルングの指環」管弦楽曲集 テンシュテット/ベルリン・フィル
■「ニーベルングの指環」管弦楽曲集 セル/クリーヴランド管
■「ニーベルングの指環」管弦楽曲集 マゼール/ベルリン・フィル
■「ニーベルングの指環」管弦楽曲集 ショルティ/ウィーン・フィル
■「ニーベルングの指環」(ハイライト) ヤノフスキ/ドレスデン・シュターツカペレ



AUTHOR: 猫よしお DATE: 12/16/2007 07:23:15 おはようございます。
お世話になります。
カラヤンのワーグナー。素晴らしいですね。
以前、mozart1889さんがおっしゃっていられていたように
私もカラヤンは、やはり劇場の人だったのだと
つくづく思います。
スポンサーサイト

コメント

こんにちは。
 バイロイトのエアチェック。懐かしいですねぇ(笑) 半周りくらい下の年代だと思いますけど、私も一時期やってました。聞き始め、学生の頃かな。
でも、すぐにCDで買ってしまうようになって、結局録音しても聞かなかったなぁ。テープで聞くのがしんどいもので.......それに、何の手がかりも無く指環とかパルジファルとか聞き続けるのは流石に厳しかったですし。

 カラヤンの指環も持ってますが、あまり聞かないなぁ.....いや、指環自体が(^^;
 これだけ長尺物だと聞くだけでも大変なので。今週はボリスを聞いてしまったし.....


こんにちは。
同じものかどうかわかりませんが、「リング」のハイライト盤をもっています。
ワーグナーにおけるカラヤン・サウンドは、オケの艶のある音とたっぷり歌うところが好きなんです。

こんばんは。
カラヤンのワーグナー、『指輪』に限らずどれも本当に美しい演奏ですね。
デルネッシュ、シュチュアート懐かしい名前が・・・。タルベラにリーダーブッシュも出てましたよね。実は初めて聴いた『指輪』の全曲は、カラヤン盤でした。
ベルリン・イエスキリスト教会で、ヘルマンス氏による録音。美しい響きに包まれて、ドロドロした楽劇の内容を忘れさせてくれる、演奏と録音ですね。

>猫よしお 様
こんばんは。こちらこそ、いつもお世話になります。
カラヤンのワーグナーは、「トリスタン」、「マイスタージンガー」を全曲盤で聴いていますが、さすがに素晴らしいなと思います。
リングも全曲で聴いてみたくなりました。
懐と相談しなくちゃなりません・・・・・(^^ゞ

>ひろはや 様
こんばんは。いつもお世話になります。
ハイティンクの「リング」はBSを録画したもので観ています。レヴァインやブーレーズなど、一時、衛星放送がワーグナーの楽劇を沢山放送してくれたのを録画しました。
もっとも、CDほど取り出すことがないですね。やはり、観るより聴く方がエエようです。
カラヤンの全曲盤、欲しくなりました。ゴージャスサウンドで楽しめそうです。

>天ぬき 様
こんばんは。いつもお世話になります。
カラヤンの「リング」はゴージャスなサウンドだけでなく、叙情的な表現も見事でした。演出巧みな、さすが劇場の人ですね。
近くにワグネリアンがいらっしゃると、エエですね。
僕の周囲にはおりません。ワーグナーの楽劇、少しずつ集めてきましたが、さすがにオペラはお金がかかります・・・・・(^^ゞ

>Verdi 様
こんばんは。コメントを有り難うございました。
FM放送のエアチェックは、実によくしました。今はカセットデッキが壊れて、テープも殆ど処分してしまいました。
でも、FM放送には世話になりました。
年末、今年もワーグナーの放送があるのなら、久しぶりにチューナーのスイッチを入れてみようかと思います。
パルジファルは難しいです。今も僕はよく分からんです(^^ゞ

ボリスも難しいです・・・・。

>よんちゃん 様
こんばんは。コメント感謝です。有り難うございました。
カラヤンのワーグナーは、ホンマ、オケに艶があって綺麗ですね。
録音も上々で、今聴いても実に鮮烈な音がします。
歌手もよく揃ってます。
全曲盤で聴きたいところですね。欲しくなりました。

>あるべりっひ 様
こんばんは。いつもお世話になります。
ベルリンのイエス・キリスト教会での録音、素晴らしいですね。DECCAのショルティ盤ほどの鮮やかさはないですが、非常に綺麗で、叙情性もある美しい録音と思います。ヘルマンスの名作でしょうね。
カラヤンはワーグナーも巧かったと思います。マイスタージンガーにトリスタン(いずれもEMI盤)も素晴らしい出来でした。

mozart1889さん、こんばんは。
初めてこちらにお邪魔します。

カラヤンのリングは全曲盤を持っていますが、非常に綺麗で抒情的です。まるで御伽噺のような風情すら感じてしまいます。
カラヤンのリングの真骨頂は「ラインの黄金」と、「ワルキューレ」の第一幕とうぐいすは思っています。
特に「ラインの黄金」は、シュトルツェがローゲをやっていて、この歌いまわしの素晴らしいこと!ハンサム風ではなく、こんなに曲者で芸達者なローゲはこの演奏をおいて他にないでしょう。
ただ、ジークフリートや神々の黄昏あたりになると、アクがなくてずっと綺麗な感じなので少々飽きてしまいますが(笑)。

ところで話は変わりますが、うぐいすのブログ内へmozart1889さんの本ブログをリンクさせていただいてもよろしいでしょうか?今後ともよろしくお願いいたします。

>うぐいす 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
カラヤンの「リング」はハイライト盤しか持っていないんですが、おっしゃるように抒情が流れる演奏で、とても綺麗ですね。シュトルツェは名演、素晴らしいと思います。
全曲盤、欲しいです・・・・・・懐と相談ですね・・(^^ゞ

リンクの件、こちらこそよろしくお願いします。
いろいろ教えて下さい。お願いします。

いつもお世話になります。
私がカラヤンの生誕100年で購入を検討しているのは、話題のSHMーCDで再発売される、「ニーベルングの指輪」(全曲)です。私もこの録音、ハイライト盤でしか持っておらず、全曲通して聴く機会は皆無に近いとは思いますが、カラヤンの録音芸術を偲ぶモニュメントとしては相応しいと思っているからです。まあ、SHM-CDによる音質向上効果は、自分の経験上、最近の「レコ芸」等の録音評を全く信用していませんので、期待はしていませんが・・・。
カイルベルトやクナの決定盤が出ても、カラヤンのワーグナーには陶酔できます。それに私は、ショルティやベーム全曲盤でのニルソンのブリュンヒルデ等の実力歌手の迫力が苦手で、カラヤン盤くらいのキャスティングが、CDで聴くにはちょうどいいと思ってもいます。通の方に言わせれば邪道なんでしょうが・・・。

>鞍馬天狗 様
こんばんは。コメント感謝です。
カラヤンの「リング」全曲、イイでしょうねぇ。欲しいですね。
CDではヤノフスキ/SKD盤と激安ノイホルト盤しか持っていないんです。LPでは大冊ショルティ盤を昔中古で買いました。
カラヤンのはキャスティングが少し軽めの声質の人が多いと思うんですが、CDではその方がエエかもしれませんね。
今、ホンマに欲しいのはカイルベルト盤です。これ、評判いいでしょう?特に録音が当時としてはスゴイとの評判なので、一度は聴いてみたいなぁと思ってます。職場の盤鬼友人が買いそうなので、回してくれと頼んでいるところです(^.^)

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。