スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーツァルトの交響曲第38番K.504「プラハ」 ブロムシュテット/ドレスデン・シュターツカペレ

昨日はDoblog不調で、アップできませんでした。
今朝も少し重い感じなんですが、さて・・・・。

今日もモーツァルトであります。

モーツァルトの交響曲第38番 ニ長調 K.504「プラハ」。
ヘルベルト・ブロムシュテット指揮ドレスデン・シュターツカペレの演奏。
1982年9月、ドレスデンのルカ教会での録音。DENON盤。クレスト1000シリーズの廉価盤で購入できるもの。

このコンビのモーツァルトはCD2枚分。38番から41番までの4曲で終わってしまった。
ああ、勿体ない!
今にして思えば、ドレスデン・シュターツカペレが絶好調の時代であり、ブロムシュテットとのコンビが最も幸福だったのではないかと思われる。
遺されたLP・CDはすべて味わい深いものばかり。声高に叫んで自己主張するような演奏では決してないのだが、聴けば聴くほど味が出てくる名品と思う。ベートーヴェンもシューベルトは最高だし、ブルックナーやR・シュトラウス・・・・名盤にはきりがない。そして、このモーツァルトもその一つ。何の変哲もないモーツァルトであって、スタイルは伝統的、いわば昔風のモーツァルトなのだが、様式がどうのこうのと云うよりも、もう出てくる音楽が素晴らしいの一語に尽きる。スタイルや楽器の種類(古楽器か現代楽器か)などはあまり関係がない。

ます、音の質が素晴らしい。ドレスデン・シュターツカペレならではの、練り絹のような弦。質朴な管。これらが程よくブレンドされたまろやかさ。そして、ルカ教会の、世界最高級の残響。

第1楽章、荘重な序奏を抜けると、モーツァルトの明るい華やぎが展開する。楽しい音楽なのだが、ドレスデン・シュターツカペレのしっとりと落ち着きのある音が、このモーツァルトを軽薄なものにしない。ヨーロッパの長い伝統を感じさせる深々とした音。この音を捉えきったDENONの録音技術も素晴らしいと思う。

第2楽章は心落ち着くアンダンテ。安定した音楽と云うべきか。
長年積み上げてきた伝統の重みがここでも息づいている感じ。音楽にスキがなく、そのフォルムは全く揺るぎない。見事な再現と思う。
ブロムシュテットのテンポが良いのだろう。聴いていて身体も心も軽やかになって行くテンポ。これ、リラクゼーション効果がありそう。

終楽章は心浮き立つプレスト。
快速な中で、素晴らしいアンサンブルが展開される。万全のフィナーレ。ドレスデン・シュターツカペレの見事な演奏。
弾むリズムがやがて大いなる喜びに変わってゆく、アポロン的な表現。感動的なフィナーレと思う。

録音は、先述したように、今も素晴らしい音で聴けます。
さすがDENON。
絶好調時の名録音でありました。


AUTHOR: 猫よしお DATE: 12/14/2007 06:22:29 おはようございます。
いつもお世話になります。
ブロムシュテットのモーツァルト。いいですね。
地味な指揮者ですが安心して聴けます。
ドレスデンとのコンビもおっしゃるように素晴らしいです。
モーツァルトの交響曲録音が4曲で終わってしまったことは
誠に残念なことです。
DENONの録音も大変優れていますね。
スポンサーサイト

コメント

こんばんは。

ブロムシュテット=SKDのプラハは20年前くらいにLPで持っていて
とても好きだったんですが、LPを全部処分(貧乏なのでたいした枚数はなかったのですが)してしまい、割と最近CDで購入しました。

初恋の人に再会したような変なトキメキがありましたね(変な表現でゴメンナサイ)。

初恋の人は年を取りましたがこの演奏はいつまでもみずみずしい、新鮮な美しいままの演奏でした。

TBさせていただきました。

>猫よしお 様
おはようございます。コメント感謝です。
ブロムシュテットがDENONに録音した演奏は、ホンマに素晴らしかったですね。モーツァルトも格調高く暖かい演奏で、今もよく聴きます。
録音も素晴らしく、愛聴盤です。
4曲で終わってしまったことは、本当に惜しかったです・・・・・。

>天ぬき 様
おはようございます。いつもお世話になります。
天ぬきさんは、このコンビの全盛期の実演をお聴きになっているんですね。羨ましいです。さぞや、素晴らしかっただろうと想像します。
惜しむらくはこのコンビのブルックナーが4番と7番で終わってしまったことですね。
おっしゃるように、このコンビで8番・9番を是非聞きたかったと思います。残念です・・・・。

>あろいぶ 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
ボクもこのコンビ大好きなんです。ブロムシュテットはSKDと最も相性が良かったのではないかと思っています。
ベートーヴェンとシューベルトの全集を録音してくれたのは良かったです。録音では独シャルプラッテンより、DENONが素晴らしいです。ですから、ブルックナーやR・シュトラウスは、実にいい音で今も聴けますね。

スウィトナー/SKDのモーツァルトはLP時代からの愛聴盤です。徳間音工のLPが、我が家には結構あります。edelのCD激安ボックスもありまして、大事に聴いています。
有り難うございました。

>ニョッキ 様
コメントを有り難うございました。
初恋の人との再会、エエですね。僕も久しぶりにCDに買い直して、想いを新たにすること多いです。
ただ、僕はLPをとうとう処分できず、今も所持していますので、古女房との出会いが多いんですが。・・・・・・・(^^ゞ。

TB有り難うございました、嬉しく思います。

こんにちは。
 確かに、ブロムシュテットとシュターツカペレ・ドレスデンの録音は、出来の割に多くないですよね。
 私は決してリアルタイムで聞いていた訳ではないのでピンと来ないのだけど、ブロムシュテット、決して厚遇されてるわけではないのかな、などと思ってしまいます。N響なんかで聞くと、渋くて面白いなぁ、と思うのですが。

ごめんください。
ブロムシュテットとシュターツカペレ・ドレスデンのモーツァルト。
もっと録音してもらいたかったですね。
モーツァルトの交響曲は名盤がたくさんあってとても聴き切れたものではないですが、ブロムシュテットとドレスデンは僕も愛聴盤のひとつです。
スウィトナー盤もありますし、ドレスデンは最高だと思います。

>Verdi 様
おはようございます。いつもお世話になります。
ブロムシュテットとSKDのCD、結局DENONのクレスト1000シリーズで、未聴盤を全部購入してしまいました。
聴けば聴くほど、素晴らしい響きに感動します。もっと録音して欲しかったですね。特にモーツァルトとブルックナーは、残念でなりません。
もっと厚遇されてしかるべき指揮者と思うんですが・・・・・・。

> kazu941008 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
同好の方がいらしてくれて嬉しいです。ドレスデン・シュターツカペレのモーツァルト、エエですね。ブロムシュテットのもイイですし、スウィトナーのキビキビした演奏も僕は大好きです。
ルカ教会の残響にもウットリします。音はまろやかですし、派手派手しくないのもいいですね。
ブロムシュテットのモーツァルトは2枚しかDENONにありませんが、是非、当時のDENONの録音で他の曲も聴いてみたかった・・・・・と返す返すも残念です。

皆さん仰せの通り,このコンビの演奏は素晴らしいですね.
どの曲も全く不満を感じさせず,至福の時を過ごさせてくれます.

ところで皆さんが(私も)もっと聞きたかったとおっしゃるブロムシュテットのブルックナーですが,LGOとの第8番も素晴らしい演奏で私のお気に入りになっています.この曲の演奏としては結構地味ですが,ブロムシュテットの信仰告白といった感じですてきです.両翼配置のオーケストラのせいか,ブロムシュテットのバランスの取り方のせいか独特の響きがします.

>たけ 様
こんばんは。コメントを有り難うございました。
ブロムシュテットとドレスデン・シュターツカペレの演奏は、どれも見事なものでした。特にDENONでのCDは録音状態も最高レベルで、今聴いても実に心地よいですね。
ブロムシュテットがライプツィヒ。ゲヴァントハウス管を振ったブルックナーの8番交響曲、輸入盤で出ていますね。HMVのサイトでも見たのですが、未購入・未聴です。そうですか、名演ですか。これは是非聴いてみなくちゃアカンですね。この頃のCDにしてはチト高価なのが難点ですが・・。

ありがとうございました。

クラシックCD紹介その178(モーツァルト 交響曲第38番ニ長調「プラハ」)

PING:
BLOG NAME
明後日からのハワイ旅行で来週4日間会社を休むのですが、営業という立場なの
でたった4日でもいろいろ引継ぎやら連絡やらで余計に仕事が増える。
サラリーマンは固定で給料もらえるしある意味安定しているけれど休みが自由に取れないのはツラいところ。(といって....

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。