スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベートーヴェンの交響曲第9番「合唱」 スウィトナー/ベルリン・シュターツカペレ

Doblogのメンテナンスが朝まで続いておりました。この数日、かなり重かったので少しは改善されたかな?
というわけで、更新が少し遅くなりました。スミマセン。

さて、師走です。
師走といえば第九です。合唱です。
僕はミーハーですから、年末になると第九が聴きたくなります。ああ日本人!
今月は沢山第九を聴きたいと思います。

まずは愛聴盤から。

ベートーヴェンの交響曲第9番 ニ短調 作品125「合唱」。
オトマール・スウィトナー指揮ベルリン・シュターツカペレ、ベルリン放送合唱団の演奏。
独唱は、マクダレーナ・ハヨーショヴァー(S)、ウタ・プリーヴ(A)、エバーハルト・ビュヒナー(T)、マンフレート・シェンク(Bs)。
1982年6月、東ベルリンのイエス・キリスト教会での録音。DENON盤。ドイツ・シャルプラッテンとの共同製作。

今も、最も良い音で聴けるベートーヴェン交響曲全集。
DENONの優秀録音はLPで聴いてもCDで聴いても素晴らしい。今日は、より暖かみのあるLPを取り出した。LP3面、もう1面は2番交響曲が収められているもの。
作りが丁寧。ジャケットも美しいし、レコードの中袋も他社と違って入念につくられたポリ袋。上等なもので、静電気が起きにくいように工夫されていた。「所有する悦び」を教えてくれるLPでもあった。

演奏ももちろん素晴らしい。
スウィトナーらしく明晰で確固たる構成。響きはやや明るく、音楽は前向き。造形に優れ、オーケストラとの呼吸もぴったり、聴いていて実にすがすがしい。

ベルリン・シュターツカペレもおそらく当時全盛期だったと思う。スウィトナーがベルリン国立歌劇場の音楽総監督を務めた1964年から1990年の間、特にその中盤から後半では、素晴らしい録音が遺されたと思う。今も、DENONや独シャルプラッテンに素敵なLPやCDが沢山ある。それらを聴いていると、何と良いオーケストラかと、つくづく思う。
アンサンブル、響き、構成感、真摯な姿勢など、今も感動的。録音の多くは、独シャルプラッテンなので、多分に国策的なものとは思うのだが、それにしても(それだから、か?)、懸命な演奏には好感が持てる。

この「合唱」もスウィトナーとベルリン・シュターツカペレの良さがよく出ている。

第1楽章は盤石の安定感。オーケストラの音そのものが素晴らしい。
決して派手ではなく、どちらかと言えば地味な音だと思うのだが、しっとりと潤いのある音で、弦楽セクションなどは得も言われぬ風情がある。野に咲く花のよう、と云うべきか、いぶし銀とでも云うべきか。
素朴な音を響かせる木管、上品な金管、そして全てがバランスよく鳴っているのがまた心地よい。極上のブレンド、最高品質の音楽が眼前に展開する。

第2楽章は、緊張感が快い。
ティンパニの音が強靱でかつ美しい。スウィトナーの作り出す音は迫力もあるが、総じて美しい。リハーサルを十分に積んでオケの持つ美質を丹念に引き出す、スウィトナーの職人気質でもあるだろう。
音楽は緊迫しているのだが、響きは実に心地よい。聴いていてしあわせ。引き込まれてしまう。

第3楽章は心洗われるアダージョ。スウィトナーのとるテンポは全く中庸。遅すぎてベトつくこともなく、速すぎて素っ気ないこともない。ああ、このテンポ、この運びと聴いていて納得できる。
ホルンが好演。徐々に盛り上がる弦楽セクションはことのほか美しい。

そして絶品のフィナーレ。合唱も独唱も見事な熱演。
録音が良いので、合唱と一体となって聴ける感じ。
ああ、ベートーヴェンは何と素晴らしい音楽を書いてくれたのか、と感謝したくなるような名品。感銘大きい。

録音は今も瑞々しい、最高の音であります。
LPの暖かみも良し、CDでは、よりクリアな音場が広がります。
愛聴盤、これからも永く聴き続けることでしょう。


スウィトナー/ベルリン・シュターツカペレのベートーヴェン交響曲全集のエントリー完成しました。
■第1番・第2番
■第3番「英雄」
■第4番
■第5番「運命」
■第6番「田園」
■第7番
■第8番



AUTHOR: 天ぬき DATE: 12/02/2007 10:33:57 おはようございます。
スウィトナーのベートーベンは大好きです。
友人宅で田園を聴かせてもらったのが最初でした。
カートリッジはオルトフォンのアームに装着したSPU-GTE、サンスイの907でドライブされたヤマハのNS1000から出てきた音の何と素晴らしかったことよ!!
すっかり打ちのめされて以後オーディオにはまった思い出のLPでした。
第九も申し分ない音と演奏で愛聴盤です。
音のことばかりですいません(._.)
スポンサーサイト

コメント

>天ぬき 様
こんばんは。コメントを有り難うございました。
スウィトナーのベートーヴェンは思い出深い演奏で、これからも聴き続けたい愛聴盤なんです。

それにしてもオルトフォンのSPU-GTE、サンスイの907、ヤマハのNS1000・・・・懐かしいです。僕も長いこと、山水のD907GEを使っておりました。SPもYAMAHAのNS690Ⅲだったんです。
デジタル録音(当時はPCM録音と炒っておりましたね)を、いい音で聴きたいと一生懸命でした。思い出されます。

>ひろはや 様
こんばんは。いつもお世話になります。有り難うございます。
スウィトナーのベートーヴェン全集が、ひろはやさんの定盤になった由、嬉しく思います。
今月は第九を沢山聴きたいですね。

それにしてもスウィトナーのベートーヴェン全集が5,000円程度で買えてしまいます。凄い時代だと思います。
DENONのCDはなかなか廉価盤化しなかったのに、この頃は、クレスト1000シリーズ以降でしょうか、全集物・箱物がとても安価に入手できるようになりました。嬉しいことです。

>猫よしお 様
こんばんは。いつもお世話になります。感謝です。
スウィトナーの全集は、録音からすでに20年以上経過していますが、今も最高の音で聴けます。DENONの録音がホンマに素晴らしいです。
東ベルリンのイエス・キリスト教会のロケーションもエエんでしょうね。
ふっくらと暖かく豊かな音、実に心地よいです。

こんばんは。
普段は第九など気にしないのですが、どうもこの季節になると『第九』かな・・・等と感じる自分です。どうも『流行り物』に弱いようです。
今年も12月は、8日に『ジョン』のどれかのアルバムを聴き、24日には『チャーリー』の映画をどれか観て、それから誰かの第九を聴く自分の姿が想像できます。今年は、スウィトナーにしようかな・・・。

こんばんは。
ベートーヴェンは普段殆ど聴くことが無いのですが、この1年ほどまたぼちぼち買い始めました。
バーンスタインの9番(DG、CBS)、ライナー、C.クライバーの5、7番、セルの1、2、3番、ブロムシュテットの6番、そしてクーベリックの4、5番(Audite)。
今書いて手気付いたのですが、あと8番を買えば交響曲全集になってしまいます。

ベートーヴェンの交響曲は中古で安く入手出来ますので、その気になればいくらでも揃えられます。
ただ、それが果たして良いことかどうか。
一枚一枚大事に聴いていた、若い頃の方が幸せだったような・・・

>あるべりっひ 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
12月、今年ももう師走ですね。この時期になると、僕は第九を聴きたくなります。
ああ日本人。
そういえば、ジョン・レノンの命日もありますね。ビートルズは若い頃(中学生だったので幼い頃でしょうか)随分聴きました。懐かしいです。

>Summy 様
おはようございます。いつもお世話になります。
ベートーヴェン全集、近頃は安いですね。輸入盤だと、5,000円程度で買えてしまうものが殆どですね。中古盤でもナンボでも安いものがそろいます。
結局、我が家にはもう何種類もベートーヴェン全集があるわけでして、果たして、これで良いのかと自問してます。
もっと大切に聴かなくちゃイカンのではないかなと・・・・・・。

ブロムシュテットの田園、カルロスの5番7番は、もう最高の演奏と思います。セルの若番も、スッキリとした名演。英雄は最高の演奏と思います。

こんにちは!。私も師走のこの時期には、何となく自分への気持ちの波を動かす(いい意味で)意味で第9を聴きまくります。
もちろんスウィトナー盤、私も以前からお気に入りの1枚です。音は渋いながらも、なんとヌケの良いサウンドでしょうか!!。4重唱もパワーで押さず、オペラっぽくならないところがイイですね。後にバレンボイムが同じオケを振った盤の、あのドスの効いた響きとは対極。指揮者が変わるとここまで変わるか!といった印象です。
さて、今年はどの第9を聴こうか・・・。
毎年外さないのは、朝比奈先生&大フィル(77年盤)です。
メータ&NYPO、ペーター・マーク&パドヴァ管弦楽団あたり(対極!)を聴こうかな。

>TATSUYA@ 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
TATSUYA@さんも、スウィトナー盤をお好きだったですか。同好の方がいらして嬉しいです。響きが素晴らしく、今聴いても最高の録音ですね。
バレンボイムの全集も持っているんですが、全然違いますね。あちらは、確かにドスのきいた音でした。古色蒼然、古きプロイセンの伝統的な音を想像させる重厚さでした。面白かったです。

マーク盤もエエですね。あの穏やかなゆったり感は大好きです。僕も聴いてみようかな。

ごめんください。
今年も第九の季節がやってきました。
ベートーヴェンの第九で一番好きなCDはスウィトナー盤です。
あと、ブロムシュテットとシュターツカペレ・ドレスデンのライブ熱演CDも良いですよ。
今年は誰のCDを聴くか楽しみながら思案しているところです。

>kazu9410008 様
こんばんは。コメントを有り難うございました。
kazu9410008さんも、スウィトナー盤ご推奨ですか。同好の方がいらしてくれるのは嬉しいですね。
ブロムシュテットの第九は、全集盤も良いんですが、ゼンパーオパーのこけら落としライヴも素晴らしいですね。
激安価格で購入したのですが、演奏は超一級品でした。
熱く燃えるドレスデン・シュターツカペレもイイですね。

http://www.doblog.com/weblog/myblog/41717/2622958#2622958

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。