スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブリテンの「青少年のための管弦楽入門」 オーマンディ/フィラデルフィア管

2日間出張しておりました。これから年の瀬までは忙しい日々が続きます。
そして、めっきり寒くなりました。
初冬の寒気で、職場のイチョウの色づきがピークであります。

さて、今日は・・・・。

ブリテンの「青少年のための管弦楽入門」作品34。
ユージン・オーマンディ指揮フィラデルフィア管弦楽団の演奏。
1957年3月の収録。CBS盤。

昔懐かしい、小学校の鑑賞音楽。
音楽の先生が解説しながら聴かせてくれた「パーセルの主題による変奏曲とフーガ」。

ブリテンが英国文部省の求めに応じて書いた教育用音楽と云うが、耳を澄ませていると実に美しい音楽。懐かしいだけではない、ホンマに美しい名曲と思う。
旋律良し、変奏曲も楽しい。何よりオーケストレーションが素晴らしい。
子供たちだけに聴かせておくのは勿体ないぞい。

しかも今日のCD、演奏はオーマンディ/フィラデルフィア管、天下の美音、ゴージャスサウンドで聴かせてくれる。ブリテンの音楽が豪華絢爛、鮮烈な音で蘇る感じ。
指揮もイイし、オケの技術も抜群の安定感。

録音は50年も前、ステレオ初期の大昔のものだが、今も十分に美しく、かつ、生々しい。ヒスノイズが少々耳につくが、個々の楽器の美しさ、生々しさは格別。優秀録音だろう。現代の録音より、かえって自然な感じがする。
しかも、アメリカの1950年代の明るさ、フィフティーズ的なノリも感じられる。素晴らしい録音と思う。

金管楽器の蕩けそうなくらいの美音。もう甘ったるいほど。
打楽器は精力的でカッコイイ。シャープな音が、オーケストラを引き締める。
ハープの響きは瑞々しく鮮やか。甘く切ない美音でもある。

ブリテンには多くの素晴らしい作品があります。
でも、ブリテンはいつまでも「青少年のための管弦楽入門」の作曲家であります。
ド素人の僕には、これが一番なじみやすく、懐かしい作品なんです。


AUTHOR: 猫よしお DATE: 11/29/2007 06:56:32 いつもお世話になります。
ブリテンの「青少年のための管弦楽入門」。
おっしゃるように懐かしい作品ですね。
初心者向けですがオーケストラの仕組みが良くわかります。
ブリテンは「戦争レクイエム」「シンプル・シンフォニー」
「ピーター・グライムズ」などの作曲家として有名ですが
指揮者としてのイメージがあります。
モーツァルトなど名演ですね。
スポンサーサイト

コメント

こんばんは。
小学校の授業で聴かれましたか。
私は中学校の音楽の授業でした。
凄く情熱を持った先生で、今でも私の音楽の聴き方には、その先生の影響が強いと思います。
ところで、このブリテンの曲は、ほんといい曲ですね。
原曲を作ったパーセルという作曲家を知ったのも、この曲が初めてでした。
私にとっては、懐かしいというよりもルーツのように感じる作品です。

こんばんは。
ブリテンの「青少年のための管弦楽入門」は、クラシックに目覚めた中学時代に行った生の演奏会での演目にあったような覚えがあります。指揮者が誰だったか、オーケストラがどこだったか忘れているのですが.....。
いま私の持っているのは、作曲者のブリテン自身がロンドン響を指揮したCD(1963年:London)です。本当に久しぶりに聴いています。
聴くとクラシックに触れ始めた頃の懐かしさが込み上げてきます。何か特別な曲ですね。

こんばんは。
この曲はプレヴィン/ロイヤルフィルのテラーク盤で聴いています。
お約束のプロコフィエフ「ピーターと狼」とのカップリングです。
「ピーターと狼」では、プレヴィン自身が語りを務めています。

バーンスタイン盤は聴いてみたいと思っているのですが、今調べてみると図書館に有りますねぇ。
こんど借りて聴いてみましょう。

今日は注文していたRCAリビング・ステレオのSACDがどっさり届きました。
フリッツ・ライナーの「展覧会の絵」を聴いてみましたが、凄い演奏ですねぇ。
しなやかで、柔らかな響き。アンサンブルは抜群。
もっと力任せの演奏かと思ってたら、予想はあっさり外れました。
セルの演奏と双璧かもしれません。

録音はCDレイヤーで聴いても、信じられないほどの高音質ですので、SACDプレーヤーで聴いてみたいですね。

>猫よしお 様
おはようございます。いつもお世話になります。
ブリテンのこの作品、懐かしいですね。学校で聴く音楽なんですが、懐かしさのあまり、我が家には何枚かこの曲があります。
ブリテンの作品、そう聴いているわけではないんですが、名曲と思います。
指揮者としてのブリテンはバッハとモーツァルトですね。
特にカーゾンとのピアノ協奏曲は絶品でした。
有り難うございました。

>チョップスイー 様
おはようございます。初めまして。コメントを有り難うございます。
ようこそおいで下さいました。よろしくお願いします。
スウィトナーの「田園」、良かったですか。嬉しいなぁ。僕はスウィトナーのベートーヴェン全集、大好きでして、今までホンマに何度も繰り返し聴いてきましたが飽きません。田園や1番2番、英雄もイイですし、第九も素晴らしい・・・・・特にDENONの録音が素晴らしいです。
同好の方がいらしてくれて、嬉しいです(^^)V

ブリテンの「青少年のための管弦楽入門」、これは入門作品には勿体ない美しい曲と思います。愛聴してます。
サージェントの名前は、セラフィムの廉価盤とともに、懐かしいです。僕も聴いてみたいです。

>ドレドレ 様
おはようございます。三多摩地方の初冬、寒くなったでしょうね。この時期、富士山が綺麗に見えるようになるんです。故郷、入間が懐かしいです。朝と夕方の富士、見たいです・・・・。
さて、この曲、どうも中学校での鑑賞が初聴きだったように思えてきました。ブログに書いた「小学校の・・・・」というのは僕の勘違いのようです。

しかし、イイ曲ですね。ナレーションなしのを僕も聴いてみたいです。
ケーゲル盤は聴いたことがないんですが、東独では珍しい録音かもしれないですね。

>romani 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
パーセルのこの作品、聴いたのは中学校のようです。僕の思い違いのようです。小学校では聴けないでしょうね・・・・。
それにしても素晴らしい作品と思います。僕もこの作品でパーセルの名前を知って、後年「シャコンヌ」を聴いたときに懐かしく感じたものです。

中学校3年次の担任が音楽の先生でした。綺麗な先生でした。
僕もその先生に影響されているような気がします。
クラシック音楽って、ホンマにエエですね。

>ひろはや 様
おはようございます。いつもお世話になります。感謝です。
ひろはやさんは、実演を聴いているんですね。それは羨ましい。僕も、これ入門曲と云いつつも、実演で聴いてみたいです。
ブリテンの自作自演盤、これも未聴なんです。昔、LP時代、キングレコードのカタログには必ずこの盤が入っておりました。有名な演奏と思います。
CDでまだ入手可能なら、是非耳にしたいと思います。
有り難うございました。

>Summy 様
おはようございます。いつもお世話になります。
SACDプレーヤー、欲しいですね。持っていないんです。・・・・・ですから、我が家にはSACDメディアがありません。
でも、エエ音らしいですね。聴いてみたいなぁ・・・・・なるほど、ライナー盤、そんなに良いんですか。食指を動かされますね・・・・セルと双璧・・・・ああ、聴いてみたいです!Summyさん、勧めるの上手!(笑)

プレヴィンのブリテン、ああ、それ良さそうですね。
僕も探してみます。有り難うございました。

おはようございます。
年末で忙しく、年が明けたら年度末に向かって忙しくなりますね。

オーマンディ/フィラデルフィア管は、一時代を築いたコンビですが、
その時代を支えた首席奏者達のソロ録音が再発になりましたね。
伴奏はもちろんオーマンディとフィラデルフィア、贅沢な企画です。
演奏ももちろん素晴らしいものばかりで、とても聴き応えがありました。

記事の曲に直接関係のないことですみません。

>hsm 様
おはようございます。いつもお世話になります。感謝です。
フィラデルフィア管の首席奏者たちの演奏・・・・なるほど、それイイですね。知りませんでした。有り難うございます。
オーマンディを支えた、そしてあのゴージャスサウンドを作り出した奏者たちのプレイ、是非聴いてみたいです。

年末、仕事忙しいですね・・・・いやはや、参ります(^^ゞ。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。