スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J・S・バッハのゴルトベルク変奏曲 トレヴァー・ピノック(cem)

伊予路に氷雨が降りました。寒くなりました。
関東以北は、だいぶ冷えたそうです(今日も寒い予報ですね)。
ジョギングしていても、冷気が胸・肺を刺激します。そろそろ防寒スタイルで、朝ジョグといきましょう。

今日は若者の演奏。

J・S・バッハのゴルトベルク変奏曲 BWV988。
トレヴァー・ピノックのチェンバロ独奏。
1980年4月、パリのコンセルヴァトワールでの録音。アルヒーフ盤。

ピノックの若々しいチェンバロ。ピノックを初めて知ったのはこの演奏だった。
主題はテンポが遅く、ゆったりとよく歌う演奏。その歌が爽やかで、チェンバロの響きも実に自然で涼やか。爽快感に満ちた演奏と思う。

変奏に入ると、ピノックの演奏は自由自在、格調高くやるところもあれば、思い切り歌わせるところもあって(その歌は随分情念的な感じもする)、聴いていて実に楽しい。飽きない。全体的にサッパリとした弾き方で、モヤモヤ・モコモコしていないのが、当時若武者ピノックの流儀だった。
キビキビした奏法、歯切れの良いアーティキュレーションで、バッハの変奏曲の技法が全て注ぎ込まれたこの大傑作を、青春・青年の響きにして再現してゆく。見事なもんだなぁと思う。夢と情熱と、活力と。若いってエエですね。

カイザリンク伯爵とはいかぬまでも、この曲を流しっぱなしにしてゴソゴソ事務仕事をするのは、結構能率が上がるもんです。
バッハの緻密な書法、極められた対位法が、身体に良いのか、仕事がさくさく進んでいきます。
眠くなることはありませんので、やはりこの曲、カイザリンクの不眠解消には役に立たなかったかもしれません。

録音は素晴らしいもの。
アナログ最末期の優秀録音と思います。

さて、ピノックは今どうしているんでしょう。
あの1980年代の輝いていたころの彼の音楽は、実に新鮮でありました。



AUTHOR: 猫よしお DATE: 11/21/2007 08:46:48 おはようございます。
ピノックのチェンバロ独奏。録音も演奏も素晴らしいです。
ピノックには室内楽の録音もあったはずですが
おっしゃるように最近名前を見かけないですね。
チェンバロはフランス語でクラヴサン、
英語でハープシコードとも言います。
一つの楽器で呼び方が複数あるのは珍しいことです。
スポンサーサイト

コメント

はじめまして。
ピノックはクラシックを聴き始めた80年代、
大活躍していて、ピリオド楽器の魅力を教えてくれた
アーティストでした。
このゴルトベルクは、私も所持していて、
久しぶりに聴きましたが、イイですね。
吉田秀和氏も絶賛していました。
現在もピノックは、AVIEレーベルを中心に活躍しています。
近くブランデンブルグの再録音が発売されるようです。
わたしは、レイチェル・ポッジャーとのバッハのヴァイオリン・ソナタが
最近の録音では好きです。


>猫よしお 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
ピノックの演奏は今聴いても新鮮、若いって良いなぁと思います。
チェンバロの呼び方、いろいろですね。FM放送のクラシック番組では、その国の呼び方をきちんとしていました。
ラモーはクラヴサンなんでしょうね。

>天ぬき 様
おはようございます。コメント感謝です。
ゴルトベルク変奏曲、僕はピアノ半分チェンバロ半分といった聴き方でしょうか。
ピアノだとグールドの新旧両盤、ペライア盤が好きです。チェンバロですとリヒターにピノック、ピヒト=アクセンフェルト。
夜中に静かに聴くのはチェンバロの方がエエかなぁと思ったりします。

>ドレドレ 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
ピノックのバッハでは、ヴァイオリン協奏曲もチェンバロ協奏曲集も良かったですね。管弦楽組曲も爽やかな演奏でした。
あと、ヘンデルの合奏協奏曲集もすてきな演奏で大好きです。
1980年代の録音なんですが、今聴いても聴きやすい音で鳴ってくれます。

>balsamicosu 様
おはようございます。
初めまして。ようこそおいで下さいました。有り難うございます。
ピノック活躍しているんですね。この頃情報に疎くなって、知りませんでした。AVIEレーベルもよく知りませんでした。勉強不足ですね・・・・・(^^ゞ。
それにしてもピノックの1980年代はすごかったですね。僕もピノックとホグウッドにピリオド楽器の爽やかさ・面白さを教えてもらったと思います。
バッハにヘンデル、素晴らしい演奏でした。
このゴルトベルク変奏曲も、時々取り出しては、懐かしんでいます。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。