スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーツァルトのフルートとハープのための協奏曲 グラフェナウアー(fl)・グラーフ(hp)

午後から北風が強まりました。冬の風でした。

モーツァルトのフルートとハープのための協奏曲 ハ長調 K.299。
イレーナ・グラフェナウアー(fl)、マリア・グラーフ(hp)、ネヴィル・マリナー指揮アカデミー室内管弦楽団の演奏。
1988年1月、ロンドンでの録音。フィリップス盤。

休日にはゆっくりジョギング、シャワーそしてのんびりと朝食。そのあと、午前の陽光を眺めながら聴くのに、この協奏曲は最高。
昨日の日曜日は比較的新しい録音(と言っても、もう20年前の録音になってしまったが)、グラフェナウアーとマリア・グラーフという女流二人のソリスト、そしてマリナー/アカデミー室内管の安定した伴奏で聴いてみたのです。

マリナーのモーツァルトでは交響曲や管弦楽曲でもそうだったが、新鮮でしなやか、瑞々しく歌う演奏で、音楽する喜びに溢れているのがイイ。
この曲でも爽やかな風をバックから送り込んでくる感じ。ああ、いい音、そして心地よく弾むリズム。マリナーのモーツァルトはイイ。

ソロも自在闊達な演奏。、あまり目立つようなフレーズはないのだが、二人の存在感は十分。
格調高く正統的な演奏で、あれこれ弄らずに、ただひたすらモーツァルトの天才的な音楽に奉仕している、という感じ。
グラフェナウアーのフルートは、実に美しい響き。澄んだ空気の感触で、ヒンヤリ冷たい清水のような響き。爽やかそのもの。時折聞かせる装飾音も上品。

グラーフのハープ、これも慎ましく上品。この曲はもともとギャラントな音楽なのだが、このハープはしっとりと落ち着きがあって、やや渋い感じもする。味わい深い演奏と云うべきだろう。

どの楽章も素晴らしいが、第2楽章の穏やかな演奏が特によく、心洗われる感じ。暖かい日差しが窓辺に差し込んでくるような、ほのぼぼとした心地よさ。
フィナーレの快活さも良い。フルートの澄み切った響きが空を駆け、ハープの優しい音色が梢を揺らす・・・・そんな爽やかな演奏でありました。

録音は今も素晴らしいもの。
フィリップス録音は、我が家ではいつもエエ音で鳴ります。
機器との相性がイイのでしょう、僕はフィリップス好きです。


AUTHOR: hsm DATE: 11/19/2007 18:18:45 こんばんは。
急に寒くなりました。
山の紅葉も色が濃くなってきています。

グラフェナウアーは、オーケストラがやってきた! という番組で
知ったような覚えがあります。
透明感のある音がとても印象的でした。
このような音にはフィリップスの録音が似合っているような気がしますね。
スポンサーサイト

コメント

今晩は、マリナーのモーツァルト協奏曲録音はどのくらいの数あるのでしょうか。ブレンデルとの23番、ブライマーとのクラリネットなど、特に終楽章は好きです。グラフェナウアーは未聴ですが、エントリー済みのスイトナー・ワルター・ツォフ盤でよく聴きます。

>hsm 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
四国伊予路でも紅葉が綺麗になりました。気温も一気に下がってきました。
グラフェナウアーとグラーフのコンビ、美しい音が印象的でした。実演は見たことがないのですが、さぞや綺麗なんだろうと想像してます。
フィリップスの録音は、いつも素晴らしいです。

>narkejp 様
おはようございます。いつもお世話になります。
そうですそうです、昨年の正月にエントリーしたフルート協奏曲のカップリングです。覚えていただいて恐縮です。
五嶋みどり・・・・・もエエですね。まだエントリーしたことがないんですが、パガニーニのカプリースなど良いなぁと思います。
寒くなりました。東北では大雪とのこと。山形もだいぶ降りましたか?
お気を付け下さい。

>天ぬき 様
おはようございます。心温まるコメントを有り難うございました。
中3の頃、僕はクラシック音楽に全く縁なく、フォークソングに歌謡曲ばかり聴いていました。歌謡曲の最後の全盛期だった時代でした。
フルートとハープのための協奏曲を知ったのは二十歳過ぎだったでしょうか。休日に聴くことが多いんですが、いつ聴いても心やすまります。
モーツァルトは凄いです。

>ドレドレ 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
マリナーの録音は夥しいですね。モーツァルトの協奏曲も数多いと思います。巧いです。
ブライマーとのクラリネット協奏曲も、良かったですね。1970年代のモーツァルト録音は特に良く、管楽器の協奏曲集を今もよく聴きます。

mozart1889さん、こんにちは。
ここ数日、急に冷え込むようになって寒さが身にしみております。
風邪も少しづつ流行ってきているようなので、mozartさんもお気を付け下さいね。

「フルートとハープのための協奏曲」ですが、やはりこの曲も「クラリネット協奏曲」と同じく、朝にピッタリの曲だと思います!
ちなみに私のCDは・・・
ジャン=ピエール・ランパルのフルート
マリエル・ノールマンのハープ
フランツ・リスト室内管弦楽団です。

第二楽章が特に好きで、フルートとハープの音色が何とも言えない穏やかな気持ちにしてくれます。♪

>yuri 様
こんばんは。コメントを有り難うございました。
四国もだいぶ寒くなりました。午後から冷え込みが強いです。都会はもっと寒くなってきているんでしょうね。

ランパルのフルートはエエですね。明るくて優雅でカッコイイです。
僕はラスキーヌ(hp)・パイヤールと共演したERATO盤で聴いています。
とてもギャラントな演奏で、休日の朝などに聴くのが実にエエんです。
ありがとうございました。

こんばんは。日曜日に豊島屋酒造の蔵開きに行ってきました。昨年も引っ越してすぐ行きましたので2度目になります。ブログに写真をアップしてありますのでよかったらご覧ください。

この曲、好きなんですよね。明るくていかにもロココ調で。フルート奏者の同級生がいまして、何回か生で聴いています。
手元のCDはゴールウェイ(フルート)のと、吉野直子(ハープ)・アーノンクール指揮の二枚です。

>ぱぐ 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
ああ、蔵開きの季節ですね。写真、拝見しました。エエですね。旨そうですね・・・・・・と云いつつ、僕は下戸なので、美酒には縁なき衆生であります(^^ゞ。
人生の楽しみの半分以上を損していると、友からは云われます・・・。

さて、フルートとハープのための協奏曲、イイ曲ですね。僕は大好きです。ゴールウェイの天衣無縫のフルートは最高ですね。愛聴してます。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。