スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィンナ・ワルツ名曲集 バウアー=トイスル/ウィーン・フォルクスオパー管

暖かい休日でありました。

今日はのんびりとウィンナ・ワルツ名曲集を。

フランツ・バウアー=トイスル指揮ウィーン・フォルクスオーパー管弦楽団の演奏。
録音年代の記載なしでよく分からないが、P1983とあるので、1982年頃の録音かもしれない。

丸善とフィリップスの共同製作によるクラシック名曲全集「エクセレント・コレクション」シリーズの中の1枚。BOOK-OFFなどでよく見かける出物でありますな。
しかし、中身は立派なかつてのレギュラー盤。ワタクシとしては音源入手に重宝しています。

フランツ・バウアー=トイスルは生粋のウィーンの指揮者。(プロフィールはこちら)。ウィーン風の、艶やかで粋なワルツを堪能させてくれる。このCDには6曲が収められているのだが、どれも心地よい。
フィリップスの録音も良いせいだろう。残響豊かでふっくらとした柔らかい音で聴き手を包み込む感じ。オケの音が左右に大きく広がり、フワッとした浮遊感もある。間接音が豊かなので、長い時間聴いていても聴き疲れしないのもイイ。

1「ウィーンの森の物語」
カール・スォホダのチターが絶品。素晴らしい音、哀愁漂う音、その美しさに惚れ惚れする。チターを聴くために、リプレイしてしまった。

2「ウィーン気質」
フランツ・バウアー=トイスルのとるテンポは中庸、やや遅めかな。ゆったりと進むワルツは心地よい。ヴァイオリンのしなやかな響き、優雅なルバート、ああこれぞウィンナ・ワルツと云いたい。本場物だなぁ。テンポの伸縮や表情の付け方など、さすがと思う。この流麗さ、好演と思う。

3「南国のバラ」
ほのぼのと美しい演奏。休日の昼下がりにのんびりと聴くウィンナ・ワルツ、幸福な気分にさせられる。暖地の四国とはいえこの時期にバラは咲かないが、ウィーン・フォルクスオーパー管の艶のある響きが美しく、バラのような鮮やかさで鳴る。

4「美しく青きドナウ」
名曲の名演奏。ゆったりとしたテンポは、ドナウをすべりゆく豪華客船のくつろぎかな。堂々としていて恰幅の良い演奏で、時にゴージャスな感じもする。晴れ晴れとした気分になる演奏。

5「皇帝円舞曲」は金管の響きも豪華で、カイザー気分になれるし、
6「酒・女・歌」は軽やかな弦が印象的。

以上6曲、休日の午後にのんびり聴いておりました。
聴きながらウットリと昼寝も・・・・最後の2曲はうつらうつら・・・・贅沢な昼寝でありました(^^ゞ。



AUTHOR: 猫よしお DATE: 11/11/2007 08:37:59 おはようございます。
ウィンナ・ワルツ。大好きです。
本場物は素晴らしいです。
大曲ばかり聴いていると疲れる?ので
先日のバロック音楽や、このような小曲を聴くと和みます。
耳に優しく心良いですね。
スポンサーサイト

コメント

こんにちは。
 そうですか、そちらは穏やかな土曜日だったのですね........
 首都圏は冷たい雨に終日降り込められておりました。今日は回復してきたかな。

 音楽にTPOがあるなら、ウィンナワルツというの、いい天気の休日には合いますよね。いつ聞くべき、というものではないけど、氷雨降る土曜の夜にはやはり似合わないようです(^0^;


>猫よしお 様
こんにちは。いつもお世話になります。
ウィンナ・ワルツ、イイですね。僕も大好きです。休日にのんびり聴くのは特にエエです。
耳に優しい・・・・おっしゃるとおりですね。
こういう音楽を聴くのもクラシックの楽しみと思います。

>ひろはや 様
こんにちは。いつもお世話になります。
フランツ・バウアー=トイスルのウィンナ・ワルツ名曲集は、いろいろな形で再発売を繰り返しているようです。とても聴きやすい、穏やかで暖かい演奏と思います。
小澤征爾のニューイヤー・コンサートも好きです。よく取り出します。日本人として何となく嬉しく思っています。

>天ぬき 様
こんにちは。コメントを有り難うございました。
初期の頃のCDは高価でした。4,000円が当たり前でしたよね。
今思えば、涙が出るような思い出です。ホンマに、高かった・・・・だから、苦労して倹約して買ったものなんです。
そのCD、申し訳ありません。僕はブックオフで250円でした。
演奏は、とてもイイです。いわゆる本場物の美点が一杯、安心して聴けるワルツ集ですね。
フィリップスの録音もとてもエエんです。心地よい音がします。

>Verdi 様
こんにちは。首都圏は雨でしたか・・・・四国はのんびりと暖かい休日でしたので、フランツ・バウアー=トイスルのワルツ集、気持ちよく聴けました。
おっしゃるとおり、穏やかな時間の中で、ワルツ集は聴きたいですね。

氷雨降るときは・・・・・・ラフマニノフやチャイコフスキーあたりがエエかもしれないですね。僕はラフマニノフのピアノ協奏曲などをよく取り出します。
コメントを有り難うございました。いつもお世話になります。感謝です。

今晩は、
ウィンナ・ワルツが聴きたいときは、かなりへソマガリですが
フォン・ガラグリー指揮 SKD (ベルリンクラシックス)を取り出します。
特に 序曲「ウィーン気質」は,一度聴いたら、堪りません。とろけます。
1971年の録音ですが、ルカ教会の素晴らしい響きです。

「美しく青きドナウ」はちょうど今、アンサンブルで練習しているところです。合奏するととても気分が好くなります。みんなニコニコ・・・。これはやっぱり名曲ですね。

「ウィーン気質」はライナー/シカゴ響が好きです。「いやらしくないポルタメント」に痺れて、真似しようと頑張っているのですが、その「程のよさ」がなかなかうまくいきません。

>ドレドレ 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
ドレドレさん、へそ曲がりどころか、フォン・ガラグリー指揮SKD盤、これ珍しい録音なのではないでしょうか。僕は聴いたことがありません。SKDにそういう録音があるのを全然知りませんでした・・・。
是非、聴いてみたいです。SKDのワルツ集はケンペのもスウィトナーのも、とても良かったですから・・・・。

>hiromk35 様
おはようございます。いつもお世話になります。感謝です。
ライナーの振るワルツ集、「ウィーン気質」、なるほど、いやらしくないポルタメント・・・・そこがエエですね。
hiromk35さんは、アンサンブルの練習中ですか。楽器が出来るのはいいですね。羨ましいです。楽しみですね。
僕は何も出来ないので、残念です。

こんにちは、ガラグリー指揮SKD盤、ベルリンクラッシクス盤は廃盤らしく、国内盤・徳間ジャパン1000円で現役のようです。

>ドレドレ 様
こんばんは。情報を有り難うございました。
徳間の1,000円盤ですか。探してみたいと思います。ドレスデン・シュターツカペレというのがエエですね。

mozart1889さん、こんにちは。
ワルツも、いいですね。♪
「ウィーン気質」と「美しき青きドナウ」と「皇帝円舞曲」は、特に好きです。
なかでも、「皇帝円舞曲」は繰り返し何度も聴いてしまいます。
ワルツを聴くと、何故か自然に体が左右に揺れて、テンポをとっています。(笑)

>yuri 様
こんばんは。コメントを有り難うございました。だいぶ冷えてきましたね。
四国もそろそろ冬支度です。
さて、僕も「ウィーン気質」や「美しき青きドナウ」・「皇帝円舞曲」、大好きです。皇帝円舞曲など優雅で豪華でエエですね。
「南国のバラ」や「春の声」もよく聴きます。
とても心地よい音楽ですよね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。