スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーツァルトのクラリネット協奏曲 プリンツ(Cl) ・ ベーム/ウィーン・フィル

秋深し。
今日はしっとりとした音楽を聴きたい気分であります。

モーツァルトのクラリネット協奏曲 イ長調 K.622。
アルフレート・プリンツのクラリネット独奏、カール・ベーム指揮ウィーン・フィルの演奏。
1972年9月、ウィーンのムジークフェラインザールでの録音。DG盤
プリンツにはミュンヒンガー/VPOとの演奏もあった(DECCA)。

プリンツのクラリネットはウィーン風。エーラー管の音がふくよかで美しい。この音が聴きたくて、しばしば僕はプリンツ盤を取り出す。ミュンヒンガーとの共演も美しいが、今日はベームとのDG盤で。
これは、おそらく人口に膾炙した名盤。

この曲は、モーツァルト最後のコンチェルト。いわば、「白鳥の歌」だから、あまりゴテゴテと飾り立てる演奏では困る。華美に奔らず、着実堅実で淡々とした味わいの演奏の方が良い。プリンツのクラリネットは、まさにそういう演奏。

第1楽章アレグロは、しっとりと落ち着いた響きが素晴らしい。ベーム/VPOの伴奏は格調高く、背筋が伸びて端正そのもの。贅肉のない、引き締まった伴奏なのだが、音そのものはVPOの響きが柔らかく、雰囲気豊か。
プリンツのクラリネットもしっとりと濡れたような、暖かいソロで心地よい。一つひとつの音符を大切にしている感じが伝わってくる。

第2楽章はアダージョ。
これは美しい。全く美しい。この世のものではないような美しさ。モーツァルトは、最後にこんなに澄み切った彼岸の境地に達していた・・・・・・。
ゆっくりと穏やかに歌うクラリネットが感動的。涙なしには聴けない、モーツァルトの白鳥の歌だ。楽想は長調なのに、悲しい。「白鳥は 悲しからずや 空の青 海の青にも 染まずただよう」・・・とでも云っているか。この世への別れでも歌っているか。
プリンツのクラリネットの、低音のはかないまでの美しさは、滅びようとする美を象徴しているかのよう。素晴らしい。

VPOの伴奏も美しさの限りで、トゥッティの揃い方、その美は絶品。純白の響き。

第3楽章はロンド~アレグロ。
プリンツは、飾り気のない素直なアプローチで聴かせる。厳格なまでの古典的な美しさ。移ろいゆく旋律と和音の美しさは、格別と思う。
名品であります。

録音は、1970年代としては標準的なもの。
今の耳で聴くと、やや平板、ペタッとした感じの音響で、もう少し奥行きが欲しいかな。弦楽の潤いももう少しあればと思いますが、これ欲深ですかね。


AUTHOR: ひろはや DATE: 10/30/2007 07:09:51 おはようございます。
モーツァルトのクラリネット協奏曲は、まことに優美かつ暖かみがあって大好きな曲です。気持ちが贅沢になります。
プリンツ/ベーム/ウィーン・フィルのCDを私も持っておりますが、ウラッハ/ロジンスキ/ウィーン国立歌劇場管(ウェストミンスター復刻CD)(1954年)も気に入って聴いています。
スポンサーサイト

コメント

昔から大好き、あまりにも聴きすぎてしまって最近はご無沙汰(涙)。
モーツアルトの最高傑作と言いたい、文句のつけようのない美しい
曲ですね。秋にふさわしいようで、また聴いてみます。
勿論、この盤持ってます、LPのままですが。

こんにちは。
残念ながらこの盤を持っていません。クラリネット五重奏曲の方でプリンツの音を聞くことができます。ここでのプリンツの音そのものや歌わせ方、表情はすばらしいので、協奏曲でも素晴らしいんだろうなと想像できます。
ちなみに協奏曲はライスターとマリナー/アカデミー室内管で持っています。

おはようございます。
モーツァルトのクラリネット協奏曲。いい曲ですね。
聴いていて安心します。幸せな気分になります。
クラリネット協奏曲。モーツァルト以後は
R・シュトラウスとヴォーン・ウィリアムスくらいしかないようです。
オーボエやファゴット、フルートとハープ、ホルン協奏曲も
モーツァルトの曲が有名ですね。
モーツァルトは天才です。

おはようございます。

今掛けているのはカール・ベーム指揮ウィーン・フィル、プリンツ独奏です。グラモフォンの輸入盤でカール・ベーム×ウィーン・フィルという組み合わせでいろいろ入っているのですが、1974年録音ということしかわかりません。

もっと頻繁にかけるのはストルツマンがイギリス室内管弦楽団と演奏したRCA盤で、プリンツのよりややスピードがありますね。
ほかに、クーベリック指揮ベルリンフィル、独奏ライスターのグラモフォン盤があります。父のレコード棚にあったのはたぶんライスターじゃないでしょうか。

何年か前に「熱狂の日」でモーツァルトづくしをやったときは、ライスターのモーツァルトを聴いています。とても楽しそうなのが印象的でした。むかしN響に出演していた人たちは良くも悪くもとてもまじめな感じで、フルートのゴールウェイが楽しげだったのが珍しかったくらいなものですから。

「協奏曲を一生書きつづけ、この分野での最高の作曲家だった人は、その最後の作品で、ついに最も協奏曲的でない協奏曲を書くところに到達し、そして、これが、その分野での最高の傑作になった・・・・」
また吉田秀和氏の文章を紹介させていただきました。
偶然最近続けてこの曲を聴いていました。プリンツ/ベーム、ライスター/カラヤン、プリンツ/ミュンヒンガー、そしてド・ペイエ/マーク。
透明で美しく心にしみこんでくる音楽にはただただ聴き入ってしまいました

二度目のお越しです??
優勝おめでとうございます。
斉藤君には乾杯、いや完敗でした。
当分早稲田王国は続きそうでこちらは苦汁を飲まされそうです
私が入学した時には早稲田には谷沢、荒川、三輪田、安田、高橋直樹
法政には冨田、山本浩、田淵、江本、山中、明治には高田、星野等
六大学の最盛期でした。神宮の外野の芝生席が懐かしいです。

>ひろはや 様
こんばんは。いつもお世話になります。
モーツァルトのクラリネット協奏曲、ホンマに気持ちが贅沢になりますね。哀しみが走るような感じもして、モーツァルト白鳥の歌とも思います。
ウラッハのクラリネットは素晴らしいと思いつつ、この協奏曲のは持っていません。いつか聴いてみたいと思います。
有り難うございました。

>hsm 様
こんばんは。コメント感謝です。
プリンツは伴奏もやるんですか。知りませんでした。ピアノも達者だなんて、さすがですね。
プリンツのクラリネット、ミュンヒンガー盤もなかなか良かったです。1960年代の録音なんですが、そこはDECCAの優秀録音、今もいい音で聴けます。僕はLPで聴いています。
カップリングのフルートとハープのための協奏曲も素晴らしいです。これは以前にエントリーしました。

>よし 様
こんばんは。コメントを有り難うございました。
そうなんです、僕もウラッハの演奏を聴いてみたいと思っています。
それにしても、プリンツはエエですね。ウィーン室内合奏団と演奏したクラリネット五重奏曲も素晴らしい演奏でした。DENON盤です。これも愛聴盤です。

>丘 様
こんばんは。コメントを有り難うございました。
これぞモーツァルトの最高の協奏曲かもしれません。白鳥の歌、純白の思い・・・・響きは軽やかで、そこはかとなく漂う哀しみが、何とも云えません。
秋に聴くのもエエですね。
LPもあるんですが、この頃はCDで聴いてます。

>よんちゃん 様
こんばんは。コメントを有り難うございました。
ライスターのクラリネットもエエですね。僕はカラヤン/BPOの伴奏盤で聴いていますが、彼の音も素晴らしいと思います。
プリンツのクラリネット五重奏曲はDENON盤で愛聴しています。カップリングのブラームスのもイイです。
ウィーン風の音が何ともいいですね。大好きです。

>猫よしお 様
こんばんは。いつもお世話になります。感謝です。

おっしゃるように、クラリネット協奏曲の場合、モーツァルト以後は、R・シュトラウスやヴォーン・ウィリアムスくらいしかないですよね。他の楽器でもそうですね。オーボエや・ァゴット・フルートとハープにホルン協奏曲・・・・・みんなモーツァルトが大傑作を書いてしまったですね。
いつ聴いても素晴らしいと思います。


>ぱぐ 様
こんばんは。コメントを有り難うございました。東村山の雑木林は、晩秋の様相でしょうか。
ぱぐさんは、「熱狂の日」でライスターを聴かれたんですか。エエですね。都会の人が羨ましいです。四国からはなかなか行けるものではなく、東京の人が羨ましいです。
ライスター/クーベリック盤のクラリネットも素晴らしいですね。あの音、いつ聴いてもいいなと思います。
ストルツマンは未聴なんですが、いつか聴いてみたいと思っています。
有り難うございました。

>天ぬき 様
こんばんは。いつもお世話になります。感謝です。
吉田秀和の文章、イイですね。まさにその通り、同感です。いつもながら、吉田秀和の言葉は、グッときます。さすがですね。

斎藤佑樹、素晴らしい活躍でした。15奪三振の完封はスゴイです。
天ぬきさんの頃の法政は全盛期ですね。山中投手に田淵などの法政三羽がらすの時代はスゴイかったそうですね。
僕の時代は、阪神監督の岡田さんが活躍しておりましたが、東都や首都リーグにはよく負けてました。人気の東京六大学、実力の東都と言われてましたね。そうそう、原辰徳の東海大学も強かったです・・・・・。

こんばんは。
プリンツ&ベーム盤が私の愛聴盤です。
ベーム&VPOのモーツアルト管楽器協奏曲集の『ジャケット』が好きで買い集めました。最後の『ホルン協奏曲』だけ少し様子が違いますが・・・、ホルンにモーツアルトの顔が映りこんでいます。『ホルン協奏曲』には、もう一種類ジャケットがありそこにはホルンに『YAMAHA』の文字が・・・。

インパクトのある演奏ではありませんが、何ともいえない味わいと雰囲気を持っている演奏と思います。
録音は、70年代DGG独特の音質ですね。この頃のDGG録音は、ほとんどこのように平面的な感じですね。

こんばんは。
最近は20世紀音楽ばかり聴いているので、なかなか参加できませんでした。

20世紀のクラリネット協奏曲としては、ニールセンのもの、ストラヴィンスキーの「エボニー・コンチェルト」が重要な作品と言えましょう。
この楽器はジャズで用いられて大発展を遂げました。
ベニー・グッドマンがその代表的な奏者です。日本では北村英治。

フルート協奏曲では、同じくニールセン、それにアンドレ・ジョリベを忘れるわけには行きません。
あと、プーランクが管楽器のための曲を結構書いてます。

>あるべりっひ 様
おはようございます。いつもお世話になります。感謝です。
モーツァルトのクラリネット協奏曲、透き通った哀しみが聞こえます。プリンツとベームの演奏、おっしゃるようにインパクトはないんですが、雰囲気豊かで何ともしみじみとしたイイ演奏と思います。

LPのジャケット、それぞれの楽器の絵だったですね。僕はファゴット協奏曲のLPを持っています。
LP時代はそのジャケットを眺める楽しみがありました。
DGの音質は、はい、実に平板でもう一息ですね。

>Summy 様
おはようございます。いつもありがとうございます。
20世紀には、クラリネットの名作が多いんですね。実はご指摘の作品、全部聴いたことがありません。作曲家の名前は知っているんですが、現代の音楽は殆ど・・・・・(^^ゞ。スミマセン。
食わず嫌いだと思うんですが・・・・・一度は聴いてみなくちゃイケマセンね。

僕はジャズのことも知らないんですが、クラリネットはジャズでは重要なんですね。ガーシュウィンを思い出します。

mozart1889さん、おはようございます。
最近は古楽器による演奏も出てきたようですが、私のような40代の中年にとってこのプリンツ盤とウラッハ盤は永遠の名盤ですね。
実は私が生れて初めて買ったCDがこのプリンツとベームのクラリネット協奏曲だったんですよ。今も持っていますが、当時は3,500円もしたんですね…。

mozart1889さん、こんにちは。
クラリネット協奏曲は、澄み切った美しさを感じますね♪
私は第二楽章が好きで、いつもより少し早起きした日の朝に聴いています。

>アルトゥール 様
こんにちは。コメントを有り難うございました。
モーツァルトのクラリネット協奏曲、僕はプリンツにライスター、そしてジャック・ランスロで聴くことが多いです。中年ですね(^.^)。
ウラッハ盤は聴いたことがないのですが、これはコメントをくださる皆さんのご推薦、聴いてみなくちゃイカンですね。
プリンツの演奏はミュンヒンガー盤もベーム盤も大好きなんです。しっとりと奥が深い演奏と思います。

>yuri 様
こんにちは。いつもお世話になります。コメント感謝です。
yuriさんは朝早くの目覚めに、クラリネット協奏曲の第2楽章ですか・・・・・何と優雅で穏やかな朝でしょう!
エエですね。気分の良い朝になりますね。

澄み切った美しさ、ホンマにこの曲を聴くと、そう思います。
モーツァルトはスゴイです。

今日買ったCD 1つで1,290円

PING:
BLOG NAME
プリンツ(cl) ベーム&ウィーン・フィル 『モーツァルト: クラリネット協奏曲、他』
新品CD 1290円 
[関連したBlog クラシック音楽のひとりごと ]
TB先の

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。