スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーラーの交響曲「大地の歌」 ジュリーニ/ベルリン・フィル アライサ(T)・ファスベンダー(A)

穏やかな秋の休日、のんびりとクラシック音楽を聴いておりました。
取り出したのは・・・・・

マーラーの交響曲「大地の歌」。
カルロ・マリア・ジュリーニ指揮ベルリン・フィルの演奏。
フランシスコ・アライサ(T)、ブリギッテ・ファスベンダー(A)の独唱。
1984年2月、ベルリンでの録音。DG盤。

マーラーの東洋趣味に世紀末的な爛熟、厭世観が詰まった大傑作。
名盤には事欠かないが、今日はジュリーニで聴いてみよう。マーラーの「歌」を聴くのにはジュリーニがイイ。テノールもアルトも当時絶好調の二人だし、オーケストラもジュリーニの手綱捌きよろしく、実によく歌う。
この歌わせ方は、ジュリーニ練達の芸。もっとも、この指揮者の場合、「芸」と云うより人間性と言うべきかもしれない。技術や芸よりも、音楽性とか真摯な人柄が前に出てくる指揮者だった。

アライサの声は強靱。時々金属的に響くところもあるが、さすがにワーグナーもよくする強い声がイイ。「大地の歌」はこのくらい強い声の方が良い。
第1曲「大地の哀愁に寄せる酒の歌」など、見事な絶唱。魂の叫びになっている。絶品。
ファスベンダーの歌唱は、始めてこのCDを聴いた時の第一印象では、やや軽く明るいものだったが(だからモーツァルト的と思ったものだ)、声の美しさは全く素晴らしい。よく伸びて、透明感もある。プレーン・ヨーグルトのような味わいと云うべきか。美しいアルトと思う。
あとの曲になるほど調子が上がってゆく感じで、ラストの「告別」は感動的。声が消えてゆくときの余韻・余情は格別の美しさ。

ジュリーニ/BPOの演奏は、随所に歌心が感じられて、弦楽セクションなどは特によく歌うし、管楽器(特に木管)のソロは朗々と、時に渺々たる風情で歌う。素晴らしい。
歌うせいか、全体的にテンポはやや遅め。
「青春について」などはふっくらと音楽が柔らかく弾んで、中国風の大らかさが伝わってくる。

録音は上々です。
歌手二人の定位も良く、全体的に鮮やかな音で捉えられてます。
DGがデジタル録音に慣れて、いよいよ好録音を連発してゆく時期と重なります。
心地よく、マーラーの音楽に浸れる録音と云えるでしょう。

行く秋の昼下がり、良いマーラーを聴けました。



AUTHOR: 猫よしお DATE: 10/29/2007 13:47:03 いつもお世話になります。
マーラーの「大地の歌」。
おっしゃるように歌詞は唐詩に基づいているので
東洋的で中国風なのですね。
ジュリーニには
同じ独唱者を迎えたウィーン・フィルとのライヴ盤もありますね。
私はワルター/ニューヨーク・フィル、バーンスタイン/ウィーン・フィル、
クレンペラー/ニュー・フィルハーモニア盤を愛聴しています。
ホーレンシュタイン、クーベリック、ケンペ盤も良いです。
これもまた、おっしゃるように名盤が多いですね。

スポンサーサイト

コメント

こんばんは。

『大地の歌』、唯一マーラー作品で苦手な作品・・・でした。
ライナー&シカゴ響の演奏と出会うまでは、です。有名評論家に愚評された録音ですが、私の『大地の歌』、開眼録音です。
このジュリーニ盤は、どの瞬間も本当に余韻が美しく響いていると思います。フェスベンダーの消え入る声に、吸い込まれて行く感じなんともいえません。

こんにちは。
 アライサですね いい歌手なんですけどね
 ポスト3大テノール、というにはちょっと早過ぎた人でしょうか。芸達者でもあったのだけど、もう一歩先へ、というところまででしたか。甘めの声で、結構好きだったんですけどね
 私は「ルチア」で一度聞いたことがありました。直情径行熱血イタリア系悲劇的莫迦役によく合ってましたっけ。歌い回しも上手かったですし。イタリアオペラ系のテノールには珍しく、シューベルトの水車屋を録音してました。あれは良かったなぁ。


>ドレドレ 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
シノーポリ/SKD盤、良かったですか。僕は全集で持っているのに、まじめに聴いていませんでした。今度じっくり聴いてみます。
クレンペラー盤は、最高の名盤。ヴンダーリッヒの絶唱が聴けますね。
ジュリーニのこのCDは、我が家ではまずまずの録音に聞こえました。オケが遠くで鳴っている感じはしなかったです。

>あるべりっひ 様
おはようございます。いつもお世話になります。
僕の「大地の歌」はクレンペラー盤とバーンスタイン/VPO盤でしょうか。この二つは愛聴盤です。
あるべりっひさんご推薦のライナー盤は是非聴いてみたいです。探してみなくちゃイケマセンね。

>Verdi 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
フランシスコ・アライサの名前はこの頃聞きませんが、どうなっているんでしょう。おっしゃるように直情径行型が似合う感じの歌手でした。
歌曲にいいものがあったように記憶しているんですが、そもそも僕は声楽曲が苦手なので、あまり聴いてはいなんです。

ジュリーニのこのCDは、アライサにファスベンダー、面白い組み合わせだったと思います。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。