スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリーグのピアノ協奏曲 イ短調 ネルソン・フレイレ(Pf) ケンペ/ミュンヘン・フィル

今日もケンペです。
(性懲りもなく・・・・・(^^ゞ でも今日までです・・・・・)

グリーグのピアノ協奏曲 イ短調 作品16。
ネルソン・フレイレのピアノ独奏、ルドルフ・ケンペ指揮ミュンヘン・フィルの演奏。
1968年5月22~27日の録音。独CBSの原盤。
先日エントリーしたシューベルトの「グレート」と同じ時期の録音。

リマスタリングが素晴らしく、録音状態は大変瑞々しい。最新録音と聴き違えてしまいそう。40年前の録音とはとても思えない。
LP時代は1300円盤の廉価盤であったし、今の時代のCD激安のことを思えば、このCD税抜き1,900円は高めの価格設定と感じるが、その値段に十分見合うリマスタリングと思う。
(ケンペ・ファンの皆さん、ソニーの復刻は素晴らしいです。シューベルトの「グレート」同様、安心して勧められる、これはCDです)

さて、今年はグリーグ没後100年。僕はピアノ協奏曲と「ペール・ギュント」、それに「抒情小曲集」程度しか知りませんが(^^ゞ・・・せっかくなので、今日はケンペの指揮するこのCDを聴いているのです。

さて、音も良いが演奏も素晴らしい。

フレイレのピアノが精力的でロマンティック。やや蒼味がかった音色で、グリーグのクールなリリシズムを見事に表現している。
ケンペ/ミュンヘン・フィルの伴奏も聴きもの。うねるような、ロマン溢れる伴奏で。力強く迫力も十分の管弦楽。音が厚く、力強く前に出てくる感じで、フレイレの強靱な打鍵とをさらに引き立たせてゆく。

とりわけ美しいのは第2楽章。美しい抒情。これは、冷たい水をすくって、頬に当てたときの爽やかさ、心地よさ。
グリーグはホンマに素晴らしい音楽を書いてくれたと思う。北欧の冷涼な風景と抒情が、綺麗なピアノとオーケストラの音になって、僕の部屋に響く。
フレイレもケンペも、この音、この旋律を、丹念に、心を込めて歌い抜く。その思いが美しい。

第1楽章の豊かな管弦楽とピアノ。
フィナーレの、独奏とオケが心通わせて、ダイナミックな演奏を繰り広げてゆくのも、感興たかまる。

名演と思います。イイ演奏です。音もイイですしね。



AUTHOR: 猫よしお DATE: 10/28/2007 07:22:39 おはようございます。
いつもお世話になります。
こちら様のブログを拝見させて頂くことが
毎朝の日課になっております(汗)
さて、今日は予定通り、ケンペのピアノ協奏曲ですね(笑)
ケンペは合わせ物もうまい指揮者でした。
オペラ、声楽曲、宗教曲など
名演録音がたくさんあります。

スポンサーサイト

コメント

おはようございます。
台風一過の澄んだ青空の下、遠くに富士山を眺めならの爽快なオープンドライブを満喫してきました。気持ち良かったな~(^O^)/
このLPは憧れでした。確かSX68サウンドとか銘うたれていたと思います。学生時代で手がでずエアチェックしたテープで聴いていました。
時代は流れて・・・どうもCDを買う気にはなれませんでした。何故かこれは思い出のまましまっておきたかったようです。

>猫よしお 様
おはようございます。いつもお世話になります。コメント感謝です。
ケンペの演奏では、オペラ、声楽曲、宗教曲などはあまり知らないんです。
今度、じっくり聴いてみたいと思っています。
今日は爽やかな秋の日の休日、のんびりとクラシック音楽を聴いております。

>ひろはや 様
おはようございます。いつもコメントを有り難うございます。
ソニーの復刻は素晴らしいと思います。「グレート」と並んで、この協奏曲も素晴らしい音で聴けました。
独CBSの録音状態も良かったのでしょう。
単価1,900円はちと高価かなとも思うんですが、(昔を思えば安いもんなんですが・・・・)、この録音なら僕は許せました。
1968年。ケンペもミュンヘン・フィルも絶好調だったのではないでしょうか。

>ありべりっひ 様
おはようございます。今朝は早いですね。体調はいかがですか。
いつもコメントを有り難うございます。

ケンペの1960年代の演奏は情熱的でロマンティックですね。「グレート」でもこの協奏曲の伴奏でも感じておりました。
1970年代のブラームスやベートーヴェンの全集ですと、作為のない、誠実で、いわば枯れた味わいもあります。彼は早世してしまいましたが、晩年の演奏だったということでしょうか。
60年代も、晩年の70年代も、どちらも傾聴に値する名演と僕は思いました。

爽やかな秋の日、クラシック音楽を聴いた後は、僕は競馬ではなく、パチンコです(^^ゞ。エヴァンゲリオン発進です(笑)

>天ぬき 様
おはようございます。いつもお世話になります。
富士山をオープンドライブ・・・・・ああ、エエですね。故郷の埼玉、入間市からは富士山がよく見えるところでした。いいですね、しばらく富士山を見ていないんです。四国からはとても見えません・・・・。

フレイレとケンペの協演、良かったです。
グリーグの清冽なロマンが伝わってきます。CDの復刻が素晴らしく、僕にとっては、感動的な1枚になりました。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。