スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーラーの交響曲第7番「夜の歌」 ラトル/バーミンガム市交響楽団

ゆく秋の伊予の国の西条の屋台の上なるひとひらの雲・・・・・・・

とは佐々木大先生のパクリでありますが(^^ゞ、祭りの片付けも済んで、いよいよ伊予路は秋であります。夜も長くなりました。冷え込みも感じるようになりました。

そこで、今日はマーラーの交響曲第7番「夜の歌」。
サイモン・ラトル指揮バーミンガム市交響楽団の演奏。
1991年6月の録音。廉価盤で出たEMIの全集から。

第1楽章の冒頭、一歩一歩踏みしめながら進んでゆくような開始。一つの音、フレーズを大切にしつつ、じっくりと聴かせようとする感じ。ラトルのデリカシーに富んだ目配りだろう。
バーミンガム市響の反応も敏感で、指揮者との信頼関係を思わせる。
途中からテンポが上がってゆくが、それでも着実な進行という印象は変わらない。
木管と金管の細やかな動きが実によく聞こえる。ラトルが意識してやらせているのだと思うが、ふだん聴き逃してしまいそうな微妙な音たちが、耳に飛び込んでくる新鮮。
面白い表現が随所にある。

第2楽章は夜曲のⅠ。
冒頭、秋風のような涼やかさで始まるのだが、徐々に妖しい表現に変わってゆく。マーラーの分裂症的な傾向がよく出ていると思う。やはり、マーラーはこうでなくちゃね。
刻々と表情を変えてゆく音楽を、CBSOがフットワーク軽く反応してゆくのがイイ。このオケは鋭敏なオーケストラだと思う。イギリスの地方で、こういうオケを作っていたこと・・・・ラトル恐るべし。

第3楽章は、本来妖しさ一杯の楽章なのだが、ラトル盤はスッキリ系で、濃厚な味わいから遠い。脂身の少ない薄切りの肉のサッパリとした味わいという感じ。
時折前面に出てくるソロ・ヴァイオリンが絶妙の美しさ。コンマスの音なのだろうが、実にいい音で心地よい。

第4楽章の夜曲Ⅱ。速めのテンポでサラッと過ぎてゆく。ここでもヴァイオリンが美しく、ウットリする。
終楽章も阿鼻叫喚にならず、よく整理が行き届いた知的な演奏。
そして、響きはスッキリとしてモコモコしない。着ぶくれしていない爽快なサウンドが心地よい。一聴、淡泊な印象のマーラーなのだが、見通しがよいぶん、いろいろな音が聞こえてきて楽しい。新鮮で柔軟性に富んだマーラーと云うべきか。


そういえば、ラトルのマーラーは哀しくありません。
マーラーの音楽には、底の方に哀しみが流れているように思うんですが、ラトルにはそのあたりの哀愁とか感傷とかには関心がないのかもしれません。
純音楽的なマーラーと云うべきなんでしょう。

録音状態良好。
良い音で楽しめました。


AUTHOR: 猫よしお DATE: 10/18/2007 06:35:01 おはようございます。
ラトルはベルリン・フィルよりバーミンガム市交響楽団を指揮した方が
より個性を発揮できて素晴らしい演奏だと思います。
マーラー「夜の歌」は前述のホーレンシュタイン盤が好きです。
ちなみにホーレンシュタインのマーラーは
第1、3、4、6、7、8、9、「大地の歌」を残しており
どれも名演だと思います。
スポンサーサイト

コメント

>ニョッキ 様
おはようございます。コメントとTBを有り難うございました。
ラトルのマーラー全集、ボツボツ聴き始めています。サラッとしたマーラーですが、時にハッとするフレーズが浮かび上がって面白く聴けます。
バーミンガム市響との演奏の方が、ラトルの意志が通りやすいのかな・・・・と思いつつ聴いています。

まだ若いラトル、(といってももう50代になりましたが)、期待したいですね。

こんばんは。
ラトルの演奏は、軽快に気持ちよく突き進んでいくように思います。私もラトルは、バーミンガムとの演奏の方がシックリくると感じます。
『夜の歌』は、テンシュテット、クレンペラーに、アバド&ルツェルン等個人的に注目の曲です。その中でクーベリックのライブは、凄いと思います。

>あるべりっひ 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。体調、いかがですか。お元気ですか?

「夜の歌」はテンシュテットのライヴ盤とクレンペラー盤がスゴイです。圧倒されます。ラトル盤は、それらに比べるとサラサラした感じ、淡泊な味わいです。現代的な洗練とでも云いましょうか。全集を全て聴いたわけではないんですが、方向としてはそんな感じに聞こえます。

クーベリック盤。探してみたいと思います。有り難うございました。

クラシックCD紹介その14(マーラー 交響曲第7番「夜の歌」)

PING:
BLOG NAME
先日レヴューにマーラーの3番を取り上げましたが
今日もマーラーで行きます。
マーラー:交響曲第7番「夜の歌」
ラトル指揮 バーミンガム市交響楽団
実はマーラーの中で好きな曲を挙げるとするとこの曲はベスト3に入ります。
第4番 第7番 第9番   特....

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。