スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショパンのピアノ・ソナタ第2番 変ロ短調 「葬送行進曲つき」 マウリツィオ・ポリーニ(Pf)

昨晩は、中国人の高校生が一日ホームステイで我が家に。
中国の蘭州からの交流で、三男坊が通う高校が受け入れたのです。
礼儀正しい、優秀な少年でありました。

さて、今日はピアノ曲を。

ショパンのピアノ・ソナタ第2番 変ロ短調 作品35「葬送行進曲つき」。
マウリツィオ・ポリーニのピアノ独奏。
1984年3月、ミュンヘンのヘルクレスザールでの録音。DG盤。

ポリーニのピアノが光り輝くように美しく、堂々たる重量感をもって響く名演奏。

第1楽章は、焦燥・逃避を示すような楽想の部分での緊迫感。これがスゴイ。
ポリーニならではの集中力、そして圧倒的なメカニック。
もちろん、優美なところでは光がこぼれてくるようなキラキラした美しさがあって、感銘を受ける。

第2楽章はスケルツォ。
中間部の冴え冴えとした美しさはゾッとするほど。静かな空間に、ポッカリと浮かび上がるピアノ。ポリーニのCDは、ダイナミックレンジが大きく、S/N比も良いので、そんな印象を受けるのか。
しんと静まりかえった空間に、ポリーニのピアノがニュッと首を出してくる瞬間がある。これがゾクゾクするほど美しいし、ため息が出てくる。

第3楽章は葬送行進曲、これも凄い。音が過不足なく全部鳴っている感じ。しかも全部の音が美しく鳴る。そして力強い。素晴らしい。
音が前に出てくる。ポリーニのピアノには躊躇がない。グイッと前に出てきて、実にカッコイイ。
中間部での優美さは絶品。綺麗なことこの上なし。リスニング・ルームが、豪奢な調度に包まれたサロンに変貌してしまう美しさ。

第4楽章は、風のように舞うフィナーレ。不思議な音楽が、弾んで、跳ね回る。

DGによる名録音です。
今の耳で聴いても、ベストの音でポリーニの圧倒的な技巧とパワーを感じることが出来ます。
ピアノ曲として、このレベルで聴かせてくれれば、文句なしであります。


で、その中国人高校生。
英語を流暢に話します。発音も大変きれい。中学生から必死に勉強したそうです。
中国での一日の生活がスゴイ。起床5時、就寝0時。
学校は7時半から午前5時間、午後は3時間、計8時間授業。
宿題が山ほどあって、食事以外は勉強しなければならないので、寝るのはどうしても0時になるとのこと。睡眠は5時間・・・・・。
いやはや、中国の高校生、おそらくエリートなんでしょ、それにしてもスゴイ生活です。
日本の大学受験生なみです。(最近、大学入試は大幅易化しているので・・・・なにせ全入制の時代・・・・そんなに受験生でも勉強もしていないか)。
これじゃ、日本の高校生は、とてもじゃないが、中国に勝てません。


AUTHOR: 天ぬき DATE: 09/21/2007 11:08:39 おはようございます。
中学時代。音楽の先生にコルトーの演奏会での感激を何度か聞かされました。子供心にコルトーというのは素晴らしいピアニストなんだと思い込んで最初に買ったのが葬送ソナタでした。(来日した時にビクターに録音したもの) 最初に聴いた時は何がなんだかわからない曲で裏面の収録された子犬のワルツなどの小曲ばかりを聴いていました。
いまでもこの曲よくわからないです。
ポリーニのCDもありますが一度聴いたきりなんです。
スポンサーサイト

コメント

今晩は、ここでのポリー二、録音が優秀なためか?以前と比べて、鋭さが後退した感じを受けました。とても聴きやすい。
中国の人、留学生も社会人も優秀な人が多いだけでなく、そのヴァイタリティが凄いです。小さい空き地見つけて、様々な野菜を作って、油、塩、唐辛子だけで料理し食べてしまう。(私の口にはあいませんでしたが・・・)

>のすけの母 様
こんばんは。コメントを有り難うございました。
中国人高校生、すごかったです。優秀でした。中国のエリート教育のすごさを知りました。日本の高校生、これで大丈夫かと心配になりました。
さて、ポリーニのピアノはいつ聴いても、強烈です。音色、技巧、ダイナミズム・・・・・全く素晴らしいなと思います。
のすけの母さんは、ポリーニのショパン、お好きでしたね。
僕もポリーニのエチュードを聴いて以来、無関心ではいられなくなりました。スゴイです。

>ドレドレ 様
こんばんは。いつもお世話になります。
中国人のヴァイタリティ、全くスゴイですね。僕は感心することしきりです。
さて、ポリーニのショパン、ソナタ集は録音が抜群で、確かに鋭さが後退したような感じもあります。ポリーニの円熟というべきなのかもしれません。こういうショパンもエエなぁと思います。
有り難うございました。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。