スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドヴォルザークの交響曲第5番 アンゲロフ/スロヴァキア放送響

蒸し暑い一日だなぁ・・・・と思ったら、雷に夕立。
おかげで、夜は一気に涼しくなりました。

今日は「のだめカンタービレ」の劇中曲を。

ドヴォルザークの交響曲第5番 ヘ長調 作品76。
イヴァン・アンゲロフ指揮スロヴァキア放送響の演奏。
OEHMS CLASICS原盤で、5枚組の全集から。録音は2001年~2004年とあるので、最新録音と云うべきだろう。この5番の録音データはよく分からない(解説書は不親切)。
しかし、全集1,300円弱のHMV激安販売であって、この価格でドヴォルザークの交響曲全集が入手できてしまう時代、何という贅沢な話かと思う。

録音はやや詰まり気味の感じ。スカッと爽快とはいかない。ティンパニなど、もう少し抜けのいい音で聴きたい。音場感は良好で、定位も良いのだが。
どうも曲ごとに録音のムラがあるようで、他の曲では非常に優秀な録音もある。

さて、演奏は素直な好演。

第1楽章はドヴォルザークらしい旋律が美しい。いかにもボヘミアの田舎人といった風情。木管や金管のソロも楽しい。
アンゲロフ/スロヴァキア放送響の演奏は素直で木訥な感じで、弦のアンサンブルは少し緩めかな。もう少しファイト、というところもあり。
弦楽器の渋さは格別。艶消しのような音がする。鮮烈さには欠けるが、耳が慣れてくると、何とも落ち着いた感触がたまらなくなってくる。ああ、これがチェコの弦か。
(というより、スロヴァキアの弦か)

第2楽章は穏やかな楽想の中で、淡い哀しみが漂う。
チェロはことのほか美しい。中間部の管楽器が朗らかなのが印象的。

第3楽章は快活なスケルツォ。ボヘミアの舞曲といった感じの軽快さ。
入れ替わり立ち替わり出てくる管楽器のソロがとても楽しい。
スロヴァキア放送響は好演。堂に入った演奏を聴かせてくれる。安定感抜群。

フィナーレではオケに厚みが出てくる。激しく揺れ動く感情も独特のものがある。田舎の素朴な感情の発露という感じかな。
アンサンブルもここへ来てぐっと良くなっている。盛り上がりも十分で、気持ちが沸き立ってくる。

ドヴォルザークの交響曲は、7番以前になると、ふだんはあまり聴きません。
ただ5番は「のだめカンタービレ」で劇中曲として使われたので、いったいどんな曲かと、好奇心に駆られた人も多かったことでしょう。
かく云うワタシもその一人であって、スウィトナー/ベルリン・シュターツカペレ盤などを取り出してみたものです。

このアンゲロフ盤は総じて好演。
この激安価格設定は、全集としては「買い」かなと思いました。


AUTHOR: narkejp EMAIL: narkejp@netscape.net URL: http://blog.goo.ne.jp/narkejp/ DATE: 09/04/2007 06:27:14 おはようございます。ドヴォルザークの交響曲第5番、なかなかいい曲ですね。私の場合は、グラモフォンの廉価な紙パック全集に飛びつきましたが、演奏は素晴らしいのに同一曲を別CDに分割して収めるという愚挙。レコード会社の見識を疑ってしまいました(^_^;)>
これに懲りて、紙箱全集盤を購入するときは、裏をじっくり見るようにしました。その点、DENONのスウィトナー/シューベルト交響曲全集は、8曲と「ロザムンデの音楽」を5枚にきちんと収録しています。スロヴァキア放響盤はいかがですか。
スポンサーサイト

コメント

>天ぬき 様
こんばんは。コメントを有り難うございました。
残念ながら、今日は帰宅が遅く、件のFM放送を聴けませんでした。
松山でのN響公演の放送だったようです。8月下旬に愛媛県民文化会館で行われた公演です。これも仕事が忙しく、行けなかったんです。
二重に残念です・・・・。

アンゲロフの全集、なかなかよろしいようです。価格も激安ですしね。

ドヴォルザークの「交響曲第5番」を聴く

PING:
BLOG NAME
季節に誘われて、ドヴォルザークの音楽を集中的に聴いております。特に、若い頃の1番、2番、3番、4番など。3番と4番については、すでに記事(*1,*2)にしました。本日は、中期の第5番ヘ長調Op.76を取り上げます。Wikipedia(*3)によれば、1875年に作曲・完成したこの曲、作品番号がずいぶん大きくなっていますが、これは出版社ジムロックが1888年に「交響曲第3番」として出版する際に、勝手に付けたもののようで、ドヴォルザーク本人は作品24のつもりだったのだそうな。それはそうでしょう。そうでな...

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。