スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルビノーニのオーボエ協奏曲 ニ短調 作品9の2 シャンボン(Ob) リステンパルト

今日は古い懐かしいLPを聴いてます。
愛聴盤です。

アルビノーニのオーボエ協奏曲 ニ短調 作品9の2。
ジャック・シャンボン(Ob)、カール・リステンパルト指揮ザール放送室内管弦楽団の演奏。
ERATO原盤の1000円盤LP。録音年の記載がないのでデータ不明だが、1960年代前半のものかと思う。

アルビノーニの協奏曲集作品9は、1722年アムステルダムで公刊された。パラチナ選挙侯マクシミリアン=エマニュエルに献呈された。
この曲集こそ、アルビノーニの最高傑作だろう。その中で最もすてきな曲は2番目のオーボエ協奏曲ニ短調だと僕は思う。
名曲だけに、多くのオーボイストが録音しているが、僕はこのシャンボン盤が好きだ。

第1楽章はアレグロ・ノン・プレスト。
軽く、しなやかなヴァイオリンの序奏。羽毛の軽さと明るさ。
シャンボンのオーボエが鼻にかかっているような、実にイイ音。フレージングも自然で、リズム感も精確で実に心地よい。
オーボエ特有の鋭くきつめの音なのだが、その音の先端部・エッジの部分は丸みを帯びていて、耳に優しい。
爽やかで青みがかった音でもある。例えて云えば、青磁の名品の青か。

第2楽章はアダージョ。この楽章こそ、数ある作品9の2のなかで、絶美の演奏と思う。
伴奏がヴァイオリンのピチカート。これが全く品良く暖かい。その上で、心ゆくまで歌うオーボエの美しさよ。ホンマに綺麗なメロディ。そして歌。
この旋律とハーモニーだけでも、アルビノーニは僕の中で不滅の作曲家だ。
中盤以降、オーボエはますます透き通った響きで歌う。テンポは中庸、速すぎず遅すぎず、実に心地よい。ヴァイオリンのピチカートと、後方で響くチェンバロは上品。ヴィオラやチェロは慎ましい。
シャンボンのソロは背筋が伸びて、堂々たるもの。朗々と響くオーボエは忘れがたい。

第3楽章はアレグロ。
キビキビと晴れやかで颯爽とした音楽。足取りも軽く、バロック協奏曲らしいフィナーレ。曲は短調なのだが、表情は明るく、アルビノーニの活躍したヴェネツィアの青空もかくやと思わせる。


録音は古びてきました。ヴァイオリンなどは、アナログレコードで聴く独特の艶やかさがエエです。倍音成分が多いんでしょう。
ダイナミック・レンジは広くないですし、盛大にパチパチノイズも入ります。でも、その中で音楽がふっくらと息づき、自然で心やすまる音が響いてきます。

これ、CD化されているんでしょうか?
あれば欲しいです。


8月末になって曇天続き。俄雨もあります。
少し涼しくなりました。猛暑もようやく収まったかな?


AUTHOR: 親父りゅう URL: http://blog.goo.ne.jp/lbrito DATE: 08/31/2007 08:03:01 おはようございます。
この演奏の、この第2楽章!
一体、何度聴いたことか。ピチカートを一発外す所も懐かしい愛聴盤です。
リステンパルトはCD化をもっと積極的にしてほしい指揮者ですね(探せばあるのかな?)。
私のは、70年代前半の日本コロムビア盤です。
スポンサーサイト

コメント

>昔のバロック少年 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
ブログも拝読しました。
やはり、アルビノーニの作品9の2は、ピチカートがエエですね。

CDは、そうですか、海外盤でしたか。今となっては入手は難しそうですね。何かの弾みで、ERATOが再発してくれるといいんですが。
これからも、レコードを大切に聴いていきます。
1000円の廉価盤ですが、一生の宝になりそうです。

こんにちは。エラートの廉価盤、LP時代に私もかなり購入したクチです。シャンボンをはじめ、フルートのランパル、ラリュー、オーボエのピエルロ、クラリネットのランスロ、ファゴットのオンニュ、チェンバロのラクロワ_ネームを並べただけでフランスの薫りが漂う、って感じですね。彼らがパリ・バロック・アンサンブルとして、またパイヤールやシモーネをバックにして、いかにもフランス的な、洒落た愉悦に満ちtた、華やいだ演奏を繰り広げていた

(切れてしまいました。続きです)
頃が懐かしい。バロック音楽を楽しく聴けた、という意味では、私にとって最高の体験だったように思えます。今の時代、このようなバロック音楽の演奏は聴けません。忘れ去られようとしている、とすら感じられます。中古店で見つけたら即購入なのですが_というか、どの程度CD化されているのかな。なんとか残しておいてもらいたいものですね。ではまた。

おはようございます。
このLP持ってます。
同じ千円盤なのですが、ジャケットが違います。
ボッティチェリの絵が使われています。

このアルバムの中で特に凄いのは、モーリス・アンドレが演奏した作品7-6の協奏曲。
元々オーボエのための協奏曲なのですが、アンドレはトランペットで楽々吹いています。

作品9-2は大好きな曲で、ホリガー、ピエルロ、ペトリの演奏でも聴いています。
バロック期の曲は演奏の自由度が高いので、演奏者によってずいぶん違った表情を見せてくれますね。

>shibera 様
こんにちは。いつもお世話になります。コメント感謝です。
shiberaさんも、1,000円盤を沢山購入されてたんですね。あれ、ホンマに懐かしいですね。ERATOの名手を集めて、ピエルロのオーボエ、マクサンス・ラリューのフルートなど、よく聴きました。
ロベール・ヴェイロン・ワクロワ・・・・・懐かしいですね。素晴らしいハープシコードを聴かせてくれました。
当時はバロック音楽がどんなものか分からず、このレコードたちによって知ったような気がします。
NHK-FMの朝のバロック放送とともに、忘れがたいですね。
有り難うございました。

>Summy 様
こんにちは。
このLP所収の、モーリス・アンドレもスゴイ演奏を展開していますね。とてもトランペットの技巧とは思えない凄まじさです。
アンドレの演奏姿、太い腕の中で、トランペットがとても小さく見えたことを思い出します。

アルビノーニの作品9の2、僕もホリガー、ピエルロ、ペトリ(これはリコーダー)で楽しんでます。名曲ですね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。