スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリーグの「ペール・ギュント」組曲 カラヤン/ベルリン・フィル

今日は自分にとって懐かしい曲を聴いています。

グリーグの「ペール・ギュント」組曲。
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリン・フィルの演奏。
1982年1月、フィルハーモニーでの録音。DG盤。

カラヤンは北欧ものが巧かった。シベリウスやグリーグ、チャイコフスキーなど(あ、チャイコフスキーはロシアだから「北方系」と云うべきか)、抜群だった。
この「ペール・ギュント」などDECCAにも録音しているし、DGでも2度録音しているのだから、得意であったし、好きだったのだろう。これは、DGでのデジタル再録音盤。

「朝」の爽やかさは絶品。冷涼な空気が部屋いっぱいに広がる。ベルリン・フィルの見事な演奏。いつまでも続いて欲しいと思わせる美しさ。この1曲だけでも、このCDの存在価値があると僕は思う。目覚めの時に、この曲だけでも聴くのは最高の気分。

「オーゼの死」も飛び切りの美しさ。ムード音楽寸前の甘さと言おうか。砂糖菓子のように甘い、そして切ない演奏だが、これぞカラヤンの美質だろうと思う。僕らド素人は、この甘さでメロメロになるんであります。むせび泣くストリングス、滑らかなレガート。いやはや、たまりません。

「アニトラの踊り」はエキゾチック。ベルリン・フィルの響きの透明度が高いので、印象はあっさりした感じになる。
「山の魔王の宮殿で」の不気味さ、怪しさ。一糸乱れぬ強靱なアンサンブルがスゴイ。カラヤンのタクトにピタッとついて、しかも迫力満点の演奏。今更ながら、ベルリン・フィルの技術はスゴイ。

第2組曲でも、このコンビは絶好調。
「イングリッドの嘆き」では、後半の盛り上がりが素晴らしい。ティンパニの緊迫感、そしてその音がスッキリと美しい。
白眉はやはり「イングリッドの歌」。切々と訴えてくる力は格別。情感豊かに、甘く、切なく、センチメンタルに歌い上げてゆく。

録音は極上。25年も経過したものとはとても思えない新鮮さであります。


思えば、「ペール・ギュント」は小学校6年生の時に、音楽の先生が鑑賞と称して聴かせてくれたものでした。
第1組曲だけだったと思うんですが(小学校のクラス全員で聴くには、集中力が続くのはそれくらいの時間でしょう)、大変印象に残ったものです。
埼玉の西の外れの、青梅や西多摩郡に近い田舎の小学校の、(1学年2クラス、70名ほどだったか)、小さな学校で呑気に暮らす洟垂れ小僧には、ヨーロッパの音楽が、エラク高尚なものに聞こえたものでした。
ピアノが弾ける子もいない、学習塾もない、昔ながらのそろばん塾はあったかな。寺の坊さんが近所の子供に書道を教えていたな・・・・・そんなのんびりしたところでありました。みんな、まともにクラシック音楽を聴いたのは初めてでした。




AUTHOR: ひろはや DATE: 07/10/2007 05:17:02 おはようございます。
グリーグの『ペール・ギュント』は、私も学校の音楽鑑賞で聴いた懐かしい思い出があります。現実から離れて夢のひと時を与えてくれました。
今は、マリナー/アカデミー室内管の全曲から12曲を劇進行順にチョイスした盤(1982年7月録音)で聴いてます。ルチア・ポップが歌う『アラビアの踊り』『ソルヴェイグの歌』『ソルヴェイグの子守歌』も入っていて、気に入ってます。
スポンサーサイト

コメント

おはようございます。
そろばん塾に通い、書道も習いました(^^ゞ
耳にしたのは春日八郎の「お富さん」とか江利チエミの「ウスクダラ」、学校から帰れば三角ベースの野球に夢中でした。

CD初期に名録音の誉れ高かったデ・ワールト盤が気に入ってます。
昔買ったCDを出すと、つい価格に触れたくなりますが4200円だったと記憶しています。
今聴いても素晴らしい演奏であり録音、アメリンクの歌唱もチャーミングでこれ1枚で満足しています。

>ひろはや 様
こんばんは。コメント感謝です。いつもお世話になります。
ああ、ひろはやさんも小学校の音楽鑑賞ですか。今思うと、あれ、懐かしいですね。
マリナー盤はEMIのLPで聴いています。ポップの歌唱は最高だと思います。瑞々しい演奏でした。
これも懐かしい演奏です。

>hiromk35 様
こんばんは。いつも有り難うございます。
ジャン・フルネの10インチ盤・・・・・これは知りません。
フィリップスとのことですが、CDはどうなんでしょう、よく分かりません。

フルネはフォーレのレクイエムをよく聴きました、アメリング歌唱のフィリップス盤です。

>猫よしお 様
こんばんは。いつもお世話になります。感謝です。
カラヤンはポピュラーな通俗名曲でも、素晴らしい演奏を聴かせてくれました。手を抜かないですものね。ホンマに感心します。小品にも一生懸命です。素晴らしいと思います。

グリーグはおっしゃるようにその2曲ですね。名曲と思います。
大好きです。

>天ぬき 様
こんばんは。いつもコメントをありがとうございます。
デ・ワールト盤は涙が出るほど懐かしいです。昔、CDは高かったですね。
このブログを始めた当初に、デ・ワールト盤のことを書いていますので、よろしければご覧ください。

http://www.doblog.com/weblog/myblog/41717/1162421#1162421

三角ベースは懐かしいですね。僕が耳にしていたのは、舟木一夫や橋幸夫、園まりに伊東ゆかりだったでしょうか・・・・。

今晩は、小学校音楽の授業で名曲鑑賞って各学年でありましたね。低学年では「金婚式」(マリー)を聴いた記憶が残ってます。
ペールギュントは6年生でしたか。当時、若い女の先生が「このレコードプレーヤーは日本で最高級のものです」と自慢してペールギュントを再生。肝心のレコード盤の手入れが悪く、スクラッチノイズばかりで、うるさいこと。これが刷り込みなって、この曲は大人になってもしばらく買わずじまいでした。よく聴くのはブロムシュテット・SKD盤です。(レコードプレーヤーはパイオニア製でした)

ペール・ギュントといえば、昔、学生時代に青函連絡船に乗ってそろそろ着く頃に船内に流れていた音楽が「朝」でした。
今、仕事で国際便の飛行機に乗る機会がありますが、「朝」が流れて来たことがあったかどうか。お手拭が渡されて顔を拭いて、朝ご飯です。
グリークの生まれたノルウェーは0時を過ぎても空が明るい「白夜」なんかがあって、夜が明けて行く朝らしい朝は我々以上に貴重な経験だったのかもしれませんね。グリーク、ピアノ・ソロの曲も好きです。しかし、月並みですが、ピアノ協奏曲が一番好きです。第1楽章はもちろん、ロマンチックな第2楽章も、そして第3楽章も素敵です。ステファンスカ女史のピアノによる演奏を聴きたくなりましたので、これから聴くことにします。

カラヤンのこの曲は、DECCAにVPOと録音した演奏を聴いていました。
貧乏学生の頃、千円でカラヤン/VPOのレコードが買えるなんて、夢のような出来事でした。

最近聴いた演奏で感心したのは、エサ・ペッカ・サロネンがオスロフィルを振ったものです。
組曲版ではなく、全曲からの抜粋で歌が入っています。
ソプラノはバーバラ・ヘンドリックス。
彫りの深いなかなかの演奏だと思いました。

それに音質がとても良いです。
デジタル期になってからのSONYの録音は素晴らしいですね。

こんばんは。
この録音かどうかわかりませんが、先月FMのクラシック番組でカラヤン指揮の演奏を聴き、懐かしく思っていました。
私は小学校4年生の時に、5・6年生精鋭群団の器楽合奏に入れてもらい、「オーゼの死」演奏に参加しました。熱心な(怖い)音楽の先生に「4年生5人のハーモニカはヴァイオリン・パートだから」と言われ、皆コチコチに緊張したものです。ものすごいこと言わはる、と思いましたが、そんな経験をさせてくださった先生の志に、今は感謝しています。

>ドレドレ 様
おはようございます。コメント感謝です。
「金婚式」や「金と銀」などの小品もありましたね。「くるみ割り人形」も聴きました。懐かしい小学校の思い出です。
当時の小学校の再生装置、家具調の大型ステレオだったような気がしますが、どんな音だったのか記憶にありません。そんなにイイ音で聴いているはずはないでしょうね。

ワールト盤は、初めて買ったCDです。
このブログを始めた頃に、エントリーしました。4200円!
高かったです。

>HABABI 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
「朝」は、小学校の登校の音楽などによく使われているみたいです。連絡船などもそうだったんですね。
僕は国際線に乗ったことは1度しかありませんのでよく分かりませんが、目覚めに「朝」だったら気分エエでしょうね。

グリーグのピアノ協奏曲は、大好きです。知らず知らず、LP・CDが集まってきます。ルプー、ツィマーマン、ペライア、リヒテル、アラウ、アンダ、アントルモン・・・・・ナンボでもありますね・・・・・。

>Summy 様
おはようございます。こちらにもコメントを有り難うございました。
サロネン盤は聴いたことがないです。ヘンドリックスの歌唱が聴けるのなら、いっぺん耳にしたいです。
CBSは、デジタル時代になってから音が良くなったと思います。外れが少ないですね。同感です。

>sweetbrier 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
小学生で「オーゼの死」の器楽合奏とは、ハイレベルですね。スゴイです。

僕らの小学校は、せいぜい運動会の鼓笛隊くらいのもので、リコーダーに大太鼓・中太鼓・小太鼓と鉄琴くらいだったですか・・・・・・貧相なものでした。
田舎ゆえ、クラシック音楽には無縁の世界でありました・・・。
でも、懐かしいですよね。昔のことを思い出すのは。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。