スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルックナーの交響曲第5番 変ロ長調 「原典版」 ショルティ/シカゴ響

涼しい休日。大学野球にプロ野球、のんびりとテレビ観戦してました。

さて、連日のブルックナーです。

ブルックナーの交響曲第5番 変ロ長調 「原典版」。
ゲオルク・ショルティ指揮シカゴ交響楽団の演奏。
1980年1月、シカゴのメディナ・テンプルでのデジタル録音。DECCA原盤。
デジタル初期の録音で、ショルティによるブルックナー交響曲全集の第2弾として話題になったもの(第1弾は6番だった)。

力強く逞しい男気の魅力いっぱいのブルックナー。
ショルティのブルックナーは、豪快豪壮であるとともに、弱音部が、音が痩せずに実に美しく鳴る。剛毅で理屈抜きにスカッとするブルックナーと云ってもいいかもしれない。

第1楽章からシカゴ響の金管の迫力に圧倒される。
そして金管・木管も弦楽も綺麗に揃ったオケの見事なアンサンブルも素晴らしい。
音も大きく、強靱な響きをつくり出している。まさにスーパー・オケ。威力抜群のブルックナーが始まる。
ダイナミズムも大きい。強弱の幅が大きいのがこの第5交響曲の魅力だと思うが、弱音部での音の締まり・逞しさが実にイイ。女々しくならないのがイイ。これは、ショルティの棒さばきの確かさとともに、シカゴ響の実力のほどを示すものだろう。
そして、フォルティシモでの爆発。全く腰砕けにならない、オケのパワーがスゴイ。まだまだナンボでもデカイ音が出るぞと云わんばかりの、余裕たっぷりの演奏。いやはや、凄まじい。

その迫力の後だけに、第2楽章の侘びしい感じが味わい深い。
この楽章は中世の古城、荘厳な教会を象徴するかのよう。いつ聴いても敬虔な気持ちにさせられる。
特に弱音が良い出来。ヴァイオリン群の美しさは、特に際だつ。シカゴ響の表現の幅の広さを実感できる演奏と思う。

第3楽章はブルックナーらしいスケルツォ。
ショルティにしては珍しくメランコリックな表情を見せるが、全体的にはインテンポを守って男性的な演奏。
ただ、刻々と楽想が(それとともにテンポも)変化してゆくので、音楽は柔らかさを保っている。ショルティの、それぞれの楽想の描き方もクッキリと鮮やか、気持ちいいくらい。

そして圧倒的な力を見せつけるフィナーレ。
この爆発は凄まじい。どこまでも音が大きくなって行く感じ。
壮麗で豪快、シカゴ響のパワー全開、ショルティのコントロールも的確、やや明るめだが屈託なく理屈抜きにスケール雄大なブルックナーが目の前に広がる。
この音楽、この音響、いやはや、ブルックナーはスゴイ作曲家だと思う・・・・・と云うより、ショルティ/シカゴ響がスゴイのかな。

録音が良い。さすがDECCA。
デジタル初期特有の硬さもなく、しかもCD1枚でこの長大な交響曲が聴ける有り難さ。
さらに廉価盤(輸入盤は800円程度で買えてしまう)という代物。
嬉しい話です。

★ブルックナーの第5交響曲 自己リンクです★
■ハイティンク/ウィーン・フィル
■レーグナー/ベルリン放送響
■マタチッチ/チェコ・フィル
■ヨッフム/ドレスデン・シュターツカペレ
■ケンペ/ミュンヘン・フィル
■チェリビダッケ/シュトゥットガルト放送響
結構、聴いてるもんです・・・・・・。


AUTHOR: 猫よしお DATE: 06/18/2007 06:20:51 おはようございます。
ショルテイもブルックナーとマーラーの交響曲全集を完結していたのですね。意外ですね。
一般的な評価は正反対だと思います。マーラーが良くてブルックナーはイマイチ。
スポンサーサイト

コメント

どうやらブルックナー全曲チクルスが進行するみたいですね。それにしてもmozart様の気力は凄いですね。風邪・・・、お大事に。
ラックをチェックしたら、ヨッフム/コンセルトヘボウのライヴ盤も見つけましたよ。今日、改めて聴きなおしてみます。

おはようございます。

ハーセス、クレヴェンジャー、フリードマン、ジェイコブス…当時の演奏凄かったんでしょうね。
マーラーの5番がTVで放映され、食い入るように観たのを覚えています。1時間強があっという間でした。
ハーセスとジェイコブスは居ませんでしたが、来県した時、英雄の生涯を生で聴いたことあります。
音が柔らかく録音で聞くようなギラギラした感じではなくて、意外でもありました。

ショルティ/シカゴといえば、マタイが再発されていますね。
こちらは全盛の頃の木管が聞けそうですね。

>猫よしお 様
こんにちは。コメントを有り難うございました。
ショルティのマーラーは定評ありますが、ブルックナーも悪くないです。
筋肉質で、明るく屈託なく、オーケストラは万全で圧倒的な音量・・・というブルックナーですが、この5番や9番ではプラスの方向に働いて、素晴らしい演奏になっていると思います・・・・・と、まあ、個人的な感想なんですが。
こういうブルックナーも嫌いじゃないです。

>ひろはや 様
こんにちは。コメントを有り難うございました。
ショルティのブルックナーは、ご想像の通り、オケをグイグイ引っ張って、端的直截的な演奏になっています。明るく屈託ない、アッケラカンとしたブルックナーですが、僕は嫌いじゃありません。スゴイ演奏だなと思います。ただ、一般的には好悪が分かれるんじゃないでしょうか。
ハイティンク/VPOは悠然とした演奏で、この交響曲の真髄を示していると思います。名演ですね。ケンペ/ミュンヘン・フィルも好きです。
煽ってゆくヨッフムの演奏も面白いです。

>よし 様
こんにちは。いつもお世話になっております。特に壁紙の件では、ホンマにありがとうございます。
ショルティの5番は、彼のブルックナーの中でも最も成功している演奏ではないかと思っています。あと9番が良かったです。

この交響曲はなかなかなじめなかったんですが、中世の古城と森の交響曲と思えば、聴きやすく感じるようになりました。吟遊詩人が出てきそうな雰囲気が今は大好きです。

>hiromk35 様
こんにちは。こちらにもコメントを有り難うございました。
ブルックナー全曲は、しんどそうですね。途中でやめると思いますので、あしからずお許しください。
ヨッフム/ACOのオットーボイレンでのライヴ、名演だと思います。音はさすがに古びてきましたが、実演の盛り上がりが聴けて、楽しいです。燃えるヨッフムでした。

>hsm 様
こんにちは。コメント感謝です。ありがとうございます。
シカゴ響の演奏、スゴイですね。圧倒的な音響で、しびれます。名手揃いですものね。
ハーセス、クレヴェンジャーは最高のトランペット、ホルンでした。今も最高の金管が聴けますね。

hsmさんは、「英雄の生涯」をお聴きになったんですね。うらやましいです。
ギラギラしていない、柔らかい音だったんですね。そうですか、CDでは硬くクールな感じの音なんですが、実演ではそうじゃないんですね。なるほどと思います。
ありがとうございました。

こんばんは。
早稲田大学野球部、大学日本一
おめでとうございます。

斉藤祐樹投手
ブルックナーの5番

難攻不落の城砦です??

こんばんは。
素晴らしい曲ですね。一時期、ケンペ&ミュンヘンPO盤ばかり聴いていました。ケンペ盤購入後に聴くことの出来た、クレンペラー、ヨッフム(ドレスデン盤)、ヴァント(ケルン盤)、どれも曲の魅力をかもし出していると思います。
ショルティは、スカッとしたダイナミックな演奏が魅力ですね。見た目は、アブラギッシュな感じをうけますが、案外あっさりしてると思います。

今晩は、最近は時間がないと、ブルックナーはアダージョのみ聴いています。ブラームスは「良いアダージョを作曲するのは難しい」 ブルックナーは「シューマンのアダージョ、あれは単なるロマンツェだ」と、それぞれ言ったそうですが、交響曲で聴きごたえのあるアダージョを作曲したブルックナーは自信があったのでしょう。5番・アダージョではコンヴィチュニー・ゲヴァントハウス管(国内盤LPはオイロディスク)が、渋いけど、重すぎず、よく聴きました。CDはDENONもベルリンクラシックスも廃盤のようですが。

>天ぬき 様
おはようございます。コメント感謝です。
斎藤佑樹のピッチング、1年生なのに大したもんですね。なかなか打たれませんね。おっしゃるとおり、ブルックナーの第5交響曲のように、「城砦」でありますね・・・・・。
妻とともに、大学選手権を観てました。テレビ放送は久しぶりですね。神宮球場はエエですね。

>あるべりっひ 様
おはようございます。コメントを有難うございました。
ショルティ盤は確かにアブラギッシュ(笑)。エネルギッシュな演奏です。でも、屈託なく明るく、中身はアッサリ系です。スカッとする演奏だと思います。日本人の好きな「精神性云々・・・・」となったら、評価されない演奏でもあるでしょう・・・・・。シカゴ響の巧さも際だちます。
ケンペ/ミュンヘン・フィル盤は、味わい深い逸品。この人はもう少し長生きして欲しかったですね。晩年のベートーヴェン全集やブラームス全集、R・シュトラウス集を聴くたびに思います。

>ドレドレ 様
おはようございます。いつもお世話になります。梅雨空の四国です。
ブルックナーのアダージョは良いですね。僕も、アダージョだけ聴くことがあります。7番・8番・9番のアダージョは、それだけでも完成された名作と思います。
コンヴィチュニー盤は聴いたことがないです。去年入手したベートーヴェン全集とシューマン全集の入ったベルリンクラシックスのBOXは良かったです。
彼のブルックナーの第5交響曲があるなら、聴いてみたいですね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。