スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホルストの「惑星」 ハイティンク/ロンドン・フィル

6月であります。
今月上旬は、水星、金星、土星の3惑星が日没後の西空に並んで輝くようです。
と、ニュースがいっておりました。ふだん水星を見るチャンスは少なく(太陽に近いから)、水星と金星が夕方に好条件で見られるのは5年ぶりだということであります・・・。

なるほどと黄昏時に西空を見れば、残念、雲が一面に。今日は見られるかしら。

何てことを考えていると、聴きたくなったのはホルストの「惑星」であります。
今日はベルナルト・ハイティンク指揮ロンドン・フィルの演奏で。
合唱はジョン・オールディス合唱団。
1970年3月、ロンドンでの録音。フィリップス原盤のLP。

今日聴いたレコードは、フィリップスの販売権を得ていた日本フォノグラムが、Fontanaという廉価盤レーベルをつくって、「グロリア・シリーズ」と銘打って発売していた1300円盤。
ビンボー学生の頃は、これが助かった。大学の生協は2割引だから1枚1000円チョットだったし(今みたいに消費税もなかった)、中古盤ともなれば600円くらいで買えたものだった。だから、我が家には往時のグロリア・シリーズが今も一杯あるんです・・・・。

この「惑星」は、ハイティンクがロンドン・フィルの芸術監督に就任した1969年だったので、その直後の録音ということになる(ACOの芸術監督と兼務していた)。
ハイティンクは40歳。巨匠、若かりし頃の録音だ。

1曲目の「火星」が断然面白い。
とにかく遅い。ドロドロとした遅さ。怪獣映画のBGMに似合いそう、と言ったら怒られるかな。良く云えば、堂々と恰幅のいいゆったりした演奏。
我が家にある「惑星」の中では、聴感上、最も遅い「火星」。
ただし、響きは明朗で見通しがよいスッキリ系なので、重々しくは感じさせない。ロンドン・フィルの特徴なのか、響きがやや薄手なのが、かえって良いようだ。

それだけに「金星」は、安らぎ・静穏さが際だつ。この曲でもテンポはゆったりで、美しい仕上げ。木管群の響きが実にイイ。これでホルンがもうすこし良ければ最高なのだが、ちと惜しい。
ストリングスはデリケートで上品。ロンドン・フィルの響きが薄いのが繊細感を増しているような気がする。

「水星」は軽快なスケルツォ。ハイティンクのリズム処理は抜群の冴え。

聴きどころの「木星」は正統派の名演。響きは瑞々しく、精気に富んでいるし、ここでもヴァイオリン群の繊細な味わいが光る。木管も巧い。
テンポは中庸だが、お馴染みの民謡・祝典風の主題のところでは、グッとテンポを落として堂々たる演奏。スケール雄大。イギリス国民の愛唱歌たる所以が分かるような名演奏。

「土星」や「海王星」のオルガンの響きは、レコード独特の重低音。ズシッと来る量感が実にイイ。
「天王星」でのオーケストレーションの凄さも、ハイティンクの腕にかかると見通しよく聴き手に届く感じ。
そして、「海王星」の神秘なる合唱。ああ、ホルストの名作。


レコードですから、音は柔らかく低音が充実しています。
国内盤のしかも廉価盤、目の覚めるような好録音盤とは思いませんが、CDばかり聴いている今、時々レコードを取り出すと、ホッとするような感じがします。
これ、癒し系って云うんですかね。


<自己リンクです>
●カラヤン/ベルリン・フィル
●レヴァイン/シカゴ響
●ラトル/ベルリン・フィル
●ボールト/ロンドン・フィル
●佐渡裕/N響
●マゼール/フランス国立管
●マリナー/アムステルダム・コンセルトヘボウ管


AUTHOR: ひろはや EMAIL: hirohaya@yellow.plala.or.jp DATE: 06/01/2007 06:55:13 おはようございます。
ホルストの惑星、いいですね。雄大で夢があって、管弦楽曲の中では学生時代から好んで聴いていたものです。
今はCDしか聴く環境がないので、カラヤン/ベルリンフィル(1981年)とバーンスタイン/ニューヨークフィル(1971年)の2種類のCDで聴いてます。
あとCD棚を探したら、サイモン・ラトル/フィルハーモニア管(1980年)のⅣ.木星のパートだけが入ったCD(EMI)を見つけました。
本当は大ファンであるハイティンクを聴いてみたいですが、mozartさまが羨ましいですね。そのLPのCD化はされているのでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

>yokochan 様
おはようございます。コメント感謝です。ありがとうございました。
フィリップス=Fontanaのグロリア・シリーズには、お世話になりました。DGやEMIなどの廉価盤の中でも、比較的新しい録音が多く、フィリップスレーベルが好きになったのは、このシリーズのせいかもしれません。

この演奏、「火星」が抜群に面白いんですが、それ以降はいつものハイティンクでスッキリした「惑星」になっていますね。

ホルストの惑星は名盤が多いですね。私の好みは同じロンドン・フィルですが、ボールト盤です。

>ヨシ 様
こんばんは。コメントを有難うございました。
「惑星」にはホンマ名盤が多いですね。ボールト/LPO盤も素晴らしいものでした。LPで愛聴し、CDに買い直しました。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。