スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R・シュトラウスの交響詩「英雄の生涯」 ブロムシュテット/ドレスデン・シュターツカペレ

ブロムシュテットがドレスデン・シュターツカペレとDENONに録音した演奏は、全てが素晴らしいと僕は思っております・・・・・・・・・・・・。


今日はR・シュトラウスの交響詩「英雄の生涯」 作品40。
ヘルベルト・ブロムシュテット指揮ドレスデン・シュターツカペレの演奏。
ヴァイオリン独奏はペーター・ミリング。
1984年9月、ドレスデンのルカ教会での録音。DENON盤。

おそらく、ドレスデン・シュターツカペレのまろやかサウンドの真骨頂を示す1枚。
温かく、柔らかく、聴き手とホール全体を包み込むような優しさ。
それぞれの楽器が見事にブレンドされた美しさ。
ドレスデン・シュターツカペレの美質が最も発揮された演奏・録音であり、またそれをほぼ十全に捉えきったDENONの録音の見事さも讃えたいと思う。
オーケストラの「音」だけでも、聴きごたえがある1枚と思う。

ブロムシュテットの指揮もイイ。
・・・と云うより、ドレスデン・シュターツカペレに全幅の信頼を置いて、殆どオケに任せたのではないかと思われる感じの指揮。

指揮者の存在があまりない。何もしていないような感じ。と云うよりも、あまりに自然な音楽の運びで、オケが有機体のように溶け合ったサウンドを奏で、アンサンブルも最高の状態であるし、ルカ教会の音響も素晴らしいので、ブロムシュテットが何もしていないように感じてしまうのかもしれない。
それほど、自然な息づかい、無理のないフレージングで心地よく音楽が進行してゆく。

だから、音楽がギラつかず、R・シュトラウスなのに「虚仮威し」にならない。
(R・シュトラウスの音楽には、虚仮威し・匠気のようなものが常にあると僕は思う)
ブロムシュテット盤は渋い。渋すぎる感じ。豪華絢爛なところもあるが、基調は墨絵のような渋さ。
輝くとしてもそれは黒光り。真鍮のような黒光り。自然の木質感、質朴さでR・シュトラウスが鳴る。
自己主張がないのが特徴とも云うべき演奏であって、だからこそ、R・シュトラウスにあっては超個性的な演奏と思う。

声を大にした奴の勝ち、言ったもんが勝ちという殺伐とした時代風潮の中で、何と奥ゆかしい演奏だろう。
「英雄の戦い」でさえ、派手にならずに落ち着いた響きで終始する。

ソロ・ヴァイオリンも、他の盤ではエロティックに弾いているところを、この特徴的な演奏に溶け込んで、突出するところがない。やはり渋いソロだと思う。


ドレスデン・シュターツカペレは、R・シュトラウスと浅からぬ関係があったオーケストラであります。ルドルフ・ケンペともR・シュトラウス管弦楽曲集を録音しています。
(あの全集の演奏も、渋く格調高いものが多かったですな。)

いやはや実に個性的な「英雄の生涯」であります。
録音は最高。オケの音色・響きも最高。
家庭で聴く最高のオーケストラ音楽だと思います。派手好きな人には向かないでしょうけれど。
この演奏がDENONのクレスト1000シリーズで、今や1000円盤になっているんですから、有り難いことだと思います。



AUTHOR: ひろはや EMAIL: hirohaya@yellow.plala.or.jp DATE: 05/30/2007 07:48:42 おはようございます。
シュターツカペレ・ドレスデンは私も大好きなオーケストラで、ハイティンクの来日公演時にもサントリーホールに駆けつけてしまったくらいです。(その時はブルックナー8番でしたっけ。)
さて、件の曲は未聴です。聴いてみたいですね。本文にありましたケンペ/シュターツカペレ・ドレスデンの管弦楽集のCDはよく聴きます。あとは、カラヤン/ベルリンフィルとバリビローリ/ロンドン響のCD(これはマーラー6番とカップリングされたものでEMI2枚組の1969年9月録音のものです。あまり聴いていなかったので、取り出して聴いてみるつもりです。
スポンサーサイト

コメント

こんにちは。
いやあ、この盤は素晴らしいですね。mozart1889さんの取り上げられるものは未聴の場合以外殆ど自分と好みが同じなので嬉しく思います。
この時期のSKDの音色は本当に独特な色彩感を湛えていて他とは変え難い個性がありました。
この曲はホルンの出番が多いですがペーターダムを始めとしたホルン群がでしゃばらずオケに溶け込んどいてその音色が実にいい味を出している。

ベーム(’57)、ケンペ(’72)、当盤(’84)、シノーポリ(’91)というSKDによる聴き較べもオケの変遷が楽しめていいですねえ。
図らずも(それとも意図されてかな?)あしたルイージ指揮による同曲同楽団の新譜が出ますが(URL参照)こちらも楽しみです。

SKD以外ではライナー盤とザンデルリングのライブ盤がお気に入りです。

すみません。URL書き忘れました。HMVのHPからコピペです。
値段が高いのがちと・・・・ですが。

こんばんは。
『英雄の生涯』大好きな曲です。古いところでは、メンゲルベルク&ニューヨークPOはロマンあふれる個性的な名演で本当に28年の録音?、ライナー&シカゴ響54年の驚異的な名演・名ステレオ録音でそこに録音機器を感じさせません、ベーム&ドレスデンの一分の隙のない緊張感あふれる名演は57年モノ録音ですが凄い、ダンディー・カラヤンの59年録音、・・・、書き出したら終わりがありません。
その中でも、本当に『渋い』演奏の選択ですね。ドレスデンの演奏するこの曲はどれも素晴らしい輝きを放っていると思います。
しかし、わたしの一押しはライナーに決まってますよ!!

「英雄の生涯」を初めて聴いたころ、まだ30代半ばで自分を「英雄」と呼ぶ傲慢さに呆れたものの、その音楽を聴いてブッたまげたものでした。ブロムシュテットは「音楽に語らせる」音楽家だと思います。彼の録音はいずれもイヤミが無く、自然で聴きやすいですが、ここではさらに「録音のよさ」が加わってすばらしいですね。

皆様のお話に出てきている中では、マゼール盤がイヤというほどメリハリが利いていて、これはこれで好きです(^o^)

こんばんは。
この曲はマゼール/クリーブランド管で聴き始めました。
アナログ録音の頂点のような、素晴らしい録音に狂喜したものでした。
もちろんセルの録音より断然良いです(笑)
マゼールの指揮も、クリーブランド管の機動性をフルに生かし、凄みを感じさせるほどの仕上がりです。

もっと凄いのは、1954年録音のライナー/シカゴの演奏です。
リビング・ステレオの超絶録音もあって、まさに口あんぐりです。

なんだか皆さんの意見が一致してるみたいですね。

>ひろはや 様
おはようございます。コメント感謝です。
SKDの実演をお聞きになったんですか。羨ましいです。しかもブル8とは羨ましいです。指揮もハイティンクだったんですよね。僕はブル8のハイティンク/VPO盤、大好きなんです。ああ、羨ましいです。

さて、R・シュトラウスは若い頃から、ケンペ、カラヤン、プレヴィンの曲集を愛聴しています。バルビローリの「英雄の生涯」は、ひろはやさんと同じCDで持っています。目当てはマーラーの6番だったので、じつはあまり印象がありません(^^ゞ。今度じっくり聴いてみたいと思います。
コメント嬉しく思います。いつもお世話になります。

>hiromk35 様
おはようございます。コメント感謝です。いつもありがとうございます。
ケンペ盤は僕も愛聴盤です。渋いのがエエです。
そしてマゼール!
僕はこの人は怪人指揮者だと思うんですが、ツボに嵌るとホンマに楽しい人ですね。マゼール/クリーヴランド管のCBSソニー盤は、今もLPで愛聴しております。「レコードアカデミー賞受賞」に釣られて買った物ですが、これは楽しかったです。
最近、あまりこの録音のことを見かけませんでしたので、嬉しく思いました。ありがとうございました。

>ドレドレ 様
おはようございます。コメントを有難うございました。
DENONに録音したブロムシュテット/SKDの演奏、結局全部入手してしまいました。
どれもホンマに素晴らしい演奏であり、録音でした。
このコンビは最高ですね。そして、それを見事に捉えた当時絶好調だったDENONの録音スタッフに拍手です。
大切に聴いていきたいですし、・・・・・世界文化遺産はエエですね。
同好の方がいらして、嬉しく思います。

>シャム猫 様
おはようございます。いつもお世話になります。
SKDの「英雄の生涯」はこのブロムシュテット盤とケンペ盤を愛聴しています。ベームとシノーポリの録音は聴いたことがないんです。
シノーポリは好きな人です。聴いてみたいですね。

ブロムシュテット盤のペーター・ダムを中心とするホルン群がイイですね。おっしゃるとおりの名演と思います。

ルイージ盤、情報ありがとうございました。2,748円は高いですね・・・・・って昔に比べれば何てことはないんですが・・・・。

>あるべりっひ 様
おはようございます。いつもお世話になります。ありがとうございました。
さすがにあるべりっひさん、出てくる演奏が1950年代の往年の名盤、モノラルからステレオ初期の名演奏家が登場しますね。
僕は全部未聴です(^^ゞ。スンマセン。
でも、ライナーは、是非聴いてみたいと思います。あるべりっひさん、絶対のお薦め盤ですね。

ブロムシュテット盤の渋さ、録音の素晴らしさは何とも言えません。
SKDはケンペでも名演を遺しているいいオケだと思います。

>stbh 様
おはようございます。コメントを有難うございました。
なるほど、「ブロムシュテットは「音楽に語らせる」音楽家」、・・・・おっしゃるとおりだと思います。
彼の録音は自然な息づかいで音楽の運びに無理がないんです。心地よく音楽が進んでゆく快感、そしてオケの美しさ・・・・イイ指揮者ですね。

マゼール盤は、往年の怪演とでも言うべきなのかもしれません。スゴイ演奏でした。この人はホンマに面白いですね。LPで愛聴しています。

>Summy 様
おはようございます。いつもお世話になります。
出ました、マゼール盤ですね。僕も、LPで愛聴しています。
演奏も凄いですがジャケットも格好良かったですね。
中世の騎士を横から描いたものでしたが、いや、実にカッコイイものでした。演奏とともに思い出深い1枚です。
マゼールのあざとさ、ボクは好きです。

そしてやはりライナーですか・・・・・是非聴いてみたいと思います。
コメント感謝です。ありがとうございました。

ごめんください。このジャケットが目に入ったとたんにコメントをしたくなりました。このCDは僕にとっても貴重な一枚です。僕はいつもドレスデン、ドレスデンと盛上がっていますが、どうも独りよがりなのではないかとこの頃思い始めていました。(笑い)
mozart1889の記事が嬉しいです。
出だしからぐぐッときますね。それからよく練りこまれたあたたかい響き… 
録音も最上級。お化粧された「英雄の生涯」が多いなかで、もっと注目されて良いCDだと思いますが…
ブロムシュテットとドレスデンの「英雄の生涯」。標題に関係なくクラシックを楽しむつもりで聴いてます。

>kazu9410008 様
こんばんは。コメントを有難うございました。
DENONでのブロムシュテッ/SKD盤は、全てが素晴らしい演奏と思います。特にこの「英雄の生涯」はまろやかなサウンドが素晴らしいですね。自然な肌触り、木質の素朴さ、渋く黒光りする音・・・・実に心地よい音響が広がります。
いつまでも聴き続けたい演奏です。
今や、これ1000円盤です。隔世の感がありますね。

mozart1889様。僕のところへのTBありがとうございました。慌て者で、前コメント(様)を付けてなくごめんなさい。ブロムシュテットのDENONへの録音、僕も全部あります。当時のDENONの録音は○○遺産的な価値がありそうですね。DENONの1000円シリーズはたくさん持ってます。

>kazu941008 様
こんばんは。ご丁寧に恐れ入ります。
(様)は要りません。さん付けで結構です。僕は初めのところだけ様づけですが、あとは敬称は「さん」で呼ばせてもらっています。
クレスト1000シリーズは有り難いですね。昔高価で手が出なかったものがことごとく1000円ですものね。
ブロムシュテット盤は僕も全部揃いました。素晴らしい録音・演奏を楽しんでいます。

R・シュトラウスの英雄の生涯。私は、また同じドレスデン・シュターツカペレで申し訳ないですが、ケンペ盤です。結局は個人の好みですからね。自分の好きな演奏が名盤なんです。音楽評論家の名盤ガイドは、イマイチ信用できないです。いくら評論家でも個人の評論ですからね。

>ヨシ 様
おっしゃるとおり、個人の楽しみですので、それが名演奏でよろしいんじゃないですか。ケンペ盤はしっとりとした演奏でよかったですね。僕は録音が素晴らしいのでブロムシュテット盤の方をよく聴きます。

こんにちは。

ブロムシュテットの演奏、シブくてかっこよいですね。
ソロヴァイオリンもオケと溶け込んでいて好印象です。

私はこの演奏とマゼール=バイエルン放送響(RCA盤)を名盤として挙げたいです。
マゼールは対照的に結構マッスルでエロティックな響き(ソロヴァイオリンを聴き比べればよく解りますね)で、マゼール嫌いな人も思わず唸ってしまう演奏です。


今年は mozart1889さんには大変お世話になりました。毎日拝見し、とても勉強&楽しみました。来年もいろいろご教示いただけると嬉しいです。

>ニョッキ 様
こんにちは。コメント&TBを有り難うございました。
ブロムシュテットとSKDのコンビのDENON録音は、ホンマにイイ演奏ばかりでした。ブルックナーにモーツァルト、そしてR・シュトラウスのシリーズは今も愛聴盤です。
マゼール/バイエルン放送響もおっしゃるように素晴らしい演奏ですね。僕はマゼール好きです。あのエグいところ、何とも云えません。いやらしいくらいですもんね。
クリーヴランド管との旧盤(CBSソニー)も見事でした。マジェスケのヴァイオリンがまた見事だったんです。新旧両盤とも、愛聴してます。

それでは、来年もいろいろ教えて下さい。僕は楽器が全く出来ませんし楽譜もろくに読めない素人ですので、ホルンの吹けるニョッキさん、羨ましく思っています。
どうぞよいお年をお迎えください。

クラシックCD紹介その211(R.シュトラウス 交響詩「英雄の生涯」)

PING:
BLOG NAME
会社も正月休みに入り、1月3日までお休みです。
4日は出勤するのであまり長くはないですが。
今日は家の掃除をして少し外出。
横浜駅周辺を出歩きましたが、流石に人が普段より少ない。
普通の日曜日の半分くらいでしょうか?
私の実家が甲府(山梨)ですの....

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。