スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドヴォルザークのスラヴ舞曲集 作品46&72全曲 クーベリック/バイエルン放送響

前半の連休3日目も穏やかな天気でありました。
こんな良い天気の日に、、在宅仕事で資料作りに追われておりました。
トホホであります。

さて、今日は聴いたのは・・。
ドヴォルザークのスラヴ舞曲集(作品46&72全曲)。
ラファエル・クーベリック指揮バイエルン放送交響楽団の演奏。
1973~74年、ミュンヘンでの録音。DG盤。

世評高いのに聴いたことがない演奏がある。
本で読み、人から聞き、素晴らしいとは知っているのだが、聴く機会がなかった演奏がある。

今日のCDがそれであって、1000円盤で見つけたので(グラモフォン・ザ・ベスト1000という例のシリーズ)、ふと買ってみたら、いや、これはホンマに素晴らしい!

スケールが大きくダイナミック、望郷の思いにあふれていて情念豊かな演奏。
オーケストラも力演で、録音も(当時としては)おそらく最高レベル。
クーベリックのメリハリのきいた指揮に反応して見事な演奏を展開しているし、アンサンブルも極上。特に、弦楽セクションのやさしい響きが全編で印象的。軽くて爽やかで、踊りたくなってくるような響き。
改めてクーベリックを見直してしまった。これはクーベリックの代表盤と云ってもいいんじゃないか。


例えば第2番。これはウクライナの民族舞曲ドゥムカ。切ない旋律と躍動するリズムが泣かせるほど美しい。

これを聴きながら故郷の風景を思い出しました。
僕の本貫地は埼玉県の入間市というところで、どこまでも続く茶畑と桑畑が原風景であります。子供の頃は、茶の木の間で遊んでおりました。ああ、今日から5月。ちょうど今頃から、茶摘みの季節です。

近くの出雲祝神社や西久保観音で草野球をしていた・・・・・そのころの風の匂いがよみがえってきます。ああ、今日のこんな風だった・・・・。

音楽の力は偉大であります。また不思議なもんです。
ドヴォルザークは、チェコとその周辺の民族舞曲に取材してこの「スラヴ舞曲集」を書いたんです。
それを聴いて、僕は、スラヴではなく自分の故郷を思い出す・・・・。

第3番のポルカも、第4番のソウセツカーも郷愁を誘います。
第10番のマズルカの抒情も、故郷の空を思い出させます。
ああ、ドヴォルザーク。



AUTHOR: narkejp EMAIL: narkejp@netscape.net URL: http://blog.goo.ne.jp/narkejp/ DATE: 05/01/2007 06:58:32 クーベリックの「スラブ舞曲集」は、ほんとに素晴らしい演奏ですね。私も大好きです。同じCDで聴いております。グラモフォンのクーベリックの録音が廉価盤で発売されるようになり、LPのコレクションを買いなおしています。ジョージ・セル指揮クリーヴランド管のCDと、コシュラー指揮チェコフィルのLDとともに、「無条件幸福」盤です(^_^)/
クーベリックの同時期の録音では、ドヴォルザークの「伝説曲」も素晴らしいです!
スポンサーサイト

コメント

はじめてコメントを書きます。
私もクラシックが好きで、管理人さんと同じCDを持っていることが多いの
で、共感をしております。特にハイティンクのファンです。今後ともよろしく
お願いします。
さて、今日のクーベリックの「スラブ舞曲集」は、私も好きで、久しぶりに取り出して聴きました。私は、相当前に輸入CD(419 056-2)で購入したの
ですが、スラブ舞曲集作品46と72のともに8曲しか入っておりませんです
が、第10番は聴いていません。どんな曲やら興味があります。

こんばんは。
すばらしいディスクですよね。私は、けっこう以前に購入しました。ガレリア・シリーズとかで国内盤2800円の「廉価盤」(?)でしたよ。16曲を一気に聴いてしまう勢いとデリカシーと、「血が騒ぐ」何かがある演奏ですね。
1975年の来日時、名古屋でアンコールに作品72の7(15番)をやってくれましたが、メタメタに泣けました。当盤を聴くと、いつも思い出します。

この曲集は、先日セル/クリーブランドの演奏をレンタルして来て聴きました。
DSDマスタリングで音質も大変よいです。

クーベリックの廉価盤は、「我が祖国」とか、ヤナーチェクの「タラス・ブリーバ」も出てませんでしたかね。
ぼちぼち聴いてみたいと思っています。

はは、クーベリックのスラブ舞曲集持ってました(^^;;
親父りゅうさんと同じく、国内盤ガレリアシリーズです。
危うくダブリ買いするところでした。

こんばんは。
素晴らしいディスクです。なにしろ曲がいい。普通はこういう短い曲をまとめて聴くと飽きたりするのですが、ここではそういうことがありません。ときに高揚し、ときにしんみりと。クーベリックの指揮は、これしかない、という説得力があります。
それにしてもドヴォルザークの曲って、なぜか懐かしさを感じますね。

こんばんは。
スラブ舞曲集と時を同じくして録音された交響詩集、この二つのシリーズのLPは私の宝物です。
ちょうどスラブ舞曲の作品46が日本で発売された頃にバイエルン放送交響楽団と来日。有名なマーラーの9番の年です。私は地元で別プログラムでした実演に接することが出来ました。
年少の私にも分かるとても熱く、感動の公演でした。

クーベリックのドヴォルザークは以前ベルリンフィルを振った後期3大交響曲を聴いたことがあるんですがイマイチ自分の好みではありませんでした。
そんなこともあって敬遠してたんですが管理人さんはじめ皆さんが絶賛しているならきっといいんでしょうね。オケも手兵のバイエルン放送饗ですしね。
交響詩集も入ってるTRIO3CDsシリーズの3枚組のCD買っちゃおうかなあ。
ちなみに自分のお気に入りはセル。特にSACDの音は素晴らしいです。

>narkejp 様
おはようございます。コメントを有難うございました。narkejpさんのところでは桃の花摘みの季節・・・・・緑の季節になりましたね。

>グラモフォンのクーベリックの録音が廉価盤で発売されるようになり、LPのコレクションを買いなおしています。

僕もポツポツとLPをCDに買い直しています。やはり便利ですね。
クーベリックのこの演奏には涙が出ました。音楽の力は偉大です。涙腺が脆くなったせいかもしれませんが、名盤たる理由が分かりました。
もちろん、narkejpさんお薦めのセル盤も強力な名盤ですね。

>E原 様
おはようございます。情報ありがとうございました。
そうですか、ドヴォルザークの命日だったんですか。知りませんでした。でも、この演奏はホンマに素晴らしかったです。世評高いのが分かりました。クーベリックは名指揮者だなぁと思います。感動しました。

>ドレドレ 様
おはようございます。いつもお世話になります。

そうそう、畑と道の境界は茶の木でした。懐かしいです。僕の原風景です。ああ、茶摘みも始まりましたか。望郷の思い、切々たる物があります。この感情が「スラヴ舞曲集」の心なんでしょうね。

LPだと全曲収録は難しかったですね。2枚組のLPが結構ありました。クーベリックが振ったドヴォルザークは他にもありそうなので聴いてみたいと思います。
ありがとうございました。

>ひろはや 様
はじめまして。コメントを有難うございました。嬉しく思います。
僕もハイティンクのファンです。同好の方がいらして嬉しいです。田舎者ゆえ、どこにでもあるようなCDしか持っていませんが、これからもよろしくお願いします。
クーベリックのスラヴ舞曲集、ひろはやさんは輸入盤で持ってるんですね。8曲だと有名どころの抜粋でしょうか。10番のマズルカは、BGMなどにも使われる曲だと思うんですが、しみじみと抒情的で、望郷の思いにかられます。エエ曲だなぁと思います。

>親父りゅう 様
おはようございます。コメントを有難うございました。
りゅうさんは、実演でクーベリックを聴いてらっしゃるんですね。エエですね・・・・アンコールのスラヴ舞曲で泣ける・・・・というのがまた羨ましいです。1975年、クーベリック好調で元気な時代ですね。ああ、エエなぁ。

>ガレリア・シリーズとかで国内盤2800円の「廉価盤」・・・・・僕も結構持ってます。当時は2800円が廉価盤でした。ジャケットのデザインがいかにもちゃちな廉価盤仕様でしたが、2800円は割安感が強かったですね。CDはホンマに高価でした。

>Summy 様
おはようございます。いつもお世話になります。
さすが、Summyさんは愛聴のセル盤ですね。DSD盤は音が良いんですね・・・・僕は普通盤で聴いていますが名演だと思います。

ガレリア・シリーズでクーベリック盤をお持ちでしたか。
チト残念。ダブリ買いのお仲間が欲しかったんですが(笑)
この頃トシのせいか、僕はトリプル買いを恐れなくちゃイケマセン。ヤレヤレです(^^ゞ

>吉田 様
おはようございます。コメントを有難うございました。
おっしゃるとおり、この演奏は一気に最後まで聴いてしまいました。「つまみ聴き」もできる曲集だと思うんですが、どれも感動的な演奏で最後まで聴き入ってしまいました。クーベリックはスゴイです。
名盤の誉れ高い演奏・・・・その意味が分かりました。

ドヴォルザークの旋律は、故郷の空を思い起こさせます。ノスタルジーの作曲家だったのかなと思います。
クーベリック盤にはホンマ泣けました。

>あるべりっひ 様
おはようございます。いつもお世話になります。
クーベリックの実演に接していらしたですか。エエですね。1975年の頃ですね。クーベリック充実の時代ですね。羨ましいです。

「スラヴ舞曲集」は、LPだと2枚の時代でしたね。世評高いこの演奏、僕は初めて聴いたんですが、ホンマに泣ける演奏でした。名馬bたる理由が分かりました。この演奏は熱い思いが込められてます。
クーベリックはスゴイ指揮者だと思いました。

>シャム猫 様
おはようございます。コメント感謝です。
僕もクーベリックの交響曲集をもっているんですが、まだ一度もこのブログでエントリーしていません。BPOと熱い演奏を展開しているんですが、ふだんは他の指揮者の演奏に手が伸びてしまいます。録音がイマイチなせいかもしれませんが、シャム猫さん同様、僕にも好みではないのかもしれませんね。名演奏とは思うんですが。

バイエルン放送響とのこの「スラヴ舞曲集」は録音も良好で、素晴らしいです。泣けました。良い演奏です。名盤と云われている理由が分かりました。皆さん絶賛するはずです。
故郷の空、風の匂いを思い出しました。何という素晴らしい演奏!
3CDシリーズでもあるんですか・・・・・セットで欲しいですね・・・・。う~む。
セル盤も好きです。SACDプレーヤー持っていないんです・・・・・。良さそうですね。

ひろはや です。
昨日のコメントで第10番が分からなかったのですが、管理人さんお薦めのCDをHMVサイトでチェックしましたら、第10番とは「作品72第10番ホ短調」と分かりました。私の持っている輸入盤では、作品72(No.2 e-moll:Allegretto grazioso)となっていましたが、同じ曲だと分かりました。今あらためてその曲を聴いています。涙が出るほど抒情感のある素晴らしい演奏ですね。

>ひろはや 様
こんばんは。コメントを有り難うございました。
そうです、そうです、第10番は作品72の2に当たるんでした。
説明不足でスミマセン。

エエ曲ですね。しみじみと抒情が流れます。故郷の風を思い出します。
クーベリックのこの演奏は、特に胸にしみました。

ご無沙汰をしております。ようやく後半のGWに入ってほっとしている所です。バーンスタイン、クーベリック、セルと愛聴盤が続いて嬉しい限りです。
クーベリックのスラブ舞曲集には1曲目から熱いパッションが感じられ、自分にとってもベスト盤となっています。オリジナル・イメージビット・プロセッシングが施されたグラモフォンのジ・オリジナルズ盤に買い直してようやく落ち着きました(^^;
私にはこのクーベリック盤ともう一枚、アンタル・ドラティ指揮のロイヤル・フィル盤もどうしても外せない愛聴盤となっています。ハンガリー出身のドラティによるドボルザーク録音という点と、ロイヤル・フィルとの共演という点での関心です。クーベリックとはまた個性の違う洗練されたサウンドで、キングズウェイホールで収録したデジタル初期のデッカの録音も気に入っています。

>れお 様
おはようございます。こちらこそ、ご無沙汰してしまって申し訳ありません。「熱狂の日々」の季節ですね。レーゼルのリサイタル等も含めて、都会住まいのれおさんが羨ましいです。
スラヴ舞曲集、ドラティ盤がありましたね。このブログを書き始めた頃、恥ずかしながらエントリーしておりました。

http://www.doblog.com/weblog/myblog/41717/1205661#1205661

表情豊かで色彩溢れる演奏だったですね。ドラティ、ボクは大好きです。
ロイヤル・フィルの響きの魅力がもう一歩かも・・・・なんてことを当時書いてます(^^ゞ・録音はさすがにDECCA、素晴らしかったですね。

mozart1889さん

こんばんは。

先程、この曲のピアノ連弾版を聴きました。
とてもシンプルで躍動感があったのですが(一応TBさせていただきます)
mozart1889さんのこの記事を拝見し、クーベリックを手に入れたくなりました(1000円ですしね)。

マズルカは皆さんおっしゃってますが「クラシックメロディー大賞殿堂入り」させたい良い曲ですね。


>ニョッキ 様
おはようございます。いつもお世話になります。
コメント・TBを有り難うございました。

クーベリックのスラヴ舞曲集は、世評高い名演奏というのは知っていたんですが、最近手に入れて、確かに凄いなぁと思っているところです。
ノイマン盤やドラティ盤もすてきだと思いつつ、今はこのクーベリック盤ですね。
有り難うございました。

クラシックCD紹介その120(ドヴォルザーク スラヴ舞曲全曲)

PING:
BLOG NAME
今日は久し振りにオーケストラの練習。管楽器だけの合奏でドヴォルザーク7番を合わせました何とも出来の悪いこと。
練習前にきちんと自分のパートをさらうのは勿論ですがやはり曲をよく聴いて自分のパートくらいは覚えるくらいの覚悟で望んで欲しいものです。
例....

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。