スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーツァルトの交響曲第29番 イ長調 K.201 グラーフ/モーツァルテウム管弦楽団

冬に逆戻りしたような寒さでした。雨も一時的に強かったですね。
周囲ではインフルエンザが流行しています。
寒さも流感も、今年の「冬」は遅かったのかしら。

さて、今日はモーツァルトの爽やかな交響曲を。

モーツァルトの交響曲第29番 イ長調 K.201。
ハンス・グラーフ指揮モーツァルテウム管弦楽団の演奏。
録音は1980年代後半。13枚組2890円という超廉価盤・・・・・何という価格。
モーツァルテウム管弦楽団は、ザルツブルク音楽祭のマチネーコンサートでお馴染みの楽団。僕にとっては、正月三が日にこのコンサートの様子をNHK-FMが放送していたので、(そして、三が日といえばそんなに外出することもなく、酒を呑めない僕は結構ヒマであって)、よく聴いていた懐かしい楽団でもあります。

演奏は、この楽団(というよりアンサンブルか)らしく、小編成のオーケストラが美しく、アンサンブルも上々で実に心地よいもの。

合奏が整っているので、響きの余韻がとても美しい。
ヴァイオリン群の響きが消えてゆくときの美しさは、ため息が出るほど。よく揃っているのと、小編成なのと、録音が自然でシンプルなのと・・・・色々な要素がすべてプラスに働いて、美しい余韻になっているのだと思う。

そもそも、この交響曲は、モーツァルトにとってイタリア様式からオーストリア様式への分かれ目になった曲だということで、全体的に和やかで室内楽的な喜びにあふれている佳曲。
モーツァルテウム管弦楽団の、まさに室内楽をやっているような息のあった演奏が、実に楽しい。

グラーフの指揮は、のびのびと楽しんでやっていこうとする感じで、力みがなく、サラサラ系スッキリ系の演奏。これが、この曲には合っていると思う。

第1楽章は爽快な喜び。
第2楽章は穏やかな表情。弦楽セクションの抑えたトーンが何とも品が良い。優美でたおやかな演奏。
第3楽章は精密なメヌエット。アンサンブルの良さが生きている。
第4楽章は明朗で爽やかなフィナーレ。ロッシーニの序曲を思わせる爽快さ。

録音も爽やかな空間が広がる好録音。
激安でこんな全集が聴けてしまう、ホンマにエエ時代でありますな。




AUTHOR: cyberkouta DATE: 04/19/2007 15:56:48 ああ! クラシックはすばらしい。 精神に来る。
 僕は聞くに飽き足らず、作りたいと思い、クラシックに憧れています。
スポンサーサイト

コメント

今晩は
麦秋ですか、いいですね。
近所では、さすが麦畑は少なくなりました。狭山丘陵辺りでは
まだありますね。手打ちうどんもさかんで、東京側では「村山うどん」
でブランド化を図っているようです。讃岐うどんほど太くないのですが
(讃岐では食べた事がないです・・)モチモチしてます。
29番はセラフィム・シリーズLPでクレンペラーを聴いて驚いて、
CDでもレガシー・シリーズで同じ録音を聴いています。
最近聴いたCDではベーム・SKDのライブが良かったです。

グラーフは未聴ですが、「力みがなく、サラサラ系スッキリ系の演奏・・・」、イイですね。

私は (いまのところは) ブリテン/イギリス室内管のCDを聴いています。どちらかと言えば「キッパリ系」とでも・・・。テンポは速め。風のように走り抜けてゆくと言った感じの演奏です。「たおやか」とは言えませんが、けっこう気に入っています。

僕も天ぬき様、ドレドレ様と同じく、クレンペラーの演奏で聴いています。
クレンペラーにしてはあまり重々しくはない印象です。
ワルターのモノラル盤、ケルテス/VPO盤も好きな演奏です。
バーンスタイン/VPO盤も廉価盤で出たので聴いてみたいですね。

モーツァルトだと、どんな演奏で聴いても幸せになれます。
やはり他の作曲家とはモノが違うような気がしてます。

>天ぬき 様
おはようございます。コメントを有難うございました。
昼間からお酒、エエですね。僕は酒が呑めないので、人生の大部分を損してしまいました(^^ゞ。羨ましいです。
さて、29番はベーム/BPOでも聴きます。盤石の安定感でした。
クレンペラーのモーツァルトは未聴です。これは聴いてみたいです。

老大家で聴くモーツァルト・・・・・・それも良いですね。

>ドレドレ 様
おはようございます。コメント感謝です。
狭山丘陵にも春が来ているんですね。
村山といえば、母が村山大島紬の機織りをずっとしておりました。あのあたりの農家の娘たちは、戦前戦後に手内職として機織りをしてたんです。

クレンペラー盤が2票目ですね。う~ん・・・聴いてみたくなりました。
我が家にはクレンペラーのモーツァルトはないんです。

讃岐うどんは美味いです。こちらに来て、瀬戸内の魚とうどんの美味さには驚きました。

>hiromk35 様
おはようございます。いつもお世話になります。
ブリテン/イギリス室内管!・・・・懐かしいです。キッパリ系・・・/その通りだと思います。

ブリテンのモーツァルトはエエですね。カーゾンとのピアノ協奏曲も素晴らしかったですし。
ブリテンは自作以外の指揮でも、良いものが多かったと思います。モーツァルトにバッハ、名演が遺されていますね。

>Summy 様
おはようございます。いつもお世話になります。

>モーツァルトだと、どんな演奏で聴いても幸せになれます。
やはり他の作曲家とはモノが違うような気がしてます。

全く同感です。僕もいつも思います。

ところで、クレンペラーが3票目です。これは聴いてみなくちゃイカンですね。探してみます。
ケルテス/VPOも懐かしいです。

往年の名演奏が沢山出てきました。。。、みなさん、さすがです。

こんばんは。

私も『クレンペラー』に 1票 投じます。

おじいさんが孫の作品を愛情を込めて奏でている素晴らしい演奏だと思います。フィルハーモニアの音色もとっても素晴らしいと思います。

クレンペラーのモーツアルト交響曲録音はどれも素晴らしいと思います。

>あるべりっひ 様
おはようございます。コメントを有難うございました。
あるべりっひさんもクレンペラーですか。僕以外、皆さんクレンペラーを聴いていらっしゃるんですね・・・・。
これは、いよいよ聴いてみなくちゃイケマセン。

ん~~。期待が大きくなりました。
ありがとうございました。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。