スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ第5番「春」 ウート・ウーギ(Vn)&サヴァリッシュ(Pf)

3月は激務です。連日の休日出勤で疲れます。
ジョギングもままなりません。

そんな中、しかし着実に春は来てます。
日の暮れるのが遅くなってきました。職場の桜の蕾も膨らんできてます。

そこで今日も「春」を聴きます。

ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ第5番ヘ長調 作品24「春」。
ウート・ウーギのヴァイオリン独奏、ピアノはヴォルフガング・サヴァリッシュ。
1982年6月、ミュンヘンでのデジタル録音。

ウーギの自然なフレージングが心地よく、サヴァリッシュのエッジが丸みを帯びたピアノが美しい。ベートーヴェンの「春」らしい、爽やかで暖かい印象を残す1枚。
録音は残響が綺麗で、ややエコーがかかる感じもするが、ヴァイオリンの高音域が減衰してゆくときの余韻が、実に美しい。心洗われるような音。

ウーギのヴァイオリンは、抒情的でありながらも、スタイルはスマートでフレッシュ、技術的には相当なテクニシャンと思われる。高音の聴感が、ややきつく感じるのは惜しいが(録音のせいかな?)、明るく優美な響きで好感が持てる。
早春と云うより、春たけなわの明るさ、大らかさがある。しかも勢いがあってよく歌うヴァイオリン、カンタービレが大変美しいのもイイ。

サヴァリッシュのピアノは、伴奏に徹して控えめ。ウーギを引き立てようと意識しているのが分かる。ピアノの音色は刻々と変化して、ニュアンス多彩。見事なもんだわい。
指揮者の余芸ではない、本職の巧さ。
特に第2楽章のピアノは絶品の美しさ。円満で穏やか、冗舌ではないが素直な人柄を思わせる、しなやかな音楽が流れてゆく。

ベートーヴェンが書いた最も幸福な曲の一つを聴きながら、窓の外に広がる春の田園を眺めます。
野鳥が増えました。ウグイスも鳴いてます。
気持ちよい春風も吹いてます。
伊予路はいよいよ春本番です。



AUTHOR: narkejp EMAIL: narkejp@netscape.net URL: http://blog.goo.ne.jp/narkejp/ DATE: 03/19/2007 06:49:25 おはようございます。私もこの休日に、西崎崇子(Vn)イェネ・ヤンドー(Pf)によるベートーヴェンの「春」を聴いていました。当地はまだまだ雪が降ったりして、寒の戻りがきていますが、確実に春は近づいています。スプリングソナタを聴いて、春を待ちます(^_^)/
スポンサーサイト

コメント

>天ぬき 様
こんばんは。いつもコメントを有り難うございます。
フランチェスカッティ!・・・懐かしいですね。僕は彼のメン・チャイを愛聴してます。
今年は2月が春、3月が冬でしたね。
でも、さすがに日差しは春の陽光です。間もなく、伊予路の田園地帯では、間もなく桜が咲きそうです。

今晩は、ウト・ウギって名前を聞き、暫し悩んで、思い出したのが
エド・デ・ワールト指揮 モーツアルト セレーナーデ集 シュターツカペレ
ドレスデン(フィリップス) ここでもイタリア人?らしいソロを聴かせてくれました。「ハフナー」はCD化されたけれど、今は廃盤でしょうか。明るさに満ちた(ちょっぴりペーソスも)モーツアルトの春ですね。

>ドレドレ 様
こんばんは。コメント感謝です。
デ・ワールト盤、懐かしいですね。そうでした、ウーギのソロ・ヴァイオリンでしたね。1970年代半ばのフィリップスの名盤でした。
ドレスデン・シュターツカペレの響きが美しく印象的な演奏でしたが、廃盤のようですね。
いつもありがとうございます。懐かしく思い出しました。

おはようございます。

サヴァリッシュのピアノは素晴らしいですね。ここで紹介されたCDは持っていませんが、
R.シュトラウスのHn協奏曲を伴奏したものがあり、ピアノなのにまるでオーケストラのような伴奏でした。
音楽の理解がそれだけ深いということなのだと思います。

>hsm 様
こんばんは。コメントを有難うございました。
サヴァリッシュは風貌で損をしている感じがします。いかにも学究的、大学の先生のような感じなので、ついついそんな演奏かなと思ってしまいます。
しかし、知情意のバランスが取れた素晴らしい指揮者だと思いますし、曲の掘り下げも深いです。ピアニストとしても超一流ですね。hrn協奏曲は聴いたことがないのですが、ベートーヴェンのソナタなどを聴くと、すごいなぁと思います。
コメント感謝です。嬉しく思います。

Υ5?

PING:
BLOG NAME
aεaФ$Υ?礦d5
1?Τ$2...

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。