スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベートーヴェンの弦楽四重奏曲第15番 イ短調 作品132 アマデウス弦楽四重奏団

今日は渋い曲です。
時に、室内楽をモゾモゾ聴くのもエエもんです。

ベートーヴェンの弦楽四重奏曲第15番 イ短調 作品132。
アマデウス弦楽四重奏団の演奏。
1962年4月、西ベルリンのイエス・キリスト教会での録音。DG盤。

ベートーヴェン後期の弦楽四重奏曲は、とっつきにくい。しかし、じっくり聴いていると、人生の深淵を垣間見るような不思議な気分になる。
この作品132もそう。

第1楽章のアッサイ・ソステヌートの厳粛な開始。襟を正して聴かざるを得ない気分。ただ、アマデウスSQの演奏は、穏やかな表情で始まり、旋律線を柔らかく歌わせてゆくのがイイ。
第2楽章はアレグロ・マ・ノン・タント。スケルツォ楽章にあたるものだろう。アンサンブルは緊密だが、それが厳しさ・いかめしさにならず、独特の柔らかさや微笑みのような表情になっているのがアマデウスの良さだろうと思う。

そして、第3楽章のモルト・アダージョ。
約15分かかるこの曲の核心。「病癒えたものの神に対する聖なる感謝の歌」とベートーヴェンも書いている、まさに言葉通りの演奏。
アマデウスSQの演奏は、しなやかに旋律を歌わせ、甘美な音色(これが往時のウィーン・スタイルか)で、この緩徐楽章の魅力を余すところなく引き出してゆく。
2つのヴァイオリンが息長く旋律を歌っていく。そのフレージングがとても自然で深々としている。ヴィオラもチェロも呼吸が見事に合っている。聴いていて目頭が熱くなってくる。
ああ、ベートーヴェン晩年の境地は、こんなに澄んだ心を歌っている。神への畏敬というか、偉大なるものへの帰依というか。心の奥底で深い感動が広がる演奏。

第4楽章のアラ・マルチア・アッサイ・ヴィヴァーチェは経過句。これを過ぎると感動的なフィナーレ、アレグロ・アッパシオナート。
アマデウスの柔和な表現がここでも美しい。よく歌う旋律はここでも変わらないが、曲想もあって、音楽の表情は、一層雄渾なものになっている。
最後のプレストは見事な締めくくり。

アマデウスSQは、1948年にロンドンで結成されたイギリスの団体。メンバーは3人がウィーン出身、チェロのマーティン・ロヴェットが英国出身。結成当時からのメンバーで活躍し続けたのだが、ヴィオラのピーター・シドロフが1987年に急逝し、惜しくも解散となった名クワルテットだった。

これアマデウスSQによるベートーヴェン弦楽四重奏曲全集からの1枚。
録音はさすがに古びてきました。
惜しいかな、弦がザラつくところもあります。
教会録音の余韻が美しいだけに、う~ん・・・・ちょいと惜しいですな。



AUTHOR: さすらい人 DATE: 03/03/2007 08:39:39 ベートーヴェン後期の弦楽四重奏曲、若い頃に聴いたアマデウスSQやラサールSQの演奏では、確かに難解な曲だと思っていました。ですが、15番の第3楽章の崇高さには若いなりに深く心打たれ、カセットにダビングして繰り返し何度も聴いたものでした。

私見ですが、地味とか難渋云々のコメントを目にされた為にこれらの曲を敬遠されるのは、余りにも勿体無いと思うのです。

近年のアルバンベルクSQ、メロスSQ等の演奏を聴くと、時代を経て研究が進んできた所為か、曲そのものが随分判り易く感じますし、アンサンブルや弦の音色も素晴らしい。そんな耳で聴き直してみると、アマデウスSQの演奏、きっと別な魅力が感じられるでしょうね(このLPも、今は手元にはありません)!
スポンサーサイト

コメント

アマデウスSQのベートーヴェンとは、嬉しいかぎりです。ブレイニンの天馬空を駆けるような1st Vn、内声部を雄弁に支えるシドロフ・・・。息の合った、よく歌うアンサンブル。室内楽を聴く幸せを届けてくれます。ベートーヴェンに限らずモーツァルトもブラームスもCDとLPとりまぜてほとんど集めてしまいました。
 いろいろな弦楽四重奏団の演奏も聴いていますが、気がついてみるといつも帰ってくるのはアマデウスSQなのです。
 ご指摘のように、音は昔のLPに比べて鮮度が落ちていますね。中古レコード屋でLPを見つけるたびに拾っています。いま、ウェストミンスター時代のモノラル盤を探しているところです。

>さすらい人 様
おはようございます。コメントを有難うございました。
おっしゃるとおり、ベートーヴェンの後期弦楽四重奏曲は、「難解」、「難渋」と云われますね。とっつきにくいところは確かにあるんですが、味わい深い作品だと思います。

メロスやラサールは世評高いですが、持っていません。ABQはあります。
今日は、久しぶりにABQを聴いてみようかと思います。

先日タワーレコードで購入したウィーン・ムジークフェラインSQの演奏は、若々しくて、録音もアマデウスSQに比べると格段に良くて、イイ演奏でした。

>天ぬき 様
おはようございます。いつもお世話になります。
スメタナSQの後期弦楽四重奏曲は、聴いたことがないんです。DENONのデジタル録音盤もあるんですよね・・・・聴いてみたいです。天ぬきさんのは、明治百年記念盤(「明治百年」という云い方、懐かしいですね)。貴重ですね。
イタリアSQの全集、欲しいのですが、先日某オークションで競り負けました。CD中古盤4000円では落札できませんでした(^^ゞ。輸入盤の新品全集は8000円くらいしますので、まだ買っていないんです・・・・。
スメタナとイタリアSQ、欲しいですね・・・・・。

>ドレドレ 様
おはようございます。コメント感謝です。
ベートーヴェンの弦楽四重奏曲の聴き比べ・・・・良いですね。でも、僕は室内楽はあまり持っていません。ズスケSQがイイと、ネットでは見かけます。天ぬきさんのところではイタリアSQも欲しいし、スメタナSQも欲しいと書きましたが、ズスケSQも欲しいのです。
鑑賞欲・物欲は尽きませんね。

ドレドレさんのコメントで、持っていないアマデウスSQのブラームスも欲しくなってきました・・・・困りますね(笑)。

ありがとうございました。コメント嬉しく思います。

>hiromk35 様
おはようございます。コメントを有難うございました。
アマデウスSQの同好の方がいらしてくれて嬉しいです。これは、僕が初めて購入したベートーヴェンの全集でした。
室内楽を聴き始めるのが遅かったので、CDの方が所持数は多いのですが、なるほど、やはりLPの方が音がエエですか。
どうも、CDはカサつくところがあるんです。鮮度が落ちてるんでしょうね。
僕も、LPを探してみようかなと・・・・・思います。
ありがとうございました。

mozart1889様
小生「CDよりLPの方が常によい」と言ってるわけではありませんので、念のため申し添えます。マスタリングの仕方その他によりまして、CDの方が好いと思うこともしばしばありますし・・・。ただマスターテープの鮮度の問題は避けられませんね。

>hiromk35 様
こんにちは。コメントを有難うございました。
hiromk35さんのおっしゃる謂い、よく分かりました。

我が家ではカートリッジが古くなったのか、プレーヤーがイマイチなのか(TRIOのKP880D、ストレートアームのタイプです)、レコードそのものが国内盤が多いので音が良くないのか・・・・・様々な理由で、CDの方が美しく鳴る方が多いようです。
LPの味わいはまた格別なんですが、ついつい、CDの方を取り出してしまいます。扱いが簡単ですし・・・・。
ただ、CDには明らかにマスタリングが悪いものがありますし、経年劣化を感じさせるものも結構ありますね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。