スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイドンの交響曲第99番変ホ長調 ギュンター・ヘルビッヒ/ドレスデン・フィル

今日はハイドンです。

交響曲第99番変ホ長調 (Hob.I:99)。
ギュンター・ヘルビッヒ指揮ドレスデン・フィルの演奏。
1974年1月、ドレスデンのルカ教会での録音。ドイツ・シャルプラッテンの原盤で、このCDはedelから出ている廉価盤のロンドンセット。

ハイドンのロンドン・セットは、愛称がない交響曲も名作揃い。
この99番もそうで、実にハイドンらしい、愛らしい佳品だと思う。

第1楽章はアダージョ~ヴィヴァーチェ・アッサイ。
序奏部の雄大さから一転、快速快活で実に軽やかな演奏が進んでゆく。聴きながら思わず小走りに走り出したくなるような演奏。ヘルビッヒのリズム感がとても良く、それに反応するドレスデン・フィルがまた鋭敏で実にイイ。
そして、何度でも書くが、ドレスデン・ルカ教会の音響!
柔らかく温かく、極上の音響空間を作り出す。この安らぎ、この心地よさ。たまらない。
第2楽章はアダージョ。てゅんはんくらいの、いかにもハイドンのアダージョらしい落ち着いた音楽。優美で豊か、ふっくらと穏やかな表情が愛らしい。
特に、弦楽セクションと木管セクションの会話が美しい。木管のアンサンブルは生地でデリケート。フルートとファゴットが中でも良い。ドレスデン・フィルの能力の高さはここからも分かる。
ドレスデンのオーケストラは、まずもってドレスデン・シュターツカペレであるとは思うが、2番手オケのドレスデン・フィルでもこの巧さ。いやはやなんとも、ドイツって(東ドイツと云うべきか)、すごいですねぇ。侮りがたい、これは名演でありますな。

第3楽章メヌエットの速度指示はアレグレット。優美な音楽で、古典的な佇まい、端正なつくり。ヘルビッヒの指揮も、背筋が伸びて、正統的・格調高い音楽づくりを目指している感じ。
オケ後方で鳴るトランペットの奥ゆかしいまでの美しさ。オーケストラ全体とよく融け合って、全く美しい。素晴らしい響き。

終楽章はヴィヴァーチェ。第1楽章の明朗が戻って、爽やかなフィナーレになっている。ヘルビッヒ/ドレスデン・フィルの安定した響きに包まれて、極上の音楽世界に浸れます。

録音もしっとり落ち着きがあって聴きやすいもの。
キラキラとした鮮やかさはないが、これぞルカ教会の音とでも云うべき、木質の、使い込んだ道具の感触のような、懐かしささえ漂う柔らかさが素晴らしい。
良い音だと思います。



AUTHOR: 天ぬき DATE: 02/06/2007 16:27:45 はじめまして、失礼します。

ハイドンの交響曲っていいですよね
特にこの99番は大好きです
ヨッフムのどちらかというと男性的な演奏、クリップスのウィーン風の典雅な演奏で楽しんでいます
ヘルビッヒのCD、是非聴いてみたいです
シャルプラッテンの音が大好きなもので・・・・
なんか美しい響きが想像できます

さて昨日のFMで39番ト短調が放送されました
モーツァルトの小ト短調を先取りしたような素晴らしい曲でした
CDが発売されているかどうか不明ですが手に入れたいものです
スポンサーサイト

コメント

>天ぬき 様
こんばんは。コメントを有難うございました。
シャンドール・ヴェーグの演奏、僕はモーツァルトのセレナード集を愛聴しております。10枚組セットの廉価盤で、ザルツブルクのモーツァルテウム・カメラータ・アカデミカの演奏なんですが、とても生き生きとしていて、スッキリ爽やか、しなやかなモーツァルトです。
ハイドンもきっとイイ演奏なんでしょうね。聴いてみたくなりました。

ハイドン作曲、交響曲第99番

PING:
BLOG NAME
 オリオン座がキレイに瞬いている夜空は、頬が切れそうに寒かったです。
 1日じゅう済んだ空気で、湘南の海岸の向こうにきれいに心なし雪が少なめの富士山が浮かび上がっていた。1月から3月はシラス禁漁の時期らしく新鮮なものはないとのこと。時季はずれの場違いでした。
 今日の1曲。ハイドン作曲、交響曲第99番。音楽の名コック、ラファエル・クーベリック指揮、バイエルン放送交響楽団。
 ほんわかホカホカ軽快で上品、決して汚い音がない。ハイドンが楽しく聴ける演奏家はあまりいないんだよ。なぜって通り一ぺんの人...

ハイドン作曲、交響曲第96番「奇蹟」

PING:
BLOG NAME
 今日は、ハイドン作曲、交響曲第96番「奇蹟」。ギュンター・ヘルビッヒ指揮、ドレスデン・フィルハーモニー。
 まだまだゲヴァントハウス四重奏団ショックが続いていて、ああいった偉そうな音のするスタイルの演奏が聴きたくて仕方がない。捜したらこの1枚。
 洒落よりも格調、モダンより煉瓦造り、牛ではなく羊のチーズのようなハイドン。
 でも、そういうものは往々にしてスルメのように味わい深く、噛めば噛むほど、親しめば親しむほど味わいと魅力に気付くわけですよ。どこをとってもこっちの機嫌をさっぱり取ってくれな...

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。