スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルックナーの交響曲第8番ハ短調 シノーポリ/ドレスデン・シュターツカペレ

今日から年末年始の休暇に入りました。
久しぶりにまとまった休みが取れそうなので、大喜び・・・・しているのは細君であって、大晦日まではワタクシ、家庭での業務命令が沢山(^^ゞ。
窓拭きに餅つき、庭の手入れに車の掃除、注連飾り準備と・・・・
「あとは何じゃ?」・・・・・・今日から3日間は細君とこの言葉を何度も交わすことになります・・・・・ゴロゴロしてクラシック音楽を聴いてはおれんようです・・・・・ガハハ。

さて、今日は久しぶりにブルックナーの大曲をいきます。

ブルックナーの交響曲第8番ハ短調。
ジュゼッペ・シノーポリ指揮ドレスデン・シュターツカペレの演奏。
1994年12月、ドレスデンのルカ教会での録音。DG盤。
楽譜はノヴァーク版を使用している。

シノーポリのブル8は、圧倒的な音響。巨大な音楽。
テンポは中庸で、あまり緩急をつけずに淡々と進んでゆく感じなのだが、だからこそ、この大曲の全貌がよく見通せる演奏となっている。

第1楽章から、あまり勿体ぶらずに、現代的なブルックナーを聴かせてくれる。伝統的な様式とは無縁。醒めたところもある。
録音は抜群で、素晴らしいオーケストラ音楽が聴ける。さすがルカ教会。
ただ、DG録音の場合、他のレーベルよりも設置するマイクが楽器に近いのか、ドレスデン・シュターツカペレが、華やかで明るい音になる。奥行き・高さ・左右の広がりは申し分なく、両翼配置のヴァイオリンも効果バツグン。

第2楽章が、推進力にあふれ、光彩陸離たる名演。
全体を通して聴いたあとに思ったのだが、この楽章のように変化に富んだ音楽の方が、シノーポリの体質に合うんじゃないかと思う。
この楽章だけは、緩急あり、タメもあり、ケレン味たっぷりの指揮ぶり。
中ほどで出てくるハープ、右のスピーカーから流れ出すのだが、これが全く美しい。これだけ綺麗なハープ、そうはないんじゃないか。
楽器のバランスも良く、ルカ教会いっぱいに広がるオーケストラが心地よい。素晴らしい音楽だと思う。

そして白眉の第3楽章アダージョ。
聴き手の心が少々汚れていても、浄化されてしまいそうな音楽。魂の、これは音楽だろう。ドレスデン・シュターツカペレの響きも最高だし、テンポもゆったりとして、心豊かに包まれてゆく。身を浸す快感。
特に素晴らしいのは弦楽セクションの味わい。チェロやコンバスの深々とした、厚みのある豊かな響きは特筆もの。

終楽章は、オーケストラ音楽の総決算のような音楽。
豪放豪快にオケは鳴り渡るが、シノーポリはしっかりと手綱をさばいて、奔馬にならぬよう注意深く進めている。このあたり、職人肌を感じる。


ブルックナーの第八。
これこそ、ブルックナー最高の傑作と思います。
(と云いつつ、7番を聴けば7番が最高だと思い、9番がやはり代表作かとも思い、ロマンティックだって捨てがたい・・・・・と感ずるワタシは浮気者ですが(^^ゞ)


AUTHOR: shibera DATE: 01/09/2007 23:17:43 こんばんは。
 前回のコメントでマゼールを「斬り捨てた」直後に、記憶が蘇ったんです_おっと、ブルックナーがあったっけ_。で、レスのコメント、真っ先に挙げてあって、ニンマリと納得。特に第7は、彼にしては珍しく?地に足のついた、それでいてしなやかな生命力を感じさせる名演だと思います。左中間突破のツーベース、ってとこかな。
 ところでブルックナーの音楽というと、某評論家の大仰なフレーズ(「神の音楽だ」「死んでもいい」等)のおかげで、かなり歪まされているんじゃないおかと_(特に演奏面、次に続く)。
スポンサーサイト

コメント

>shibera 様
おはようございます。いつもお世話になります。
マゼールのブルックナー、生命力を感じさせるというのに実に同感です。8番も豪快なところがあって好きです。シノーポリのは美しく、また楽しく聴けました。宇野功芳の評論は嫌いじゃないんですが、いつも同じ感じで少々飽きました。
ハイティンクのブルックナーには全く同感です。実は、今日、ハイティンクのブルックナーを聴いていました。ACOとの9番です。ハイティンク/VPOにはブルックナー全集を完成して欲しかったですね。ホントに惜しいです。残念です。

>bruckner2006 様
おはようございます。コメントを有難うございました。
シノーポリの8番が廃盤なんですか?・・・・それ、惜しいですね。イイ演奏なのになぁ。2枚組で廉価盤にしにくいんですかね。惜しいですね。
僕はドレスデン・シュターツカペレの響きが好きなので、シノーポリのブルックナーもその勢いで購入してます、演奏はとても良かったと思います。ちょっと録音が、bruckner2006さんのおっしゃるように、いまひとつだったように思います。同感です。
あ、僕はDENONのドレスデン・シュターツカペレの響きが好きです。

シノーポリのブル8、特にドレスデンのブルックナーが聴きたくて、探しておりますが、どうやら廃盤?のようですね。ブログを拝見したら、無性に聴きたくなりました。発売当初も評判がよかった記憶があるので、根気強く探してみたいと思います。

>adagietto♪ 様
おはようございます。コメントを有難うございました。
シノーポリのブルックナー8番を購入したのは、昨年3月です。近所のレコード店が廃業するので半額セールを実施、そこで買いました。ですから、廃盤といっても、入手しにくいのは回転の速い都会であって、地方のレコード店などには置いてあるんじゃないかと思います。
ドレスデン・シュターツカペレの響きは、別格に素晴らしいと思います。ヨッフムのEMI盤もドレスデン・シュターツカペレですが、録音があまり良くないので残念でした。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。