スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベーム/ウィーン・フィルのベートーヴェン 交響曲第5番ハ短調「運命」

久しぶりの休日でありました。
年末、そろそろ年賀状を書かなくちゃなぁと思いつつ、怠けてしまい、結局音楽とジョギングで一日が終わりました。ギリギリにならないと物事が手に付かない、ボクは怠け者です。若い頃からの「癖」は、トシを取ってもなかなか治らないもんです。(子供の頃からか・・・・・(^^ゞ)

アカンなぁ・・・・。
こういう気分の時には、ベートーヴェンにゴリゴリと叱咤激励してもらおう。
もう、これぞ大名曲、大定盤、人類の至宝(ホンマか?)ですな。

で、ベートーヴェンの交響曲第5番ハ短調 作品67「運命」。

カール・ベーム指揮ウィーン・フィルの演奏。
1970年4月、ウィーンのムジークフェラインザールでの録音。DGの輸入盤、懐かしいLP。
ジャケットが素晴らしい。ムジークフェラインの華やかな雰囲気が伝わってくる。

これはベームの唯一のベートーヴェン全集、最初期の録音。ベームがウィーン・フィルと全集録音できたのは貴重であったと思う。ただ、全集は発売当初から、リズムの弛緩やアンサンブルの乱れ(=統率力の衰え)を指摘されていた。確かにそんな感じ、全体的に今聴いてもその印象は変わらない。まさにベーム「翁」の演奏なのだが、だからこその味わいもあるし、5番「運命」・6番「田園」・9番「合唱」は、十分に時間をかけた録音で素晴らしい演奏だと思う。

「運命」は極めて貫禄のある演奏。
第1楽章からラストまでテンポは遅く、ベームは悠々たる歩みを進めてゆく。
そのゆっくりした歩調と、ウィーン・フィルの澄みきって柔らかい響きとの中から、偉大なベートーヴェンの姿が浮かび上がってくる。緊張感や迫力よりも、この第5交響曲が内包する途方もないエネルギーがジワジワと伝わってくる演奏と云おうか。

第2楽章の、優美で室内楽的な表現は特徴的。ベーム盤以外ではちょいと思いつかない。名演奏と言うべきだろう。
LPで聴くと、ウィーン・フィルの音がとても柔軟で、しかもコシがあって実にイイ響き。音楽が自然に息づき、スッキリしたものになってゆく。
フォルティシモでの堂々たる貫禄も良い。一見(一聴)モッサリ、でも老ベームの含蓄ある表現が聴ける。

第3楽章もベームは遅いテンポで丹念に描いてゆく。職人技を感じさせる演奏でもある。特に低弦の響きが良い。決然としたベートーヴェン。

そしてフィナーレ、勝利と歓喜の行進。ウィーン・フィルの圧倒的なパワーが解き放たれて、凄まじい力、音量。でも、さすがにウィーン・フィル、フルパワーでも音が硬くならず、余裕さえ感じられる。(ベームの指揮をあまり見ていないじゃないかと・・勘ぐってしまうほど、余裕ありますな)
テンポは堂々、一歩一歩踏みしめながらの大行進ではある。

録音は、35年ほど昔なので、さすがに古びてきました。
1970年代初頭の、アナログ録音全盛期の柔らかさ、豊かさはあります。
ふっくらとしたウィーン・フィルの響きを堪能できる1枚でありました。

ベームのLPを聴くときにはMCカートリッジ、DENONの103が合います。トロッとふっくらと、大らかになるのがエエんです。
(カラヤンになると、AudiotechnicaのAT33Eの繊細な音出しが合います。)
LPってのは面白いもんです。



AUTHOR: yurikamome122 DATE: 12/17/2006 10:34:08 この運命、私は残念ながらいただけませんでした。
このジャケットで終演後のカーテンコールに答える演奏者に背を向け、通路を一人歩く人がひょっとしたら自分かななどと思ったりもしました。
田園はとってもいい演奏だったんですが。そうそう、そういえばみないい評価をしませんが最晩年のあのボロボロの第9は好きなんですが。。。。
つまりは私はたぶんに主観的なのでした。失礼致しました。

ところでVPOのレコードはデッカの録音は私はオルトフォンのMC-20、DGではエムパイアの4000DⅢのブリリアントな繊細さが好きでした。しかしアンプを自作するようになってからはVPOに限らずすべてVictorのMC-1でした。
スポンサーサイト

コメント

>あるべりっひ 様
おはようございます。コメントを有難うございました。
ライナーは本当に弾丸ライナーでした。凄かったですね。クライバーも熱いベートーヴェンで(7番もスゴイです)、ただ、このごろクライバーを聴くとヘトヘトになるので意識的に避けたりしています・・・・(^^ゞ。

ああ、それにしてもSPUにMCⅡ、さらにシュアー・・・・懐かしいです。
あるべりっひさんのところでは、現役なんですね。素晴らしいです。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。