スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~モーツァルトの命日に~ 歌劇「フィガロの結婚」 ショルティ/ロンドン・フィル

ドラマ「のだめカンタービレ」は相変わらず面白く楽しいですね。若い音楽家たちのエネルギーがテレビの画面から、はじけてきます。若いってエエですね。

ドラマに触発されて、オーボエ協奏曲かブラームスの1番交響曲にしようかと思いましたが、さすがに今日はモーツァルトの命日です。そしてモーツァルト・イヤーも終わります。
命日だからと「レクイエム」も何だなぁと思い、賑やかなのが好きだったモーツァルトらしい名曲を行きます。
これだけ騒々しく滑稽でワクワクしてくるオペラも、そうはないと思います。

では、モーツァルトの命日に。

モーツァルトの歌劇「フィガロの結婚」・・・・・(^-^)。
ゲオルク・ショルティ指揮ロンドン・フィルの演奏。
1981年、ロンドンのキングズウェイ・ホールでのデジタル録音。DECCA原盤。
キャストは素晴らしい。豪華メンバーだと思う。

伯爵夫人; キリ・テ・カナワ
伯爵; トーマス・アレン
フィガロ; サミュエル・ラミー。
スザンナ; ルチア・ポップ
ケルビーノ;フレデリカ・フォン・シュターデ。
バルトロ; クルト・モル

快速爽快、切れ味鋭い刀でスパッと切ったような、スッキリした序曲。4分かからない速さで駆け抜ける。推進力抜群、しかもさすがにショルティ、オケがよく鳴っている。「ワシはショルティ、文句あるか?」とでも云っているかのよう。でも、セカセカしすぎかな?・・・・・。

フィガロを演じるはサミュエル・ラミー。若々しく力強いフィガロ。頭の回転の速さはもう一つかなという気もするが、声はとても美しい。妙なイヤらしさや変な色気がないので、好感が持てる。声色もいろいろ変化させており、聴いていて楽しい。

バルトロはクルト・モル。もう少し年寄り臭さがあってもいいかな。正直誠実、真摯な歌唱だとは思うが、もう少し「汚さ」が欲しい感じ。正攻法のバルトロも悪くはないんだが。

フレデリカ・フォン・シュターデのケルビーノは、まさに適役。透明で蒼い声質が、この多感な美少年にピッタリ。「自分で自分が分からない」や「恋とはどんなものかしら」の有名な(ある意味で聴き古した)アリアが、全く新鮮に響く。この時期のシュターデは本当に絶好調だったんだなぁ。

そして、ルチア・ポップ!
彼女のスザンナは最高。可憐で、キュートで、頭の回転が速く、女性としての芯の強さも持っている・・・・すばらしい表現力。
スザンナはこの歌劇の最初から最後まで活躍するキャスト。ポップという最高のスザンナを得て、このショルティ盤はさらに価値を増したと思う。
(ポップはマリナー盤での伯爵夫人も素晴らしかったが。)

伯爵夫人のキリ・テ・カナワは貫禄の歌唱。ゆっくりとしたアリアは高貴でもあるんだが、もったいぶった歌い方という気もする。モノローグなど、とても立派だと思う。伯爵夫人の抱える悩み、内面の掘り下げについては、やや疑問があるが・・・。


重唱が美しいことも、この演奏の良いところ。(というより、重唱の出来が良くないと「フィガロ」の面白さ・楽しさは半減してしまう。)
第1幕の終わりの六重唱など、その最たるもので、素晴らしい出来。
「手紙のアリア」なども極上の美しさ。言葉を失いますな。

録音はスッキリしていて、聴きやすい。
デジタル初期の録音だが、特に硬くもない。
DECCAらしい鮮明さで、家庭で聴くには十分すぎるくらいの優秀録音と思います。




AUTHOR: しじみ URL: http://ameblo.jp/lyricwaltz22/ DATE: 12/05/2006 12:31:24 こんにちは。
そうでした、今日はモーツァルトの命日でした。
ショルティの指揮では、私は「魔笛」を愛聴していますが、mozart1889さんの記事を読んでいたら、「フィガロの結婚」の序曲が頭の中を流れ始めました(笑)。
今日は家に帰ったらさっそく「フィガロの結婚」か「魔笛」を聴くことになるでしょう。
スポンサーサイト

コメント

>しじみ 様
こんばんは。コメントを有難うございました。
モーツァルトの命日に、ええ、「魔笛」もイイですね。大好きです。
彼のオペラは断然「フィガロ」と「魔笛」が良いです。ドン・ジョヴァンニとコジ・ファン・トッテはあまり聴かないです。
今夜は、さてボクは何を聴きましょうか・・・。

>にき 様
こんばんは。コメントを有難うございました。
ショルティ盤の「フィガロ」はキャストも万全、録音も素晴らしいと思います。
ただ、指揮のショルティは快速テンポで、聴く人にとって好みが分かれるかもしれません。
序曲から最後までイン・テンポの音楽運びです。ボクはショルティの筋肉質(サイボーグ的?)で、男性的な指揮が好きなので、このフィガロも抵抗なく聴けましたが。

クーベリックのモーツァルト交響曲集はLPでは廉価ですか・・・でしょうね・・・・・発売から25年ですものね。
コメント感謝です。いつもお世話になります。

>ピースうさぎ 様
こんばんは。コメントを有難うございました。
二期会の実演、良いですね。ボクは「フィガロ」の実演は観たことがありません。もっぱら、NHK-BSの放送で観ています。
ショルティのDVD・・・・よく分かりません。ショルティは、DECCAの専属だったでしょうから、DVDは出ているかもしれませんね。

こんばんは!

命日の今日、私はクライバー指揮で交響曲第36番を見ることにします。(これからですが。)
ショルティのモーツアルトオペラ、たしかチェンバロが「ジェフリー・テイト」ですよね。聴き方によっては、でしゃばりかもしれませんが私には、軽快でおしゃれに思います。

>あるべりっひ 様
おはようございます。コメントを有難うございました。
さすが、ありべりっひさん、その通り、チェンバロがジェフリー・テイトで、センスあふれる演奏を展開しています。初めて聴いたとき、面白いチェンバロだなぁと感心したものですが、やがて彼はEMIからのモーツァルト交響曲集で一世を風靡したのでした。そして、フィリップスで内田光子とのピアノ協奏曲も。
輝いていましたね。

こんばんは。
すみません、ちょっとテイトのこと。
彼は、ブレーズのバイロイト『指輪』で歌手リハーサルのアシスタント・ピアニストとして参加しその時、フィリップス:プロデューサーのヴィットリオ・ネグリと知り合ったようです。
最初にレコードへ登場したのがたしか、元イ・ムジチのコンマス・アーヨの『四季』再録時のチェンバロだったと思います。その時の指揮がネグリ。個人的に非常に印象深い『四季』の演奏で、特にテイトのチェンバロがチャーミングで印象深く名前を覚えました。
ですから、このショルティの演奏を聴いた瞬間、『あっ、テイトだ』と直感しました。その後の活躍はご存知の通りです。
彼の録音はあまり持っておりませんが、私にとって大変印象深い演奏者です。

>あるべりっひ 様
おはようございます。貴重なお話、ありがとうございました。
そうなんですか、テイトのチェンバロはアーヨの四季再録音盤でも聴けたんですか。さすが、ありべりっひさん、よくご存じなんですね。この演奏は聴いたことがありませんでした。
それにしても、ネグリの名前は懐かしいですね。彼がドレスデン・シュターツカペレの団員を指揮した、ホリガーとのオーボエ協奏曲集は、愛聴盤でした。
コメント感謝です。ありがとうございました。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。