スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セル/クリーヴランド管のブラームス 交響曲第4番ホ短調

早いもので11月も今日で終わりです。
明日から師走。・・・・・いやぁ、トシを取るとどんどん月日が過ぎてゆきます。
光陰「弾丸」のごとし・・・・であります。

今日は、季節柄で。

ブラームスの交響曲第4番ホ短調 作品98。
ジョージ・セル指揮クリーヴランド管弦楽団の演奏。
1966年4月、セヴェランス・ホールでの録音。CBS盤。

冬枯れの季節に聴きたくなるのはブラームスの音楽。
特にこの4番は晩秋から冬にかかる時期に聴きたい。暖をとりながら、ブラームスの描く「人生の秋」に耳を傾けたいと思う。

ブラームスは標題音楽家ではなかった。彼はクラシカルなものに憧れ、目標にしてしまったロマンティストだった。交響曲第4番などは、そんなブラームスのロマンティシズムが充溢した名曲だと思う。

セル/クリーヴランド管は寸分の隙もないアンサンブルで、素晴らしく充実した響きで全曲を貫く。ストリングスがメインの部分では、室内楽的な透明感を聴き取ることができる。大編成オケのロマン派音楽なのに、響きが全く混濁せず、スッキリとスリムなブラームスになっている。
あの体格逞しいブラームスの音楽が、スリムになってしまうのは少し違和感もあるのだが、この透明な響き・強固なアンサンブルを聴いてしまうと、これこそ正しい再現なのではないかと思えてくる。

音楽の表面はサラサラした感じで、ことさら磨き立てていない。でも、よく聴いていると、内声部は充実しているし、低音もずっしりと重い。合奏も見事なもんだ。

第1楽章を貫く悲痛感もイイが、第2楽章のしみじみとした情感表現が優れていると思う。セルは演出たっぷりという指揮者ではないのだが、この淡々とした指揮、そして透明な響きからは、情感がこみ上げてくる。テンポはやや遅め。それが効いているのかもしれない。

第3楽章は克明な演奏。鋭い刀で、スパッと切って捨てたような潔さ。
終楽章パッサカリアの変奏は全く見事な描き分け。それぞれの変奏の処理が素晴らしく、きわめて完成度が高い。
名演奏と思う。

40年前の録音。さすがに古びてきました。
いつも書いてますが、CBSソニー盤のセル/クリーヴランド管は、少し硬い響きなんです。残念やなぁ。

でも、現在、これだけ高水準のブラームス演奏が出来るオーケストラ、幾つあるでしょう・・・・・。


AUTHOR: にき DATE: 11/30/2006 11:24:01 こんにちは。
セル・クリーブランド凄いです。一糸乱れぬというところでしょうか。
録音なんですよね。ワルターもホロビッツもみんなこの録音にやれれてるんですよね。音処理の問題なのかなと思うんですけどね。LPでコロンビア盤?のときはこんなじゃなかった気がします。いろいろ書いてすみませんでした。
スポンサーサイト

コメント

>shibera 様
おはようございます。コメントを有難うございました。セルのブラームスはオケがよく揃っていることもあって、クールな感じがしますね。あまり女々しくないのが好きです。ヌメヌメしたブラームスを聴かされるより、ずっとエエなぁと思います。セルのモーツァルトやドヴォルザークは大好きです。いくつか拙ブログでも書いておりますが、
http://www.doblog.com/weblog/myblog/41717/1452437#1452437
http://www.doblog.com/weblog/myblog/41717/1929402#1929402
これらは名演だなぁと聴くたびに思います。ベートーヴェンも素晴らしいとは思うんですが、いかんせん、我が家では乾いた音に聞こえます。オーディオの相性かもしれません。

はじめまして
まだ20代半ばだった私の音楽の聴き方の方向を決定づけてくれたのがセルでした。いまからもう30年以上も昔の話ですが、その後もずっと聴いています。聴きはじめて惚れ込んで、ならばクリーブランドまで聴きに行こう!と思ったときに、すでにセルはこの世には亡く、その事実を知ったときはショックでした。
とくにセルのブラームスは好きですね、すっきりと品格があって。
CBSソニーの音は確かに硬く潤いに欠けると思います。LPの場合は、仕方なくオルトフォン(VM型ですけれど)で、柔らかくして聴いています。

>EGUCHI 様
はじめまして。ようこそいらしゃいました。嬉しく思います。どうぞよろしくお願いします。
セル/クリーヴランド管の演奏は峻厳にして真摯誠実、ベートーヴェンやブラームスなどの独墺系音楽の本質を突いていると思います。品格ありますし・・・・実に同感です。クリーヴランドまで聴きに行こうと思った若いEGUCHIさんの心意気こそ素晴らしいと思います。
LPは音が硬く、CDも同じ傾向です。これが残念なんですが、僕も同じく。DENONのトロッとした103のカートリッジで聴くことが多いです。
コメントを有難うございました。とても嬉しく思います。僕もEGUCHIさんのところ、お邪魔させていただきます。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。