スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラヤンのワーグナー 「ニュルンベルクのマイスタージンガー」前奏曲 ドレスデン・シュターツカペレ

秋の夜長はオペラがエエですね。
ひところ、オペラに凝った時期がありました。CDが出始めた頃です。
LPに比べて、扱いが便利で枚数が少ないCDのオペラ組物を買うたびに、CD時代の恩恵を感じておりました。
ただし、価格はベラボウでしたが(^^ゞ。

この頃、オペラをゆっくり聴く時間が取れずに、また聴いていても途中で飽きてしまうので、「つまみ聴き」ばかり。アカンなぁ・・・・久しぶりに取り出してみるか。

そこで、今日はワーグナーの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」前奏曲。
(前奏曲で止まってしまいました・・・・・(^^ゞ)

ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ドレスデン・シュターツカペレの演奏。
1970年11月~12月、ドレスデンのルカ教会での録音。EMI原盤。
カラヤンにはEMIに「ワーグナー管弦楽曲集」があって、それも素晴らしい演奏なのだが、「マイスタージンガー」前奏曲だけは、こちら全曲盤の演奏の方が気に入っている。

オケがドレスデン・シュターツカペレだから。

何ともふっくらした柔らかい響き。大きな翼を広げた鳥の羽毛、これに包まれたような錯覚に陥るほど心地よい柔らかさ。穏やかで心地よい、そして素朴さを併せもつこのオケの響きは、ワーグナーにまこと相応しいと思う。

カラヤンの指揮は精力的で精密を極めている感じなのだが、ドレスデン・シュターツカペレが、その鋭さを、優しくまろやかな演奏にしてしまう。そこがイイ。

テンポは速めで、もう少し遅めの方がスケールが大きくなって良いのにと思うのだが、これこそカラヤンのテンポでもある。しかも細部まで磨き上げて、全く美麗なワーグナー。中世の歌合戦の素朴さと云うより、近代建築のスマートさ。

これから始まる楽劇への期待でワクワクさせてくれる名演。
木管のアンサンブルは実に見事で、音色も美しい。
渋い金管もイイ。キラキラ脂ぎっていない、黒光りするような、ややくすんだ音が何しろ上品で、上質の漆器を見ているような感じ。
終結部の盛り上がりも見事で、豪壮豪快、これぞワーグナーと言いたくなる。

そして第1幕へ。合唱の開始。
素晴らしい合唱。聴いているこちらが敬虔な気持ちになってしまう。
この響き、この歌。
しかもオケは天下の銘器。
しばらく、このまま聴き続けましょう。


AUTHOR: あるべりっひ DATE: 10/26/2006 22:09:18 こんばんは、mozart1889 さん。
素晴らしいドレスデンの響きです。最初に聞いた『マイスタージンガー』の全曲です。
歌手も素晴らしいメンバーです。
また、サー・ジョンが病気にならなければ、カラヤンは別の形でこの曲を録音したと思います。ご存知のように、この録音はいつものカラヤンの録音スタッフではありません。

スポンサーサイト

コメント

>花岡ジッタ 様
おはようございます。いつもコメントを有難うございます。
お世話になります。
バルビローリのキャンセル、冷戦下の東西ドイツ・・・・いろいろな背景の中での演奏だと思うと感動もひとしおです。
真摯で純な音楽・・・・・ジッタさんのおっしゃるとおりだと思います。
カラヤンのこういう姿を聴くのもエエですね。名盤だと思います。

学生時代からLPで聞いています。初マイスター、というか、ほとんどこれしか聴いていません(^^; いつものカラヤンとは違う音、だけどまぎれもなくカラヤンの音。最近は、はしょり聴きすらあまりしなくなってしまいましたが、久しぶりにきちんと聴いてみたくなりました。出だしの合唱、はじめて聴いたときに震えるようだったのを、今でもおぼえています。

ドレスデンの響き、いいですね。
このレコードが出た時のジャケットはカラヤンの指揮姿で、作品にそぐわないな、と思ってました。古雅なドレスデンのルカ教会での録音風景もレコ芸で飽くことなく眺めてましたが、初めて手に入れたのはCD時代になってからでした。
今聴くと、ベックメッサーの歌が過剰で古過ぎたり欠陥は感じますが、カラヤンにドライブされたドレスデンはやはり、ドレスデンですね。
 バルビローリだったら、の思いは強いですが。

>stbh 様
おはようございます。いつもコメントを有難うございます。
僕も、「マイスタージンガー」全曲、CDではこのカラヤン盤しか持っていません。
CD化されてすぐに購入しました。高かったです(^^ゞ。あれから、これだけを聴いています(LPではショルティ盤を聴いてます)。
ドレスデン・シュターツカペレの演奏が素晴らしく感動的ですね。

>yokochan 様
コメントを有難うございました。そうですね、バルビローリだったら・・・とつい思ってしまいますね。
しかし、カラヤン/ドレスデンの組み合わせも滅多に聴けない(というより、ステレオ正規盤ではこれしかない?)、素晴らしい演奏だと思います。
ベックメッサー・・・・確かに、云われてみればそんな気がします。なるほど・・・・そうですね。
コメント感謝です。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。