スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デレク・ハンのモーツァルト ピアノ協奏曲第25番ハ長調K.503 ~ブリリアントの大全集より~

パソコンがすぐハングします。画面が固まります。
再起動させてもなかなか起動しなくなりました。
BIOS画面が起動したりもします。そこから先に進まないこともあります。
電源を投入してもウンともスンとも言わないこともあります。・・・・・・・

今ようやく起動しましたが、症状をネットで調べてみると、どうもマザーボードの異状のようです。
電解コンデンサが怪しいとか。マザーボード交換をしなくちゃいけないそうであります。
ボクのはCPUがAthlonXP2500、KT400のマザーボードなんですが、まだ売っているんだろうか・・・・・?
(だいたい、ワシに交換の技術なんぞナイぞい・・・・・(^^ゞ・・・・・)


さて、音楽であります。
ブリリアントの激安全集モーツァルト、ポツポツ聴いています。

今日はピアノ協奏曲第25番ハ長調K.503。
デレク・ハンのピアノ、ポール・フリーマン指揮フィルハーモニア管の演奏。
ブリリアントの激安モーツァルト全集からの1枚。

第1楽章はギャラントな開始。テンポはやや遅めで克明な伴奏を心がけている感じ。堂々としたところもあって、25番にふさわしい。
録音も明快で、弦の細かな刻みもよく聴き取れる。

ハンのピアノは例によって爽やかで、タッチも重くならずに心地よい。
ピアニシモが綺麗なのがイイ。モーツァルトには、タッチが軽くてピアニシモが研ぎ澄まされたピアニストが似合う。
ピアノ独奏部分での二重和音(というのかな?)のところなど、とても綺麗で、息を呑むほど。
安くこうたのに、こんなにエエ演奏聴かせてもらって、有り難い話やなぁ。

伴奏もよろしい。セカセカせず、息づかいが自然。気持ちよく聴けるオーケストラ。フィルハーモニア管、好調。

カデンツァはハン自身の作だろう。清潔でなかなかセンスがよい。ニュアンス多彩だし、めまぐるしい転調が面白く聴ける。

第2楽章はアンダンテ。
フィルハーモニア管の響きそのものは、そんなに魅力的ではないが、アンサンブルが良く、機能的な上手いオケだと思う。木管や金管など、程良い雰囲気を作っている。
ハンのピアノはしっとりと濡れたような感じのエエ音。透明感があって優しい響きが何とも云えず心地よい。

終楽章はアレグレット。
克明な演奏。興奮したり喚いたりしない。伴奏は淡々としてそうなのだが、木管の技巧や弦の刻みに耳を傾けていると、なかなか味わい深い。
ピアノは相変わらず透明で柔らかい響き。終楽章ということでタッチは少し強め。ただ、テンポは性急にならないので、格調高い感じがする。


デレク・ハンのピアノは特段変わったことはしてません。
でもしみじみとした情感が漂ってきます。
才気走ったところはないですし、きらめくような才能を感じることもないですが、なかなか聴き応えあります。

掘り出し物と云うべきか、芸術に価格なしと云うべきか・・・・・。
エエ演奏であります。

今日の画像は朝のジョギング道。
御舟川の河口、アサヒビール園前の遊歩道であります。
早朝、走るのは気持ちエエんです。


AUTHOR: あるべりっひ URL: http://blog.so-net.ne.jp/alberich/ DATE: 08/20/2006 02:05:29 こんばんは、mozart1889 さん
パソコンの調子が悪いのはいけませんね、偏頭痛みたいで我慢できません。
我が家には、機械にめっぽう強い『奥様』がおりパソコンなど自作しておられます。先日も私のPCが調子悪い時、『チチンプイプイ』と呪文を唱え直してくれました。
ブリリアントはなかなか良い新譜を大変手頃な価格で発売しており、目が離せません。私も交響曲全集等でお世話になっております。
ブリリアントのピアノ協奏曲は未聴ですが、同じくお手頃価格の『アンネローゼ・シュミット』盤を愛聴しております。昔々彼女が来日した折実演に接しました。演奏の印象より、大変美しい彼女に見とれておりました。CDで聞く演奏は、大変爽やかで気持ちの良い演奏です。
毎日更新されているブログを読ませていただくのが、楽しみになっております。
それではまた、コメントさせていただきます。
スポンサーサイト

コメント

>ヒロノミンV 様
初めまして。コメントを有難うございました。
どうぞよろしくお願いします。

ブリリアントの激安全集、170枚もあります。全部聴けるか、心配しています。
(多分聴けないでしょう・・・・・)
事典になるだろうと思って購入しました。
ピアノ協奏曲やディヴェルティメント、セレナードなどはイイ演奏が多いです。
ゆっくり楽しんでいきたいと思います。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。