スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレンデルで聴くシューベルト 即興曲集

シューベルトの即興曲集。作品90、D.899と作品142、D.935。
ピアノ独奏はアルフレート・ブレンデル。1972年の録音フィリップス盤。

シューベルトの即興曲集は学生の頃からの愛聴盤。
特に、ロザムンデの主題を用いた作品142の第3番変ロ長調がイイ。

初めて買ったLPはブレンデルの旧盤。LPジャケットの袋はミノヤとあるので、所沢の駅前商店街で買ったものだろう(さて、今はミノヤというショップははあるのかな)。
その後エッシェンバッハやルプー、ペライア、内田光子、ブレンデルの再録音盤などを聴いたが、結局このブレンデルの旧盤に戻ってしまう。ルプーやエッシェンバッハ、内田の即興曲集もとてもよかったのだが、懐かしさ半分、ブレンデルの旧盤を聴くとホッとするところがある。

ブレンデルの演奏はいつも誠実で真摯。考え抜かれた末の演奏という感じ。ライヴ風の、まさに即興的なノリの演奏もいいのだろうが、熟考を重ねた大人の風格が漂うブレンデルの演奏、ボクは好きだなぁ。

音色はホンマに綺麗。いくらかベージュのかかった白、肌色混じりの純白というか・・・・。真っ白な中にいくらか人肌の混じる白さ・・・・そんな音色。
暖かく穏やかで、しっとりと落ち着いている音色。この音こそブレンデル。

演奏も同様、いたって穏和で、絶叫しないのがシューベルト的でイイ。
シューベルトは気の弱い青年だったいうが(そして、青年のまま死んでいった)、ブレンデルのピアノには、そういう弱さがよく表出されていると思う。
大声を出さずに、内面に向かって徐々に沈潜してゆく音楽。そして全編、歌謡的な旋律が流れて、構成感には乏しい音楽。でも限りなく美しく、デリケートな音楽。シューベルトのピアノ曲は、さり気なく美しい。

若い頃、ブレンデルのピアノでシューベルトのピアノ曲に出会ったのは幸運だったと思う。だって、シューベルトが大好きになれたから。

さて、この即興曲集、どこから聴いてもブレンデルの音楽そのものなのだが、やはり親しめるのは、初めに書いたように作品143の第3番かな。
流れるような変奏曲の中から知的な風貌のシューベルトが顔を出す。ブレンデルらしい端正な表情がとてもイイ。ピアノの音色も言うことなし。透明な響きがどこまでも美しい。やや抑えられた抒情が静かに漂ってくる。
激情的な演奏ではない、透きとおった哀しみが伝わってくる感じ。


ブレンデルのピアノで聴くシューベルト、ソナタもとても良いんですが、それはまた別の機会にでも。

蒸し暑い梅雨時、ブレンデルのピアノで気分が爽やかになりました。


AUTHOR: Verdi DATE: 07/04/2006 03:17:34 こんにちは!

 丁度同じCDをこの間書いていたもので、トラックバックさせて頂きました。

 ブレンデル、いいですよね。私は、フィッシャー=ディースカウとの「冬の旅」での
演奏から知ったのですが、丁度来日公演を聞く機会があったりして、引き込まれて
いきました。
 シューベルトに限らず、とてもいいナビゲーター役になってくれました。
スポンサーサイト

コメント

>吉田 様
こんばんは。コメントを有り難うございました。
ブレンデルのシューベルト即興曲、LP時代からの愛聴盤です。僕はこの中の「ロザムンデ」の曲が好きで、心やすまります。
今年で引退とのことなんですが、なんとも寂しいです。
「楽興の時」もエエですね。

こんにちは。

シューベルトの音楽、最近になって少しずつ「いいな・・」と思うようになりました。
若い頃はチャイコフスキーやマーラーなんかのように派手な音楽がこのみでしたが(今も若いつもりではいるけれど)、だんだんモーツアルト、シューベルト、シューマンあたりが心の琴に触れるようになって来ました。

ブレンデルの引退は寂しいです。人は年をとるのですね。

>ニョッキ 様
おはようございます。TBを有り難うございました。
ブレンデルも引退ですね。時代は変わりました。
大好きだった演奏家が亡くなり、また引退していきます。聴き手もトシをとったということでしょうか・・・・・。
少し寂しいですが、手元のディスクで楽しみたいと思います。

ブレンデルのシューベルト即興曲集(6/16)

PING:
BLOG NAME
F.シューベルト 即興曲集 op.90 D.899 / 同 op.142 D.935 / 16のドイツ舞曲集 op.33 D.783
 アルフレート・ブレンデル(p)
PHILIPS UCCP-7042
 次々行きます。10日も寝かせっ放しだったし(笑)
 ブレンデルのシューベルトは定評があります。昔からブレンデルはシューベルトをレパートリーにしているし、全集並みの録音集も2度入れています。この演奏は初回、1970年代のものですが、そのあと...

クラシックCD紹介その329(シューベルト 4つの即興曲D.899)

PING:
BLOG NAME
気持ちよく晴れた週末。
今日は朝から秋に入居予定のマンションのローン相談へ。
もうすぐ本申し込みのなのですが、どこの銀行も大差なく、どこでも良いかなぁ・・というのが本音です。ただ変動、長期、短期固定などのプランについては良く考えないといけません....

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。