スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリングのシューベルト歌曲集

今日は、クラシックのCDをめぐる哀しい話です。

また、近所の馴染みのショップが閉店します。
「マルワレコード」。

この店は、新居浜・西条で真面目にクラシック音楽を扱ってくれる数少ないレコード・ショップでした。しかし、この3月末で、新居浜店・西条店とも店を閉めるそうです。
2月1日から「閉店バーゲン」が始まりました。

クラシック音楽どころか、他のジャンルのCDの売り上げも激減しているそうです。
売れ筋のCDは限られているし、そもそも若者がCDを買わなくなってきているらしいし(レンタルで済ませているのか、あるいはケータイなどに金がかかりすぎて、余裕がないのか。そういえば、若い士は本も読まなくなっているそうじゃないか)、郊外型の大型書店でもCDを売るようになっているし(クラシック音楽などお義理で置いているとしか思えないほど貧相だが)、・・・・・など、諸般の理由が重なったらしいのだが、何とも寂しいことではある。

あぁ、もう少し買ってあげれば良かったなぁ。でも、国内盤は高いしなぁ・・・・・輸入盤のあの廉価を知ってしまうと、国内盤はよう買わんなぁ。

マルワレコードのバーゲンでは、せめて罪滅ぼしをと、沢山買ってしまおうと思っております。


今日のCDは、その大量購入の1枚。
エリー・アメリングのシューベルト歌曲集。
ソプラノはエリー・アメリング、ピアノ伴奏はダルトン・ボールドウィン、ルドルフ・ヤンセン。

ふくよかで優しい声の持ち主、アメリングは、いつ聴いても素晴らしい。
このCDは録音も素晴らしく、目の前でアメリングが歌ってくれるようだ。
ボールドウィンのピアノが中央やや左に、アメリングがやや右に定位する。ピアノの音色もアメリングの声に合わせているかのように、暖かく優しい音色で録られている。

いずれ名曲揃いなのだが、特に素晴らしいのは(好きなこともあるのだが)、「ます」、「夕映えの中で」、「野ばら」、「ロザムンデのロマンス」、「糸を紡ぐグレートヒェン」、「アヴェ・マリア」、「音楽に寄せて」、「春へのあこがれ」、「子守歌」。


「アヴェ・マリア」や「音楽に寄せて」など、しみじみと泣けます。
ああ、エエ歌やなぁ。涙出ます。

シューベルトの名曲をこれだけ網羅して、1000円。
(バーゲンだから500円!)
値段のことを云いたくはないが、しかし、この名演がこんな価格で購入できることこそボクらリスナーの幸福であり、CDショップの不幸なのかもしれません・・・・。

マルワレコード、軍資金を貯めて、また買いに行きます。




AUTHOR: ピースうさぎ URL: http://blog.goo.ne.jp/prabbit/ DATE: 02/09/2006 21:13:18 私も買いましたよ。アメリングのシューベルト。
柔らかな声で、いいですね。
彼女のマーラーも聴いてみたいですね。
スポンサーサイト

コメント

>Verdi 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
アメリングの歌曲集は懐かしいんです。LP3枚組でも持っているんです。1980年前後は絶好調でしたね。次々にフィリップスから歌曲集が発売されてましたっけ。

「音楽が以前ほど重要事じゃないんでしょう」・・・ホンマ同感です。すぐに忘れられてしまう音楽に金をかけない・・・・・何となく寂しい時代ですね。
レコード屋に廃業されてしまうと、実に困ります。ネットでも十分購入できますが、やはり、あの棚を眺めて、じっくり物色する楽しみは何物にも代え難く・・・・(^^ゞ。

こんにちは。クラシックを扱ってくれるCDショップがほんとに少なくなりました。CD自体が末期症状?!今はDVDなのでしょうか、それともiTuneのようなネット販売なのでしょうか。いまだにLP/カセット/LD/8mmVideoが動作する環境の私は、浦島太郎になりそうです(^_^;)/
マリナーのブランデンブルグ協奏曲集、1枚だけ持っています。それがなんと、第1番第4番まで。チェンバロ協奏曲ふうの第5番とヴィオラ・ダ・ガンバの活躍する第6番をぜひ入手したいと思っていますが、なかなか御縁がありません。

あらら、コメントを付けるところを間違いました。

>narkejp 様
今晩は。コメントを有り難うございました。
CDショップでのクラシックの扱いは寂しい限りですね。まともにクラシック音楽を扱うレコード店は、愛媛のような田舎では数えるほどになってしまいました。

ところでボクは、LPとVHSは今も大切にしています。カセットテープは愛機・SONYの555が不調なこともあって諦めました。CDはどうなるんでしょう・・・・?

マリナーのブランデンブルク協奏曲は大家の即興的な演奏が楽しめて面白いです。最近は古楽器ばかりになりましたので、こういうブランデンブルク協奏曲も良いんじゃないかと思っています。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。