スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スウィトナーのドヴォルザーク 交響曲第8番ト長調

大学の後輩達が、遂に宿願の全国制覇!
朗報でありました。
雨中の激闘を制しての、優勝まですべて完勝だったとのこと。
ようやった。ホンマに頑張ったなぁ。嬉しいなぁ。わが恩師・大監督の笑顔が目に浮かぶ・・・・・。

大型台風が接近中であります。昨年の水害を思うと、恐ろしくなります。我が家は被害を受けなかったのですが、当地はホンマに大変でありました。雨戸を全部閉めて、備えております。

さて、そういうもろもろのことに関係なく・・・(^^ゞ、今日はドヴォルザークの交響曲第8番ト長調。
オトマール・スウィトナー指揮シュターツカペレ・ベルリンの演奏。1977年7月の録音。ドイツ・シャルプラッテンから出ていた廉価盤CD(1000円盤のはしりだった)。

第1楽章、序奏部の、深々としたチェロの音が素晴らしく、期待を持たせる開始。と思ったら、一気に加速、急激なテンポ。速い。この曲、こんなに速かったかなと記憶をたぐったが、思い出せない。演奏時間をいちいち確認したわけではないが、手持ちのドヴォ8ではおそらく最速。コーダの部分など、煽りに煽ってゆく激烈なテンポ。スウィトナーといえば、正統的で格調高い指揮者だと思っていたが(モーツァルトは速かったが、ベートーヴェンやシューベルトなど中庸のテンポで落ち着きもり非常に良かった)、この第1楽章はグイグイ進んでゆく。そうか、これ、アレグロ・コン・ブリオだった。

第2楽章は一転、ゆっくりと運んでゆく。アダージョだから当然か(^^ゞ。弦楽の音色が甘く穏やかで心地よい。ヴァイオリンはやや細めに聴こえる。金管群も活躍、ホルンのソロなど大変上手いし、音色も甘く落ち着いていてイイ。録音の加減もあるのだろうか、決して鮮烈であるとか、派手であるとか、そんなオーケストラの音ではないのだが、馥郁とした香りが漂ってくる演奏。

第3楽章。この楽章は、ドヴォルザークの個性丸出し。前の2つの楽章が、ブラームス的なつくりを感じさせるのだが、この楽章からドヴォルザークの無類のメロディ・メーカーぶりが発揮される。しなやかなヴァイオリンに、懐かしい響きを醸し出すチェロがとても良い。木管や金管の音もよく融けあって、この民謡風舞曲風の楽章を美しく彩ってゆく。スウィトナーの指揮はリズムがよく弾んで心地よいし、歌うべきところは、しっかり歌って期待を裏切らない。

終楽章、スウィトナーの指揮ぶりは、遅いところは遅く、速いところは速く、メリハリをはっきりつけてゆくもの。変奏曲の楽章だが、その変奏の特徴をクッキリ描き出そうと、テンポを揺らしてゆく。コーダの部分の劇速なテンポは、第1楽章と同じ。一気呵成に終結に持ってゆく。

ドヴォ8は、チェコののどかな田舎風景をイメージする交響曲だと思っていたのだが、スウィトナーの演奏でイメージ一新。
鮮烈とは云いがたいが、オケ全体がよく融けあった録音で非常に聴きやすい。


AUTHOR: みー太 URL: http://blog.goo.ne.jp/miita-cat/ DATE: 09/06/2005 19:48:17 mozart1889様 こんばんは。
いつも、お世話になっております。TBを頂き、ありがとうございます。
 先ずは、母校の優勝おめでとうございます。それと台風の方は、大丈夫ですか?
ところでスウィトナー氏のドボ8は、mozart1889様は素晴らしい演奏ですね。私は、
とてもmozart1889様のような良い耳ではないので、ただ良い演奏だと思うだけな
のですが、記事を拝見して今再び聴き直しております。

mozart1889様が、この演奏を取り上げて頂いたので嬉しい気持ちです。失礼します。
スポンサーサイト

コメント

>stonez 様
優勝祝い、恐縮です。
セルのはホンマに名演奏、決定盤の誉れ高いものだと思います。
スウィトナーのは、日頃冷静で落ち着いた指揮をする印象のあるスウィトナーが、ときおり、頭に血が上ったような演奏を聴かせてくれるところが面白いです。テンポの揺れなど、楽しめました。

はじめまして。
(TB送ったつもりでしたが届いてませんか?)
ある演奏を聴くことで、それまでの曲のイメージが一新する、
というのはよくわかる話です。
自分にとってドヴォルザークの8番は、
クーベリックによって新たな世界が開かれることになりました。

>朱 厚照 様
おはようございます。
初めまして。コメント&TBを有り難うございました。

スウィトナー盤のドヴォ8は大変面白く聴けました。ブラームスよりの交響曲に仕上げていると思います。立派な交響曲になっています。
クーベリック/BPOの演奏は熱気ムンムン、やる気十分の演奏だと思っています。カラヤン全盛期のBPOが、クーベリックに触発されて、ガンガン演奏しているのが印象的でした。

TBをたどって、朱さんのブログにもお邪魔させていただきたく思います。
TBは保存させていただきますね。よろしくお願いします。

スウィトナーの速度が速いというのは意外ですね。中庸の速度で響きを大切にしながらしっとりと、という予想だったのですが。やっぱり実際に聞いてみないとわからないものですね(^_^)/

>narkejp 様
おはようございます。
TB有り難うございました。
スウィトナーのドヴォ8は、速いです。気持ちが良いくらいです。この人の端正な指揮ぶりからは想像できない快速ぶりでした。面白かったです。

ドヴォルザーク/交響曲 第8番

PING:
BLOG NAME
このところ仕事が忙しくなってきました。そんなときの帰り道には、気分転換にどこか別の世界へ連れて行ってくれるような音楽を聴きたくなるものです。今日はそんな一曲です。 プラハ近郊ののどかな村。北には森が広がり、南には池のある谷間へと視界が開けています。そして..

■ ドヴォルザーク/交響曲第7番

PING:
BLOG NAME
ジョージ・セル指揮、クリーヴランド管弦楽団が送るドヴォルザークの交響曲第7番ニ短調!
GEORGE SZELL
DVORAK
演奏:クリーヴランド管弦楽団
指揮:ジョージ・セル
クリックしてね!
レコード
CBS SONY
SONC 10173ドヴォルザーク:
交響曲第7番ニ短調、作品70Side 1
第12楽章
Side 2
第34楽章
演奏:クリーヴランド管弦楽団
指揮:ジョージ・セル
勝手評】
★★★
30年程前に購入したドヴォルザーク...

■ ドヴォルザーク/交響曲第8番

PING:
BLOG NAME
ジョージ・セル指揮、クリーヴランド管弦楽団が送る、ドヴォルザークの交響曲第8番ト長調〈イギリス〉! 彼の故郷、ボヘミア地方の雰囲気を余すことなく表現した、曲想とサブタイトルとは全く関係のないことで有名な美しい曲!
GEORGE SZELL
DVORAK
演奏:クリーヴランド管弦楽団
指揮:ジョージ・セル
クリックしてね!
レコード
EMI
EAA-132ドヴォルザーク:
交響曲第8番ト長調〈イギリス〉作品88
スラブ舞曲第10番ホ短調、作品72の2
スラ...

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。