スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンディ作曲「フランス山人の歌による交響曲」 デュトワ/モントリオール響の演奏で

猛暑は続きます。
暑い日に、クラシック音楽を聴くのは辛いものですが、最近はエアコンなる便利な物が出来て有り難いですな。生来の貧乏性、「エアコンはもったいない」と思う中年オヤジでありますが、この暑さには勝てません。エアコンを入れつつ、クラシック音楽を聴いてます。

さて、夏に聴きたいクラシック。涼しい音楽がイイですな・そこで、今日はダンディのフランス山人の歌による交響曲。
演奏はシャルル・デュトワ指揮モントリオール交響楽団。ピアノはジャン・イヴ・ティボーデ。1989年10月録音のDECCA盤。

この交響曲は「セヴェンヌ交響曲」と呼ばれるように、フランス中部山岳地方の民謡を題材にした曲だが、この旋律が、爽やかで懐かしい響きで、全く美しい。高原の涼風のように、山から見下ろす田園風景のように、柔らかく優しいメロディ。一度聴いたら耳から離れなくなる美しさ。しかも循環形式をとっているので、3楽章すべてにこの旋律が顔を出す。
猛暑の中、こんな音楽をゆっくり聴くと、一服の清涼剤、一時の涼を得ることが出来ると思う。

第1楽章の冒頭、序奏部のイングリッシュ・ホルンが、民謡主題を心にしみとおるるように吹く。やがて、クラリネットやホルン、弦がそれを繰り返して、部屋中に高原の空気が充満してゆく。「ああ、エエなぁ・・・・爽快やなぁ」。
主部からはピアノが登場。このピアノがデリケートで美しい。音色に透明感があって、涼やか。管弦楽の中に溶け込んで、慎ましく和音を奏でるところなど、とっても綺麗。独走することがないのもイイ。
第2楽章は、ゆっくりと穏やかに進行する。ティボーテのピアノが装飾的に響いて、様々な管楽器が主題を吹いてゆく。ホルンもトランペットもニュアンス豊かだ。フルートなど絶品(これ、ティモシー・ハッチンズだろうか?)。
終楽章は一転してピアノ協奏曲的。ティボーテのピアノは軽やかでカツンと硬質な音色で進んでゆく。管弦楽も活気に満ちて、田園舞曲風。クライマックスでは、モントリオール響の巧さが際だつ。オケが巧い。

デュトワの指揮はいつもながらエレガントなもの。フォルティシモでも絶叫的にならず、常に余裕がある響きをつくってゆく。DECCAの録音も優秀なので、響きが固くなることはなく、各楽器を鮮明に捉えた(特に管楽器の響きが素晴らしい!)名録音。

今日はこのシンフォニーを2度繰り返して聴きました。30分かからない曲なので、ほぼ1時間程度。
カップリングはフランクの交響曲ニ短調。本来はこちらがメインであり、演奏も素晴らしいんですが、それについてはまたいずれ。


AUTHOR: ハチャトリアン DATE: 07/30/2005 20:26:51 このCDなぜか私には縁遠いのですよね。
もともとシベリウスファンの友人に、この曲このCDを薦められて買いに行けば廃盤。
先日もバラティの「アルプス交響曲」を注文するついでに、思い出して一緒に依頼しました。すると再販されてはいたのですが、現在はまた廃盤。
といううことで、このCDに固執していることもあって、まだこの曲を聴いたことが無いんですよね。
他の演奏でお薦めのものがあれば教えてください。
スポンサーサイト

コメント

>ハチャトリアン 様
おはようございます。日本は廃盤になるのが早いですよね(再販も早いですが^^;)。
ダンディのこの交響曲、ミュンシュ盤もエエそうです。一つ上でコメントされているromaniさんのエントリーがあります。ご参照下さい。
http://blog.goo.ne.jp/romani1988/e/b58158fa305e578c28073e6439330f1c

>romani 様
おはようございます。デュトワ/モントリオール響、なにをやってもまろやかで雰囲気豊かな演奏になります。このダンディの交響曲も、ニュアンスに富んだ名演だなと思います。管楽器、エエですよ。ピアノのティボーテも綺麗な音です。

>yurikamome122 様
おはようございます。暑い日々が続きますね。さぞや、都会は暑いでしょう。
ここのところ、涼しい音楽を求めて彷徨っております。ダンディのあとは、北欧の音楽にしようかしら・・・・・(^^ゞ。

ダンディ:「フランス山人の歌による交響曲」

PING:
BLOG NAME
今日は久々にゆったりした休日を過ごしています。
午前中テレビをつけたら世界水泳をやっていて、思わず最後まで観てしまいました。日本選手の皆さん、本当に頑張ってますねぇ。体格で劣る日本人選手が技術を磨き必死に泳いでいる姿、かつベストを尽くしてしっかり結果を出していることに大変感動しました。
その後は、年金関係の本(実はこれが私の本職なんです)を読みながら、久々にシゲティの無伴奏や大好きなシンディングのシンフォニーを聴きました。
そんな折、いつもお世話になっているmozart1889さんのブログで紹介さ...

ダンディー作曲、「フランス山人の歌による交響曲」

PING:
BLOG NAME
 とても爽やかで心地よい1日。普通に通る街の景色がとても魅力的。お昼休みが待ち遠しくて食べたあとは公園で昼寝。
 写真は、保土ヶ谷公園の中にある神奈川アートホール。ちょっと車を駐めて撮りました。ここは神奈川フィルの練習場でもあり、事務局もここにあります。
 明日は定期演奏会ですから、今日はきっと練習をしていることでしょう。
 神奈川フィルは、よくリハーサルを公開していますが、時間があれば本当は覗いてみたいけど。
 近くの桜の木の下では、お母さんたちが子供と花と戯れています。
 今日の1...

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。