スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クーベリック/VPOのベートーヴェン 交響曲第7番イ長調

高校2年の次男が、北海道への修学旅行から帰ってきました。
伊予路の高校生の修学旅行といえば、以前は東京一辺倒だったものですが、最近は生徒の希望に合わせて、北海道や沖縄、韓国や上海、シンガポールまで・・・・。いやはや贅沢なものであります。
で、土産が定番のタラバ。これは旨かった。随分高かったろう。他にも沢山の土産を買ってきていたので、家内はだいぶ散財したのではないかと心配しておりました。
なぁに、欲しいものをとことん買ってしまうのは遺伝子の働き、仕方あるまい。ワシなど出張のたびにCDを山ほど買い込んで来るではないかと、納得させましたが。

さて、カニを食って元気が出たところで、今日はクーベリックのベートーヴェン交響曲全集から、ウィーン・フィルとの7番。1974年9月の録音。

クーベリックの「ベト7」には、1970年頃に手兵のバイエルン放送響と録音したレコードがある(グラモフォン・スペシャルという1300円の廉価盤で所持している)が、このウィーン・フィル盤は、9曲のベートーヴェンの交響曲をすべて違うオケで録音しようというDGの企画物の1枚。
この全集は、オケの違いはもちろん楽しいのだが、クーベリック唯一のベートーヴェン全集として貴重だと思うし、愛聴盤でもある。
パリ管との田園、ボストンとの運命など、大好きな演奏もある。

これはレコードで初め購入した。御茶ノ水のディスク・ユニオンだったと思う、中古盤でも8000円もした。高かった。高いからと云うわけではないが、よく聴いた。その後、5年ほど前に同じく中古盤でCDを見つけ、買い直した。CDの方が聴きやすい音になっていると思う。

で、演奏はと言うと・・・・・・。
第1楽章から堂々とした演奏。テンポはゆったりとして、恰幅の良い、王者の歩みだ。さすがにウィーン・フィル、瑞々しい弦と明るめの管楽器が美しいアンサンブルを聴かせてくれる。
第2楽章の悲痛な響きも極上。もちろん、クーベリックのこと、情緒纏綿・お涙頂戴の愁嘆場になるようなことはなく、聴き手に迫る哀しみはもっとさりげなく、高貴だ。
第3楽章、たたみかけるような迫力が素晴らしい。ここでもテンポは堂々としたもの。性急になることがなく、安定感抜群。いわゆる爆演系ではなく、正統的・伝統的な演奏だと思うが、硬直していることはない。ウィーン・フィルだからか。
終楽章は、ヴァイオリンの両翼配置が効いて、第1・第2ヴァイオリンの掛け合いが楽しめる。ベートーヴェンやマーラーについては、オケの両翼配置の方が楽しめると思うのだが、この終楽章などはその典型だろう。クーベリックはここでも王者の歩み、正々堂々、貫禄十分の行進を見せつつ終結する。
聴き手は満足感一杯。

ああ、ベートーヴェンを聴いたなあ、という実感で喜びに浸れる1枚であります。


AUTHOR: ensemble EMAIL: ensemble@janis.or.jp URL: http://ensemble.ameblo.jp DATE: 07/10/2005 09:45:43 おはようございます。
私もずいぶんと何回も聴いた盤ですね。懐かしい…
当方のサーバー(アマゾン)が不調の際は恐縮なことでした。
ようやく復調したようです。またよろしくお願いいたします。
エキサイトでも深刻な漏洩が有ったとかで社長が謝罪していますね。
いろいろ大変ですが、こちらは軽くて良いですね。
スポンサーサイト

コメント

ちょうど6番を聞きながらblogをみてたら
このジャッケトをありました
本当に私もよく聞きました
愛聴版です

>take3 様
こんにちは。コメント有り難うございました。
6番というと「田園」ですか?
クーベリックとパリ管との演奏、ヴァイオリンが両翼配置なので、掛け合いが楽しめますね。管楽器も巧いですし、これ、隠れ名盤だとボクは思ってます(^-^)。

こんにちは。

私にも馴染みの盤なので、ついお邪魔しました。
最初にLPで購入し、CDで買いなおしました。

一曲ずつ丁寧に聴いた、懐かしいセットです。
7番の1楽章後半の、結晶のような響きに身震いしたものです。

バイエルンとの旧盤もいいですね。

クーベリックの来日時(1975年)、生でこの曲を聴きました。
楽章間のインターバルをほとんどとらず、アタッカで突き進みました。
アンコールのスラヴ舞曲15番で、ついに涙ポロポロになった、思い出のコンサートでした。(名古屋公演)


>りゅう 様
こんにちは。コメント有り難うございました。
やはりLPからCDに買い直したですか。これ、大事にしたいベートーヴェン全集ですよね。75年の来日演奏を聴かれたなんて、羨ましいです。終楽章へはアタッカでしたか・・・。う~ん・・・エエなぁ・・・素晴らしい実演体験、羨ましいです(^-^)。

再度、失礼します。

アタッカはですね、全楽章を通してでしたよ。
仰天の集中力でした。
鬼気迫る、けれども暖かく美しい音があふれるコンサートでした。

>りゅう 様
失礼しました。アタッカが全編ですか。恐れ入りました。
クーベリックはやはりすごいです。

こんばんは、私のブログへコメント&TBどうもありがとうございました!
私も大好きなベト7ですが、クーベリック指揮による演奏は聴いていませんでした。迫力の演奏とのこと、非常に気になります。しかも、特に気になったのが、第1、第2ヴァイオリンの両翼配置による掛け合いです。こういう曲だからこそ、盛り上がるでしょうね!早くも聴いてみたくなってきました。

無事、帰国しました。
またよろしくお願いします。

しかし、ここのブログはやばいです。
CDを次々と買いたくなってしまう^^

クーベリックのベートーベンは自分はまだ聴いたことがないんですよ。
やばいっす^^
しかし、オペラのDVDもほしいし。

>夢騎士 様
おかえりなさい。ご無事で何よりです。
クーベリックの全集、輸入盤では5000円程度になっていると思われます。9つのオーケストラを振り分けてますので、それを聴き比べる楽しみもあってエエですよ(^-^)。

ベートーヴェン/交響曲 第7番

PING:
BLOG NAME
かのリストさんが「リズムの神化」と言ったベートーヴェンの交響曲 第7番。この曲はきっとコンサートでは盛り上がるでしょう。CDだけじゃなくて、生演奏を聴きに行きたいと強烈に思わせる一曲です...

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。