スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイドンの交響曲第100番 ト長調「軍隊」 マリナー/アカデミー室内管

ハイドンの交響曲第100番 ト長調「軍隊」。
ネヴィル・マリナー指揮アカデミー室内管の演奏。
1980年の録音。フィリップス盤のLP。

さて、今日もハイドン、そしてマリナー/ASMFであります。
このコンビのハイドンも良かった。スッキリ爽快な演奏は、いかにもハイドンに相応しかったなぁと思う。

第1楽章からして何とも爽やかな演奏。ASMFの響きが清々しく、突き抜けるように冴え渡る。またマリナーの指揮がキビキビとしていて、とてもリズミカル。音楽がよく弾んで、心地よい。そして音楽の流れは淀みなく大変スムーズ。これは聴いていて快感。
ハイドンの音楽って、こんなに気持ちいいんだと改めて思った次第。

第2楽章はハイドンらしい優美典雅なアレグレット。鼓笛隊の響きに軍隊ラッパも楽しい。この演奏では、それがまたフレッシュで実にカッコイイ。

第3楽章はメヌエット(モデラート)。
オケのバランスが良く、アンサンブルも極上。音楽がここでもよく弾んで、楽しいメヌエットになっている。心が暖まるような、明るくなるような演奏で、イキイキと流れてゆく。

フィナーレはプレスト。溌剌として明朗な音楽が展開する。快活なリズムはASMFらしいところ。ただし速くなりすぎたり激したりはしない。そこが、マリナーの良いところだろう。

録音状態は上々です。
響きが爽やかで、豊かな音楽が部屋全体に広がります。
さすがにフィリップス、残響までも美しいのです。


さて、この数日、四国はポカポカ陽気でありました。
立春から、一気に春めいてきた感があります。近所の畑で伊予柑を見つけました。ああ、毎年恒例、そろそろ伊予柑を埼玉の旧友に送ってやる季節が来ました。
川越に住む旧友は毎秋川越の芋を送ってくれるのです。だから、この時期には旨い甘い伊予柑を。

ところで、アクセス件数が週に1~2回ほど異常値を示します。昨日がそれでありまして、2000件を超えます。ふだんはだいたい900前後なんですが、こりゃ何なんでしょう。
どうぞ読まれている方は手を挙げてください・・・・・・・・なぁんて(笑)。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。