スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J・S・バッハの管弦楽組曲第1番 ハ長調 BWV1066 マリナー/アカデミー室内管

四国は春の陽気、天気情報によれば3月中旬の気温だったようです。
確かに日差しが強くなってきました。
結局今年は暖冬、このまま暖かくなってゆくのかもしれません。

さて、今日はバッハです。

J・S・バッハの管弦楽組曲第1番 ハ長調 BWV1066。
ネヴィル・マリナー指揮アカデミー室内管の演奏。
1978年1月、ロンドンでの録音。懐かしい、古いフィリップス盤2枚組LPから。当時はこれでも廉価盤でした。2枚組3,000円。

ネヴィル・マリナーのレパートリーは広大で、ディスコグラフィーはもう夥しいほど。バロックから現代音楽まで何でもござれ。演奏は聴きやすくスッキリと爽快、実に新鮮な響き。リズムはよく弾み、ワクワクするような快適さがあるのだが、決してハメを外すことなく、ハチャメチャなところまでは行かず、グッと踏みとどまってスタイリッシュに仕上げてゆくのは、さすがに「サー」の称号、英国紳士の嗜みか。

そんな何でも屋のマリナーだが、やはり本領はバッハや同時期のバロック音楽ではなかったかと思う。古楽器演奏が当たり前の現在、マリナー/ASMFなどの古い団体のやり方は流行らないのだろうが、しかし、一時期、マリナーは時代の最先端を行っていたと思う。そして僕は往時の録音を取りだして懐かしく思うとともに、やはりこの演奏は快適でフレッシュな演奏だなぁとつくづく思うのであります。

マリナー/ASMFは、バッハの管弦楽組曲をDECCA、フィリップス、EMIでそれぞれ録音している。合計3回。
今日聴いているのは、そのうちの2度目、1978年の録音、フィリップス原盤のもの。ということは、ホグウッドやピノック、ガーディナーなどイギリスの古楽器演奏が大いに盛り上がってゆく頃のもので、当時からすでにちと古いタイプの演奏と云われていたものだった。

響きは今の耳で聴くとやや厚ぼったいのだが、演奏はリズム感に溢れ、バッハを演奏する愉悦に満ちている。
マリナーのバッハは、しんねりむっつりした顔ではなく、実に明るく楽しそうな表情で聴き手の前に現れる。そこがイイ。
テンポは颯爽としていて、(それでも今の耳だとやや鈍重か)、各楽器とも上質な響きでバッハのハ長調を奏でてゆく。
弦楽アンサンブルは最高だし、絡んでくる管楽器がまた上手い。豊麗でいて上品、高貴な感じさえする名演と思う。

録音はアナログ最末期の素晴らしいものです。
LPで聴くから余計にいいんでしょうか。柔らかく包み込むような音響にしびれます。
楽器の定位、左右前後の広がりとも申し分ありません。
安心して音楽に身を任せられる優秀録音と思います。、


AUTHOR: HABABI DATE: 02/07/2009 05:04:38 おはようございます。
マリナーのバッハ、いい演奏のご紹介、ありがとうございます。我が家にあるのは、サーストン・ダートが参加している1回目の1970年録音の方です。1~2年前に中古LPで入手したのですが、ほとんど忘れていました。この曲、バッハのオリジナルの楽譜が揃っていないらしく、演奏者がいろいろ工夫するようなことを解説に書いてあります。
古楽器によるその響きや独特の奏法の演奏も素敵ですが、時間を掛けて演奏表現に幅を広げるよう改良されて来た現代の楽器による演奏も、やはり素晴らしいと思います。でも、そんなことは忘れて、この組曲において軽快なリズムに乗って楽器間で対話している様子を聴いて、今更ながらバッハの音楽っていいな、と思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。