スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイドンの交響曲第102番 変ロ長調 ヨッフム/ロンドン・フィル

さて、ハイドン・イヤーであります。

激安化されたドラティによる交響曲全集なども発売されたようで、レビューなども読めるようになりました。
もう手元に届いて聴いていらっしゃる方も多いんでしょう。
僕はまだクリックしておりません。とりあえず手元のハイドンを消化してからでも遅くはないかなと思っているのです。
(でも、やはり物欲抑え難し。ドラティ全集、欲しいですねえ・・・・・)

ハイドンの交響曲第102番 変ロ長調。
オイゲン・ヨッフム指揮ロンドン・フィルの演奏。
1971年10月、ロンドンのアッセンブリー・ホールでの録音。DG盤。

ハイドンは朝に聴くのがイイ。
元気が出てくる。さあ今日も一日、仕事頑張るぞと。

または、日曜日の昼下がりにのんびり聴くのもイイ。
「パパ・ハイドン」の大らかさで、聴き手は幸福な気持ちになれる。こんなに良い音楽を聴ける贅沢。大昔の王侯貴族にも匹敵するこれは楽しみじゃないか。感謝感謝。

さて、イギリスのオーケストラはハイドンが上手。各方面で云われていることだが、ホンマに巧いもんだなぁと思う。弾き慣れているんだろうなぁ。そしておそらく「自分たちに音楽」という誇りがあるんだろう。

ヨッフムの指揮は元気いっぱいで、スケール大きく、明朗なハイドンをつくってゆく。楽器を気持ちよく鳴らせて、味わいは大らか。奏者たちには「遠慮せんとエエからどんどにゃれ」・・・・・と云っているかのよう。全く精力的で、明朗快活、胸のすくハイドンと云えると思う。

この交響曲第102番は、ロンドン・セットの中でもあまり目立たない交響曲になるのかな。ニックネームがないので、なかなか聴かれないのかもしれない。
特に見事なのは第2楽章アダージョ。弦の音が厚く、たっぷりとした音が良い。ハイドンの包容力を表しているかのようだ。
第3楽章のメヌエットはいかにもハイドンだし、フィナーレは骨格よく逞しい。

ヨッフム盤の録音状態は、少し高音がきつく腰が軽い音がするのが惜しい。
音場の広がりや奥行きなどは十分なのだが、やや高音がきゃんつく感じ。低音の豊かさや残響のふっくらした感じがあればもっと良かったのに・・・・・。


先日、CANONのEOS X2 Wズームキット を入手しまして、このごろは音楽を聴く時間よりもカメラを弄る時間が増えました。
今日の画像は、妻の手芸品。フラワー・アレンジメントです。ちと恥ずかしいですが。


AUTHOR: ニョッキ URL: http://blog.livedoor.jp/watahiroxp/ DATE: 02/03/2009 08:25:15 おはようございます。

ドラティのハイドン全集、先日買ってしまいました。
「なるべく無駄遣いをしない」
と誓った2009年ですが、CDに関しては無理そうです(笑)

まだ2枚(1~9番)しか聴いてませんが、初期の作品から素晴らしいですね。

奥様のフラワーアレンジメント、素敵です。
うちの相方も一時期習ってたようですが最近はさっぱりです・・・。







スポンサーサイト

コメント

こんばんは
私、このヨッフムの演奏録音、CD4枚の「ロンドン」セットで持っています。爽やかな演奏、録音だと思います。102番、確かにヴァイオリン群の音が強めに出て、中域が薄めのように響きます。キツイというほどではありませんが、再生装置との組み合わせ具合では、気になるかもしれません。この第102番、本音を言えば、すごく聴きたくなる曲...ではないカモ。

>ニョッキ 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
そうですか、ドラティ全集ご購入ですか。良さそうですねえ。僕は2枚組の交響曲集を持っているんですが、是非、全集で揃えておきたいと思いつつ、今のところ様子見です。ニョッキさんのエントリー、また読ませて下さい(^^)V

このごろ、写真を撮るのを楽しみにしております。
妻と母は華道をしてますので、花が一杯あります。お褒めに与り、恐縮です。

>まじっくばすーん 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
ヨッフムのリハーサルの話、面白いですね。いや、納得できるエピソードでした。ブルックナーの実演盤などを聴いていると、初めはアンサンブルがグチャグチャなのに、ラストの方になるとものすごく熱く盛り上がってゆくことが殆どでしたから・・・・・・。ヨッフムの実演は凄いなぁと感心しきりです。
スタジオ録音盤では、その片鱗があまり伺えないのが少し残念ですが。

時の鐘、懐かしく拝見しました。僕は埼玉県入間市の生まれ、高校は川越、大学は東京、結婚して四国在住23年でありまして、エセ四国人なのであります。ただし、長く住み着くと伊予弁が巧くなりまして、このごろは「テメエ、コノヤロー」という関東弁が出なくなってしまいました(^^ゞ

>HABABI 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
僕もHABABIさんと同じロンドン・セットで聴いています。良い演奏と思います。ヨッフム、僕は好きなんです。
ただ、他のロンドン・セット(C・デイヴィスやマリナー、ヘルビッヒ、ブリュッヘン、ドラティ・・・・)などと比べると、録音が少し硬い、高音がキツイ、やや乾き気味かなぁ・・・・と感じております。演奏が良いだけに、DGの録音がもう一歩だったとちと残念に思っております。
ただ、機器との相性、聴き手の体調の具合でも音は変わりますので、あまり気にしないようにはしているんですが。

102番の交響曲、しょっちゅう聴きたい交響曲ではないですよね(^。^)。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。