スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーツァルトのピアノ協奏曲第21番 ハ長調 K.467 アシュケナージ(Pfと指揮)

2月になりました。久しぶりの更新です。

モーツァルトのピアノ協奏曲第21番 ハ長調 K.467。
ウラディーミル・アシュケナージのピアノと指揮、フィルハーモニア管の演奏。
1977年12月、ロンドンでの録音。DECCA盤。国内発売はキング・レコード。懐かしいLPであります。画像は帯付きのLPです。
僕はLP時代は帯を外すのが面倒だったのでそのまま、CD時代になると帯を保存するのが面倒なので捨ててしまっております。あ、CD時代初期のロンドンやDGはシール状だったので、これは剥がすのが面倒なのでそのまんま・・・・です。

アナログ末期の優秀録音。音が爽やかで柔らかく、耳当たりがとても清々しい。
アシュケナージのピアノは大変クリアに録られていて、オケとの融け合いも見事。残響、音の広がり・スケール感も素晴らしく、聴いていて至福の境地になる。やっぱり、アナログはエエなぁ。

第1楽章からもうアシュケナージの見事なピアニズムにウットリ。美しいピアノの音、カレの音はブルー系、クリスタルのような透明感が素晴らしく、聴いていて実に爽快。モーツァルト独特の装飾音も沢山あって、楽しく聴ける。
カデンツァは優美で鮮やか。アシュケナージのテクニック満載で楽しいことこの上なし。
アシュケナージは実演で聴くと大したことがないという評を見かけるのだが、いやあ、レコードで聴く分には、ホンマに巧いなぁと感心する。まあ、この人は何でも上手に弾いてしまう万能選手で模範的と云ってもいいくらいの演奏をする人だから、スペシャリスト好みや爆演系好きの人には嫌われるのかな。それに、この国の通と称される人は音楽以上のもの(例えば精神性という得体の知れない部分とかね)を好む人が多いので、演奏評になると悪く書かれてしまうのかも・・・・・。

ワタクシはド素人ミーハー大衆ノーテンキ路線派ですので、エエ、もちろんアシュケナージ大好きでございます(笑)。

さて、第2楽章はこの演奏の白眉。典雅で暖かく、ムード音楽のような甘さ。
テンポもゆったりとしていて心地よく、ああ、これ砂糖菓子の甘さ、生クリームたっぷりのケーキの美味しさ。全く、蕩けてしまいそうな甘さ、美しさ、そして魅惑。
バックのフィルハーモニア管も素晴らしい。この第2楽章だけでも、この演奏を聴く値打ちありと見た。

フィナーレはめくるめくピアノ。奔放なラストまで、これぞモーツァルトと云うべきか。久しぶりのLPレコード、実に楽しく聴けました。


一週間のご無沙汰でした・・・というのは「ロッテ歌のアルバム」の玉置宏の名文句でありますが(古いですなぁ・・・笑)、いやはやこの1週間はインフルエンザで寝ておりました。5年ぶりにインフルエンザに罹りました。ブログを始めてからは初めてです。
B型でしたのでタミフルが効き、発熱は38.5℃で済みましたが、それでも体中が痛くてしんどかったですなあ。仕事も2日間休みました。いや参りました。
この間、音楽を聴いてません。聴く気にもなりませんでした。つくづく、音楽を聴くのにも健康が大切なことなんやなぁと思いました。普段は健康そのもの、ノーテンキな生活を送っているワタクシですが、たまに病気になると、いやぁ健康の有り難さが身に染みます。

という訳で、体調戻りました。音楽も聴きました。取り出したのはモーツァルトでした。
やっぱり、モーツァルトはエエですね。
そして、クラシック音楽ってエエですね。


AUTHOR: 吉田 URL: http://beethoven.blog.shinobi.jp/ DATE: 02/01/2009 09:25:11 このLP、持っています。ジャケットも同じです懐かしい。
ワタシもド素人ノーテンキ派ですので、アシュケナージ好きですねえ。このモーツァルト集も何枚か聴きましたが、いずれもいい演奏です。

インフルエンザからの復活、なによりです。予防接種受けようか迷っています。
スポンサーサイト

コメント

インフルエンザ、たいへんでしたね。お見舞いを申し上げます。
>やっぱり、モーツァルトはエエですね。
>そして、クラシック音楽ってエエですね。
ほんとですね。健康でほどほどに生活でき、好きな音楽を聴くことができる幸せを感じます。
アシュケナージ、モーツァルトの協奏曲は持っておりませんが、ちょうど今、ベートーヴェンの初期のピアノソナタを聴いております。音の綺麗なピアニストですね。
おじんギャグで、コンピュータからウィルスをもらって風邪をひいた、という冗談を真に受ける人が実在した時代がありました。さすがに今はいないかと思いますが(^o^)/

ご無沙汰です。
インフルエンザでしたか。嫌ですね。そんな私も実は今インフルエンザの真っ最中です!(ネットでは感染しないでしょう・・・笑)。Aソ連型との診断でした。MAX39度を木曜夜に出して昨日までは夜になると熱がまだ上がります。会社を2日間しか休まれなかったはスゴイですね!私は感染の恐れがあるので、会社へはちゃんと治るまで出ない方がいいといわれました。インフルエンザ休暇ってないもんですかね。。。

私もアシュケナージのモーツァルトピアノ協奏曲は大好きです。全体がナントクリアーに演奏されてることか!。私は25番、26番「戴冠式」あたりが好きで良く聴きます。
もっとも一方でヴェーグの一連の演奏も大好きですが。

mozart1889さま

インフルエンザにかかってらっしゃったんですね。ご調子は大丈夫でしょうか?

自分も新年早々にA型にかかりました。予防接種してたのにね。
(そのかわりずいぶんと楽でしたけど)

アシュケナージ、自分も悪くないと思います。メータとのベートーベン協奏曲は愛聴盤です。

モーツアルトというと決まってハスキルやカザドシュばかりというのもねぇ。

しばらく更新されないなと思っていたらインフルエンザでしたか。2日だけのお休みとはすごいです。でも無理しないようにしてください。健康で好きな音楽を聴けるのは本当にありがたいですね。

こんばんは。

mozart1889さんが何日か更新されないので
「また出張にいかれたのかな・・」

と帰りを待ちわびてましたが、インフルエンザとは。

大変失礼しました。

音楽を食べて元気になって下さいね。

>吉田 様
こんばんは。コメントを有り難うございました。
おお、吉田さんもLPでしたか。僕はこのLPは新品で購入しております。当時は高価でありましたが、それだけに思い出深い演奏です。アシュケナージが好きだったんです。あの頃のアシュケナージの演奏はイイものが多かったですね。

インフルエンザ、ようやく回復です。トシをとると回復に時間がかかります(^^ゞ

>HABABI 様
こんばんは。コメントを有り難うございました。
インフルエンザ大流行の世間、HABABIさんもお気をつけ下さい。熱が上がるのはシンドイです。
さて、アシュケナージのモーツァルトは20番以降を愛聴しています。CDでの全集が出ていますので、いつか入手したいです。この人のベートーヴェンは愛聴盤です。協奏曲もソナタもエエですね。
おお、それにしてもさすがはHABABIさん、バックハウスの最初期のLPを揃えているとは、スゴイです。僕は廉価販売のCDでポツポツ聴いております(^。^)

>天ぬき 様
こんばんは。コメントを有り難うございました。
僕もインフルエンザの予防接種を受けていたんですが、情けないことに罹ってしまいました。家族では今のところ、僕だけであります。
天ぬきさんも年明けから大変なんですね。ご自愛下さい。なんてたって、健康あっての音楽であり、ドライブでしょうから。

さて、アシュケナージのモーツァルトは良い演奏でした。LP盤なんですが、僕はタスキもビニール袋もそのまんま残してます。このごろ袋が傷んできておりますので処分しております。

>narkejp 様
こんばんは。コメントを有り難うございました。
確かに健康あっての音楽嗜好でありまして、インフルエンザで唸っているときには、音楽を聴く気にはなりませんでした。元気がないと、楽しめないもんですねえ。身体が持ち直してから聴いたモーツァルト、良かったです。アシュケナージのピアノも実にエエです。
この人のベートーヴェン、ソナタも協奏曲も僕は愛聴してます。とにかく音が綺麗なピアニストですね。

コンピュータ・ウイルスのギャグ、昔ありましたねえ・・・・・・(笑)

>TATSUYA@ 様
こんばんは。コメントを有り難うございました。
インフルエンザA型は、タミフルが効かないそうですが、大丈夫ですか。僕は医者には「B型は今年は少数派、8割方はA型に罹っているんだが・・・・」と云われました。少数派だったのでタミフルが効いて、2日間の欠勤で済みました。仕事が立て込んでいる時期で、休めなかったのです・・・・・・・・。
しかし、音楽を聴く気にはなれませんでした。不思議ですねえ・・・・・元気・気力がないとなかなか音楽も聴けませんし、聴いても楽しくないです。
で、アシュケナージモーツァルトは、20番以降を愛聴してます。音が綺麗なのがエエですね。25番はギャラントですし、23番あたりはLP時代から大好きな演奏です。

>にこらす 様
こんばんは。コメントを有り難うございました。
アシュケナージの、メータとのベートーヴェン、良いですねえ。大好きな演奏で今も全集はLPで愛聴してます。ソフィエンザールでの録音が良く、今聴いても実にエエ音で再生されます。

今年は三男坊が大学受験なので、家族揃ってインフルエンザの予防接種を受けておりました。なのに罹ってしまって、情けないです。
でも、その分、罹っても楽だったのかもしれません。欠勤2日で済みました。

>よし 様
こんばんは。コメントを有り難うございました。
健康で音楽を聴けるのはホンマに有り難いと思いました。普段元気で生きておりますと、病気の時にその有り難みが分かります。
いや、ホンマにモーツァルトはエエです。しみじみ思いました。
だいぶ身体も持ち直しましたので、音楽を沢山聴きたいです(^。^)

>ニョッキ 様
こんばんは。こちらにもコメントを有り難うございました。
情けなくもインフルエンザでした。しかし、体調が悪いと音楽を聴く気にもなれません。寝床でiPodでも・・・・・と思ったんですが、よう聴きませんでした。
健康であることは、まこと有り難いことですね。
モーツァルトを聴いていて、しみじみ思いました。

インフルエンザとのこと、大変でしたね。
私は、タミフルが一般化しだした頃(7年くらい前ですか)A型に、その翌年にB型にかかりました。
服用後、翌朝には39度以上あった熱もほとんど下がり、凄い薬が出来たものだと感心したものです。3日くらい安静の医師の言いつけを守り、発病後4日目には出社できるまでに回復しました。
その頃は、タミフルはA型には効果が大きくB型には効果が小さいと言われていましたが最近はは逆なんですね。

アシュケナージのピアノ協奏曲、2台の協奏曲はバレンボイムとの共演でバレンボイムで全曲収集していた人はDECCAでの録音を購入したようですね。

>あるべりっひ 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
バレンボイムとの共演でしたか・・・・・となると、バレンボイム収集の人は大変だったですね。でも、アシュケナージの素晴らしいモーツァルを聴けるのだからエエかもしれませんね。

インフルエンザ、5年ぶりに罹りました。滅多に風邪も引かないんですが、今回は参りました。タミフルは効いたと思います。予防接種もしてありましたので、高熱は避けられました。体力の回復も早かったです。
あるべりっひさんは、以前にAもBも・・・・大変でしたね。まだまだ流行る季節、どうぞお気をつけ下さい。

こんばんは。歌のアルバム_懐かしいですなア。演歌・アイドル・ムード・ポップス_すべてを飲み込んだ「歌謡曲」という言葉が死語になっても、私たちの世代にとって、音楽体験のルーツの一部があの時代にあることは、紛れもない事実でしょう。ちなみに玉置サン、お元気なのかしら。さて、アシュケナージといえば、LP時代最も聴いたピアニスト_なにせ録音が多く、キングがバンバン廉価盤を出してくれましたから。持ち前の美音と華麗な技巧で広範なレパートリーをオーソドックスな解釈で奏でる_まさに優等生的演奏家、ショパン全集は不滅の金字塔ですね。ただし_というか、ゆえに「凄み」とか「驚嘆」といった面では物足りなさも拭えず、CD時代になってからは指揮活動に軸足を移したせいもあって、チト寂しいのは残念です。ではまた。

>shibera 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
「ロッテ歌のアルバム」と「大正テレビ寄席」は日曜日の楽しみでした。玉置宏に牧伸二・・・・懐かしいです。日曜日夕方は「シャボン玉ホリデー」でした。
さて、アシュケナージのピアノは優等生的、露骨な感じの演奏ではなかったので、爆演とは無縁でした。でも僕は好きだったです。音もDECCA録音で抜群でしたし、何より音が綺麗なピアニストでした。と、過去形で書くのも寂しいですが、DECCAには広大なレパートリーを残していますね。ショパン全集は金字塔でした。
最近の録音ではバッハの平均律が良かったです。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。