スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャイコフスキーの交響曲第2番 ハ短調 「小ロシア」 マリナー/アカデミー室内管

四国はこの冬一番の冷え込みで、水たまりにうっすらと氷が張っておりました。日中は風花も舞って、今朝起きてみると庭や屋根にはこれもうっすらと雪が見えます。
「寒」ですねえ。

寒いときには寒い地域の作曲家を・・・・・と思い、今日はチャイコフスキー。そうそう、昨日聴いたマリナー/ASMFの演奏のチャイコフスキーがあったなぁと思いだし、棚から引っ張り出してきました。
これ、話題にもならなかった全集でしょうが、演奏はなかなか上手いもんです。響きがスッキリしているのもエエんです。そして、やっぱりマリナー、英国紳士なんです。あまりロシア臭くなく、ソーダ水のように爽やかに仕上げていきます。

チャイコフスキーの交響曲第2番 ハ短調 作品17「小ロシア」。
ネヴィル・マリナー指揮アカデミー室内管の演奏。
1990年10月、ロンドンの聖ユダ教会での録音。カプリッチョ原盤の全集に所収。

アカデミー室内管は、この全集録音に当たって、メンバーを増員して演奏していると思われるが、この第2交響曲は、室内管でも十分な感じの交響曲。
若々しく爽やか、またノスタルジックな音楽なので、あまり編成が大きくない方がよろしいんじゃないか。

第1楽章のウクライナ民謡の綺麗なこと。さすがメロディ・メーカーのチャイコフスキー、この旋律には郷愁を誘われる。ああ、故郷が懐かしいなぁ・・・という想いがこみ上げて、涙が零れるほど。この楽章だけでも繰り返し聴きたいくらい。

第2楽章の行進曲も、やはりロシア~ウクライナ的な音楽。ここでも旋律が美しく、チャイコフスキーの才能がメロディにあったことが分かる。

第3楽章のスケルツォは舞曲風。チャイコフスキーのバレエ音楽を聴いているようで楽しい。そうそう、チャイコフスキーの音楽の面白さ・楽しさは、「交響曲でも踊れてしまう」ところ。

フィナーレはどんどん加速してゆく音楽。モデラートがアレグロ、そしてプレストへ。曲調も徐々に盛り上がって白熱してゆく。

マリナーの指揮は万人向けの職人芸と云うべきか。プレーンな設計であまり癖がないから、つい聴き流してしまいそう。
ASMFのアンサンブルは極上で、響きはとても爽やか。特に第1・2楽章がイイ。

録音は素晴らしいです。
音色、響き、音場が自然で、無理がないんです。
特に弦楽セクションの響きは心地よく、好録音と思います。
適度な残響も気持ちいいです。奥行き、左右への広がりとも良好であります。



AUTHOR: ひろはや DATE: 01/25/2009 08:08:44 おはようございます。
チャイコフスキーの交響曲第2番は、アバド/シカゴ響(1984)のCDがファーストチョイスでしたが、他にハイティンク/ACO(1977)、ロストロポーヴィチ/ロンドン・フィル(1976)、マゼール/VPO(1963-64)、カラヤン/BPO(1979)など時々の気分で聴いています。
各楽章のバランスが良くて、第4楽章に至るまでグイグイと聴き込んでしまいますね。好きな曲です。
今日は、最初にアバド/シカゴ響、そして今ハマっているNMLからマリス・ヤンソンス/オスロ・フィルを聴いているところです。
スポンサーサイト

コメント

>yokochan 様
コメント&TBを有り難うございました。
そうそう、マリナーのチャイコフスキー全集は激安価格でした。それで、HMVで購入したのでした。演奏はスッキリと爽やかで良かったですねえ。特に前半3曲が良かったと思っています。抒情的なところなど、さすがマリナーと思ったものでした。
これ話題にもならない演奏・全集なんでしょうが、結構エエですよと、他人様にお勧めしたいです。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。