スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シューベルトの即興曲集 D.899 ウィルヘルム・ケンプ(Pf)

この2日間、四国は冷たい雨が降っています。気温はやや低め、しかし雪にはなりません。
静かな雨の夜に、道行く車が時折しぶきを上げる音を聞きつつ、こんなCDを取り出しておりました。

シューベルトの即興曲集 D.899
ウィルヘルム・ケンプのピアノ独奏。
1965年3月、ドイツ・ハノーヴァーのベートーヴェンザールでの録音。DG盤。
ケンプのシューベルト・ピアノ作品集所収の1枚。

D.899の3が素晴らしい。変ト長調アンダンテで約7分の小品なのだが、何度でも聴き返したくなる名品。
ホンマに美しい旋律。心の中に染みとおるような、心の中にある懐かしい思い出をふと思い起こさせるような、しっとりと美しい旋律。

シューベルトは何と美しいメロディを書いたのだろう。柔らかく澄んだ空気の中を、静かにたゆたうように流れゆくメロディ。うっとりと、、夢見るように美しい。

老巨匠ケンプが、その佳品を慈しむように弾いてゆく。暖かい愛情がこぼれてきて、部屋いっぱいに優しい想いが満ちてゆくような演奏。そして音楽の表情が刻々と変化してゆく、デリカシーいっぱいの演奏でもある。音楽の表情(と言うか、聴き手の印象だな)が聴き進むにしたがって変化する名人芸的な演奏。
テクニックはもうさすがに衰えているのか知らんが、聴き手はその芸の世界に浸ってしまう。
若者が淡いロマンを抱いているようなところもあり、老人が過去を懐かしんでいるようなところもあり、ああケンプのシューベルトは何と詩情的で抒情的に響くことだろう。

この曲は慈愛といたわり、心の絆、そんなことを思わせる。
こんなささやかな曲なのに、これほどの感動がある。シューベルトは素晴らしい。
そしてケンプも。

録音はふつうです。
ピアノの音がやや細身で、透きとおるような感じです。DGでのケンプは、だいたいこういう音のようです。
少し乾き気味の音で、淡々と響きます。もう少し潤いがあってもエエかなと思うんですが、シューベルトの作品自体に潤い・独特の湿り気がありますので、こういう音づくりの方がいいのかもしれません。
40年も昔の録音としては聴きやすい音質と思います。


AUTHOR: ピョン次郎 DATE: 01/23/2009 19:18:56 こんばんは。

シューベルトの即興曲は、どれも旋律が美しく、夢見るような旋律や幻想的な旋律がとても魅力的なロマンあふれる曲集ですよね。

私はシューベルトの即興曲集は今回エントリーのケンプに加え、ブレンデル、ルプーを所有しております。ケンプの演奏はベートーヴェンやシューマンも好きですが、シューベルトの演奏はというと私的にはケンプが一番です。

またお邪魔します。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。