スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンテヴェルディのマドリガーレ集 コンソート・オヴ・ミュージック

三男坊が合唱部でありましたので、無伴奏の合唱曲を演奏会でよく聴かせてもらいました。アンサンブルを磨くのにはシンプルなマドリガーレ集などがエエそうです。(と息子が云っておりました)
今までは合唱曲など殆ど聴かなかったんですが、食わず嫌い改め、ちいと聴くようになりました。三男坊のおかげですかな。

で、美しい曲を。

モンテヴェルディのマドリガーレ集。
コンソート・オヴ・ミュージックの演奏。
1984年の録音。オワゾリール原盤の2枚組廉価盤CD。

四声のシンプルなマドリガーレ集。
清楚な響きと妙なる和声と云うべきか。メロディは素朴で美しい。
コンソート・オヴ・ミュージックのディクションが実に綺麗。

心洗われるような佳曲ばかりだが、これ、作曲年代は1603年というから、すでに400年も昔の音楽。日本で云えば、徳川家康が将軍就任、江戸三百年の開創期。そんな音楽が時と地域を越えて、我が部屋で鳴る。不思議な感じもする。

そして何と美しい音楽だろう、虚飾のない、人の声だけの美しさ。沢山無駄なものがひっついて肥大化してゆく後年の西洋音楽が嘘のよう。耳を澄ませていると、このマドリガーレ集の素朴な美が部屋中に広がって、心に響いてくる。ジワジワと感動がわき起こる。

録音がまた素晴らしいんです。
おそらく教会での録音、天井が非常に高いのが分かります。
それぞれの声が天井に伸びていって、やがて消えてゆく、その美しさ。これは感動的。快感であります。ダイナミック・レンジは広くないのに、この美しい余韻はたまらない魅力になります。
心に一杯ゴミがついたり、心がささくれた時には、こういう音楽がエエですぞい。


さて、センター試験は今日で2日目。
初日は日本史Bが昨年までと傾向が変わったこと、国語がやや難しかったことだそうであります。と、三男坊が言っておりました。(カレは文系であります)
今日は数学2つと理科、こちらの方が文系なのに得意なので、まあ何とかやるんでしょう。元気で受験できるのが何よりであります。
それに、きょうび、センター試験だの大学入試だの、ちいとピリピリするような緊張感や圧迫感でも味わってもらわないと、青春期の精神的成長の場面がなかなかありませんからねえ・・・・・。みんな、こんな経験をして大きくなってゆくわけですので、三男坊にも、十分にヒリヒリするような、逃げ出したくなるような緊迫感を正面から経験して欲しいもんです。



AUTHOR: narkejp EMAIL: narkejp@netscape.net URL: http://blog.goo.ne.jp/narkejp/ DATE: 01/18/2009 09:06:51 おはようございます。三男坊君の健闘をお祈りいたします。我が家は、オヤジはこちこちの理系、息子は文系、宮城谷昌光は息子から教えてもらいました。バロック期バロック期以前の合唱曲は、すてきな音楽が多いですね。当方もまったく不明な分野ですが、心洗われるような気がいたします(^_^)/
スポンサーサイト

コメント

こんにちは。
 モンテヴェルディのマドリガーレなど、バロック以前の音楽は、CD時代の恩恵を最も享受した音楽かも知れないですね。
 勿論それ以前からそうした音楽は演奏されてもきたし、聞かれてもいたけれど、デジタル化の恩恵で録音コストが下がったこと、雑音レベルの低減で聞く側にとって利便性が上がったことで、普及度が広まったと思います。
 このへんの録音も、丁度その恩恵を享けたものの一つかも知れないですね。実際、ユニバーサルの廉価盤シリーズに、かつてだったら入ってはこなかったでしょうから.....


モンテヴェルディの作品は、何故か昔から楽しんでいます。
コルボやマンローの録音で楽しんできました。
最近の演奏では、アレッサンドリーニとコンチェルト・イタリアーノによる一連のマドリガーレ集は一聴の価値があると思います。それに『聖母マリアの晩鐘』も聴き応えあります。しかし、演奏にちょっと角があるかも・・・。

古楽で思い出しました、今月、なんとしても出かけたい友人のコンサートがあります、東京目白のカテドラル教会。ジャスカン・デプレの作品とのこと・・・。彼は古楽声楽アンサンブルに所属しています。モンテヴェルディの『聖母マリアの晩鐘』のライブCDも出てます。
古楽には食いつきますよ・・・、『モンセラートの朱の本』とか。

すみません。
『聖母マリアの晩鐘』ではなく『聖母マリアの晩課』ですね。
なにを勘違いしているんでしょうか・・・。

>narkejp 様
こんばんは。コメントを有り難うございました。
センター試験は無事に終了しました。三男坊はどうも不本意な結果だったようですが、まあ息子も3人ともなりますと三者三様、三男坊なりにこれから何とかするんでしょう。
当方、オヤジはコテコテの文系、長男文系、次男がコテコテの理系、三男は理系の得意な文系(エセ文系?)であります。
すてきな合唱曲を教えてくれる分、三男坊は可愛いのです。

> neoros2019 様
こんばんは。コメント感謝です。
僕も、オワゾリールにコンソート・オヴ・ミュージックとなれば、昔懐かしいと云いますか、1980年代は非常に人気のあった団体・レーベルであって、そのくせ、僕は聴いてこなかった演奏でありました。
昨年、廉価盤CD2枚組で1,200円くらいだったでしょうか。初めて聴いて、その清澄さに感激しています。これ、エエですね。心洗われますね。
素朴な響きが心にスッと染みとおります。
ああ、僕も独ハルモニア・ムンディやブリリアントのバロックもの、家にあるんです。聴いてみなくちゃイカンですね。

>Verdi 様
こんばんは。コメントを有り難うございました。
ユニヴァーサルの廉価盤シリーズ、エエのがありますね。オワゾリール原盤のものや、コンソート・オヴ・ミュージックの演奏なども、ずいぶん入ってきているようです。有り難いなぁと思いつつ、これからバロックに親しんでみようと思います。
音もイイです。デジタル時代の恩恵ですかね。
こういうマイナーな曲も廉価盤で聴ける時代、有り難いと思います。

>あるべりっひ 様
こんばんは。いつもお世話になります。
あるべりっひさんは、バロックも詳しいんですね。僕はモンテヴェルディといえば、他には「聖母マリアの夕べの祈り」しか知らんのです。
コルボはフォーレのレクイエムしか聴きませんし、デイヴィッド・マンロウのLPは1枚あったかなぁ・・・という程度です。もっとバロック聴いてみなくちゃイカンですねえ。反省してます。
そのくらい、コンソート・オヴ・ミュージックの合唱は綺麗でした。

ああ、目白のカテドラル教会、その昔、学生時代に、よくその前を通リマした。椿山荘の近くだったですね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。