スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルックナーの交響曲第7番ホ長調 ジュリーニ/ウィーン・フィル

ここ数日の寒波で四国の連峰もすっかり雪化粧。朝の陽光に美しく映えております。
朝ジョグの楽しみは、この眺め。日の出の刻、太陽が差し込んでくるその瞬間の金色・銀色に輝く尾根は絶景であって、トコトコ独り走る淋しさを忘れさせてくれます。
ああ、こんなにエエ眺め、独り占めしてしもて申し訳ないなぁ。写真に撮っておきたいなぁと思いつつも、カメラを持って走っているわけもなし、お見せできないのが残念至極。
そんな眺めの中、頭に響いてくるのはブルックナーでありました。第7交響曲。この曲はアルプスの山々を思わせる名曲と思うんですが。

ブルックナーの交響曲第7番ホ長調。
カルロ・マリア・ジュリーニ指揮ウィーン・フィルの演奏。
1986年6月、ムジークフェラインザールでの収録。DG盤。

輝くようなウィーン・フィルの弦楽器群。特にヴァイオリンの高音の光彩は特別に美しい。そして、あでやかに木管が絡んで幸福な音楽をつくり出す。
ああ、なんて艶やかなオーケストラだろう。ブルックナーになると、ウィーン・フィルは特別だなぁ・・・・・。

その特徴は第1楽章のアレグロ・モデラートからナンボでも聴き取れる。
ゆったりとした落ち着いたテンポ。緩やかではあるが、後年のジュリーニのような遅さはない。
しなやかな歌が特徴的。これジュリーニの面目躍如。歌、歌、歌。ジュリーニのブルックナーは歌なんだ。フレーズの一つひとつが何とよく歌うことか。そして、その歌の中から宗教的と云ってもいいくらいの荘厳さが湧き上がってくる。

第2楽章のアダージョは、深い哀しみと敬虔な思いが込められた美しい演奏。
弦楽セクションの歌がことのほか美しい。響き、音色、余韻どれをとっても素晴らしく、聴いていて心が洗われてゆくようだ。

第3楽章とフィナーレは短い感じもするのだが、味わい深いもの。
終盤での金管の爆発はさすが。圧倒的な音響で、ウィーン・フィルのパワーが炸裂する。ここもカッコイイところ。

録音がこれまた素晴らしいんです。
ムジークフェラインザールの音響が自室で甦るような心地よさ。臨場感抜群。
ダイナミック・レンジは大きく、残響も自然な美しさ。
特にヴァイオリンの倍音が美しく、ウットリします。

エエ音で聴くブルックナーって、ホンマにエエですね。



AUTHOR: よんちゃん URL: http://shibashi.blogspot.com DATE: 01/15/2009 14:19:47 こんにちは。

僕はここ数日ブルックナーの7番をよく聞いていました。ヨッフム/アムステルダム・コンセルトへボウ管の来日ライブです。
この曲は本当に名曲ですね。しかも何度聞いても飽きない曲だと思います。

スポンサーサイト

コメント

>TATSUYA@ 様
こんばんは。コメントを有り難うございました。寒くなりました。スケートの季節、TATSUYAさんの季節ですね。頑張ってください。
ジュリーニ&VPOのブルックナーは僕大好きなんですよ。8番も9番もよく聴きました。あの時期のジュリーニがよくぞ7~9番を録音してくれたなと感謝したいくらいです。
そして、TATSUYAさんもヨッフムの来日盤ご推奨ですね。ヨッフムの実演は素晴らしかったです。僕は7番を聴いていないんですが、よんちゃんさんもご推薦、オケもACOとあれば、是非とも聴いてみなくちゃアカンですね。

おおっ、これは初出の時に入手した懐かしい演奏です。レコード券で買ったのですが、そのレコード券は、当時、民放FMでやってた「やわらかクラシック」(小澤征爾の弟氏がDJをしてたクラシック番組)のクイズ応募で当選したご褒美でした。当選者を読み上げるナレーション、まだカセットに入ってます。ということで、これは、とても思い出多い演奏なのですよ。20年ほど前のことです。・・・・すみません、演奏に全然触れなくて・・・。

>親父りゅう 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
「やわらかクラシック」、懐かしいですねえ。僕も時々聴いておりました。あの頃は、FM放送が大切なソースでありまして、新譜などは随分エアチェックしたもんです。レコード券が当たったとは羨ましいです。
僕はあまり当たった経験がないんですよ。一度、新譜紹介のレコード・コンサートで、クレーメル&マリナーのベートーヴェン・ヴァイオリン協奏曲の「シュニトケのカデンツァ」45回転ドーナツ盤・・・・・・これが当たったことがあります。今も大事に持ってます。あれって、嬉しいんですよねえ・・・・・(^。^)

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。