スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォーレの「マスクとベルガマスク」組曲 プラッソン/トゥールーズ・キャピトル管

気温が上がらず、風が冷たい冬の一日でした。
ジョギングしていても、向かい風ではなかなか前に進まない・・・・。しかし、その冷たい風が、汗だくの頬には気持ちよかったですな。鼻にツンと来る冷気は、厳冬期ならではです。この気持ちよさは、この時期にしか感じられません。これも季節感。ああ日本人。

さて、今日はフランス音楽を聴いてます。

フォーレの「マスクとベルガマスク」組曲。
ミッシェル・プラッソン指揮トゥールーズ・キャピトル管弦楽団の演奏。
テノール独唱はニコライ・ゲッダ。
1980年6月、トゥールーズでの録音。EMI盤。

「マスクとベルガマスク」組曲は、ヴェルレーヌの詩集「艶なる宴」をテクストにして、ルネ・フォーショワが舞台劇に完成させたものに、フォーレが音楽をつけた作品。
どうも、劇中で使用される楽曲の大部分は、フォーレが過去に作曲した管弦楽曲や合唱曲、歌曲を用いたらしく、新曲は2曲のみらしい。それでも組曲版は、いかにもフォーレらしい佳曲が続くので、ファンも多いんじゃないだろうか。僕は好きです。

さて、このCDはアンサンブル良好で、雰囲気豊かな演奏。プラッソンの採るテンポも中庸で聴きやすい仕上げ。音も実にフランス的。フォーレは、やはりフランスのオケで聴きたいと思う。管楽器の響きなど、雰囲気豊かでピッタリ。

第1曲は序曲。
何とも品の良い佳曲。胸が弾み、ワクワクするような感じ。爽やかな風が吹き抜けてゆく。サラサラとした淡い抒情もある。

第2曲はパストラール。
いかにもフォーレといった曲。上品で、声を少し潜めながら淡々とした語り口で音楽を綴ってゆく。ドイツ音楽のような理屈っぽくないのもイイ。サラッとした抒情はこの楽章も同じ。パステル画のようなパストラール。

第3曲はマドリガル。
美しく秘やかなコーラス。右手で歌う男声合唱は特に綺麗。アルトの透明な声も良い。ああ、フォーレの合唱曲ってエエですね。

ニコライ・ゲッダの声も実にイイが、ちとオペラティックに過ぎるかな。声が良いので、もう少し自然に歌って欲しいところ。

第5曲以降はメヌエット、月の光、ガヴォットと続く。
管楽器のアンサンブル良好で心地よい。「月の光」はメロディが美しく、ゲッダの高音も大変きれい。気品と慎ましさが同居する佳曲。

最後はパヴァーヌ。この曲だけ単独で演奏される機会が多い。哀愁漂う美しさ。一度聴いたら忘れられない美しい旋律。やはり、これ名曲。

録音は標準的でしょうか。鑑賞には差し支えありません。
EMIなのであまり期待できません。フランスのオケらしく、音が軽い感じ。
鼻にかかったような管楽器の音は、味わい深いです。音場は平面的なものの、左右の広がりなどはまずまずと思いました。


AUTHOR: kazu9410008 URL: http://blogs.yahoo.co.jp/kazu9410008 DATE: 01/12/2009 09:07:49 ごめんください。
こちらのCD、僕もたまにきいています。
完璧な演奏ではないかも知れませんが、霧に包まれたような独特の雰囲気が好きです。
昔はLPでこの録音をきいていました。
箱入りの3枚セットでけっこうな値段でした。
それがCDで再発売されているのを発見し、しかも値段が1000円程度とあって、入手したときは大喜びしました。

スポンサーサイト

コメント

> kazu9410008 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
昔は高価でした。LP3枚組など、なかなか買えませんでした。東芝EMIは廉価盤の組み物はあまり出していませんでしたしね・・・・・・。今はホンマにエエ時代になりました。
プラッソンのフランス音楽、僕は好きです。やはり、巧いもんですね。フォーレの管弦楽曲は、薄曇りのような雰囲気が好きでよく聴くんですが、この演奏もそんな感じ、佳曲と思います。

>ひろはや 様
おはようございます。いつもお世話になります。
「クラシック新定番100人100曲」、まだ読んでいないんですが、巷間話題ですね。入手したいのと思います。
ああ、ひろはやさんもNMLですか。ここにコメントをくださる方も何人かNMLに加入して楽しんでいるとのことでした。僕も興味があるんですが、まだ入っていないんです。1か月2,000円程度というのはいいですよねえ。
3月の人事異動で転勤があるかもしれないので、ちと様子見です。

>あるべりっひ 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
あるべりっひさんは、LP派でしたね。CD化は成功しているのかどうか分かりませんが、2枚組で1,000円程度でした。LPは、この時期の録音だとなかなか出てこないかもしれませんね。我が家のLPも1980年以降のものはあまり内ですし・・・・・・。
演奏は良かったです。プラッソンは巧いですね。スペシャリストだなぁと思います。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。