スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J・S・バッハの「コーヒー・カンタータ」BWV211 シュライアー/ベルリン室内管

元日は年頭の諸行事に加えて、年賀の親類・客人も多くバタバタしておりました。これはまあ一族の本家宗家ですので、仕方ありません。

空き時間にのんびり(でもないんですが)クラシック音楽を聴きます。
正月の柔らかい日差しにふさわしいのは、さて、バッハの世俗カンタータなんかでしょうか。明るく楽しく朗らかなカンタータがエエですね。

J・S・バッハの「そっと黙って、おしゃべりめさるな」(コーヒー・カンタータ) BWV211。
ペーター・シュライアー指揮ベルリン室内管の演奏。
独唱はテオ・アザム(Bs)、エディット・マティス(S)、そしてシュライアー(T)。
1975年、東ベルリンのキリスト教会での録音。アルヒーフ原盤だったと思うが、今はブリリアントから廉価盤で発売されているもの。

バッハの世俗カンタータの多くライプツィヒ時代に作曲されたという。
このコーヒー・カンタータは中でも名品。バッハはオペラを書かなかったので、この曲などは最もオペラティックな作品になるのだろう。父親と娘の掛け合いが実に楽しい作品と思う。
コーヒーの流行を示す典型的な作品で、独語不如意の僕にも「コーヒー(カヒーと聞こえる)」という言葉がよく分かる。さすが歌曲の名手名花マティス。発音が綺麗なんだろうなぁ。声質も透きとおるような清澄さで心地よい。この人の声はいつ聴いても爽やかで、プレーン・ヨーグルトのような味わい。純粋無垢の歌声が、心の中までしみ通って、聴き手を幸福にさせてくれる。

アダムもこのころは若々しく逞しい歌声。厳格な父親らしいところもあれば、暖かく包み込む父性の大らかさもあってイイ。

シュライアーは指揮も堅実だが歌唱でも活躍。立派なものだ。
この人の発音は全くきれいで、声の質も実に心地よい。マティスと同じ清澄感。誠実で癖のない歌い方も好ましい。バッハの声楽曲にはふさわしいと思う。

シュライアー&ベルリン室内管の演奏は実に整然としていて、いかにもドイツ風。堅牢で質素、中身がしっかり詰まっている感じの演奏であって、さすがと思う。ただ、リズム感がとても良くて、よく弾むせいだろうか、古い時代の伝統的ドイツ風重量感はない。現代的機能的な室内オーケストラなのだろう。

録音は教会の残響を巧く取り入れて、聴きやすい音になってます。
レンジを無理に広げずに録っている感じです。シュライアーやマティスの声がスーッと天井に伸びてゆく聴感は気持ちがイイです。
オケの音は少し硬めですが、これはドイツのオケの特質かもしれません。

さて、お正月の呑気さで、もう少し今日はバッハのカンタータを聴いてみましょうか。



AUTHOR: 丘 改め crest URL: http://ameblo.jp/crest-my7 DATE: 01/02/2009 09:46:29 新年おめでとうございます。本年も引き続き読ませていただきます。私も
クラシック復活を思い立ちましたが、さて・・・・。
シュライヤーのこの盤、LPで持っています。歌は勿論いいですが、オケの
伴奏がフォルスター/ベルリン・フィルやコレギウム・アウレウムに比べると平板に聞こえて味わいを欠く嫌いがあるかな、と。でもたまに聴くと却って
新鮮かもしれません。一度取り出してみましょう。
本年もよろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメント

>天ぬき 様
こんばんは。コメントを有り難うございました。
crestさんも仰っているフォルスター/BPO盤、初めて知りました。もちろん聴いたことがないんですが、なるほど録音がエエんですか。1960年といえば、もう50年も前なんですね。そのころのEMI盤はイイ録音が多いと思います。
どうも最近のEMIは我が家では相性が悪いんですが、昔のEMI盤はいい音で鳴ってくれます。
「コーヒー・カンタータ」でほのぼのとしました。結婚カンタータなども聴いてみたいと思います。

新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

今年はハイドンの年なんですね。
ニューイヤーコンサートでも取り上げれられていましたね。
告別を実際に観たのは初めてで、
こんな風になっているのかぁ、と思いました。

ハイドンの再発売、ホグウッドなんかも期待できそうですね。

>hsm 様
あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。
ニューイヤー・コンサート、ハイドンの部分、面白かったですね。僕も感心して観てました。
ハイドン・イヤーですと、そうそう、ホグウッドなども再発が期待できそうですね。僕は古楽器演奏のハイドンはあまり聴かないので興味があります。ブリュッヘンのは結構面白かったです。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。