スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘンデルの「メサイア」全曲 ガーディナー/イングリッシュ・バロック・ソロイスツ

冷え込みました。
そんな中、仕事納めで職場の大掃除、書類の大整理、たまっていた仕事の決済など、バタバタしておりました。帰宅時は道路が渋滞、ああ、師走年末、車が増えました。これから正月三が日まで、田舎は車と人口が増えるんです。他県ナンバーの車も沢山見かけました。

さて、年の瀬の音楽を聴いてます。

ヘンデルの「メサイア」全曲。
ジョン・エリオット・ガーディナー指揮イングリッシュ・バロック・ソロイスツ&モンテヴェルディ合唱団の演奏。
1982年11月、ロンドン、聖ジョンズ教会での録音。フィリップス原盤。

CD黎明期に発売されたもので、当初は超優秀録音として話題になったもの。オーディオ雑誌では絶賛、レコード雑誌では演奏が絶賛、高評価だったことを思い出す。価格も当時なので、高かった・・・・・(T.T)。
確かに今聴いても、ホンマにエエ音。音場空間の美しさが際だつ。教会特有の残響がウットリするほど綺麗で、暖かく音楽が広がってゆくさまは全く心地よい。フィリップスの録音は概して良いものが多いのだが、このCDなどは名録音と云って良いだろう。

ヘンデルの音楽は明るく屈託のない大らかさが魅力。これは作曲家のキャラクターだろう。バッハの音楽の、あの厳格で計算され尽くした緻密さに比べて、ヘンデルの場合は、どこか抜けていて、それが愛嬌というか、朗らかというか、聴いていてそう根を詰めないでイイというか、まぁしゃあないなぁと許せてしまう大らかさというか・・・そういうところが実にエエなぁ。
音楽は常に前向き、ポジティヴ。ヘンデルが幾多の障碍・挫折に会いつつも、へこたれずにそれらを乗り越えていったことや、作曲家生命が随分と長かったことなども影響しているのかな。

さて、ガーディナーのヘンデルは鮮烈。この人のバロック音楽はどれも説得力が強く、かくあるべしと云う主張があり、またその決然としたところが清々しくさえ思える。この「メサイア」などは、日本でのガーディナーの評価を一気に高めた名盤だろう。生命力にあふれ、独唱も合唱も生き生きと歌い上げる。オーケストラはもちろんピリオド奏法なのだが、大変に安定しているし、新鮮な音・響きで支えている。巧いもんだ。ベタベタしないのがまたよろしい。爽やかに聴ける演奏。

独唱はそれぞれ持ち味発揮、特にカウンター・テナーが巧い。声そのものが美しく、高音の抜けるような美しさは格別。

録音状態も素晴らしく、至福の境地で最後まで。気分良く「ハレルヤ」を聴いておりました。


AUTHOR: ひろはや DATE: 12/27/2008 20:07:22 こんばんは。
ヘンデルの「メサイア」で私の持っている唯一の全曲盤が、ご紹介のガーディナー盤であります。大変嬉しく思います。
久しぶりに聴いてますが、生き生きとした滑らかで力強い演奏・合唱・独唱ですね。このところの世相が沈んだ中で、この曲に勇気と希望をいただいたような気がします。
バッハとは違う音楽性、どちらも素晴らしいと思いますが、今年の年末こそもっとヘンデルを聴いて、新年を迎えたいものです。
スポンサーサイト

コメント

誤字修正です。
再生不幸 → 再生不能
失礼致しました。

>ひろはや 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
僕もCDでの全曲盤はガーディナーしか持っていないです。この演奏、発売されたときは大いに話題になったものでした。管弦楽も合唱もイキイキとして実に爽快、楽しめます。ヘンデルを聴いていると、幸福で、心が豊かになります。
LP盤では、ビーチャムの演奏をよく聴いてました。

>吉田 様
おはようございます。コメント感謝です。
ええ、おっしゃるように2部から3部への盛り上がり、エエですね。大好きなところです。そういえば、このCDは廉価盤になりませんね。もう25年以上も経過しているんですが、今もフィリップスの売れ筋なんでしょうか。同時期のフィリップスものとしては、バーンスタイン/バイエルン放送響の「トリスタンとイゾルデ」が、やはり廉価盤になりません。なかなか入手も難しいようですね。
さて、年末、第九でも聴きながらのんびりしたいと思ってます。

>HABABI 様
おはようございます。いつもお世話になります。
「メサイア」の演奏会は未経験なんです。一度、実演で聴いてみたいです、感動するでしょうねえ。宗教曲のライヴ、エエでしょうね。
さて、スポンジの券ですが、今年6月、そのことを書いていました。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/41717/2623405#2623405
我が家ではDGの初期盤が危なかったです。カラヤンの「カルメン」はダメになりました。ああ、勿体ない。DECCAやフィリップスでもスポンジが入ってました。あのころCDは高価でしたので、がたつかないように入れたんでしょうね・・・・・・今や、ボロボロ。危ないです。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。