スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャイコフスキーのバレエ組曲「くるみ割り人形」 メータ/イスラエル・フィル

本日12月23日は、天皇陛下75歳の誕生日。思い出の日であります。

ワタクシ、ちょうど10年前、1998年のこの日に禁煙しました。四国には珍しく大雪の日でした。その日タバコが切れたのですが、あいにくの天気で外に出る気がせず、そのまま一日やめてみようと思ったのでした。
そして、その頃、職場の同僚が禁煙を始めており、「オマエが出来るのなら、ワシもしてみよう」と、翌日からも禁煙を続けたのです。持つべきものは友人、いやライバルであります。禁煙の競争でありました。どちらが先にへこたれるか。勝負、勝負・・・・・・。
禁煙開始3日目あたりは実に辛く、1週間めは相当辛く、2週間はたまらん思いでありましたが、1か月たつと、その苦しみも薄れていきました(それでも数か月間は、タバコを吸ってしまった夢を見ましたなぁ)。

禁煙して良かったことは山ほどありますが、クラシック音楽に関して一つだけ書きます。
CDを沢山買えるようになりました。
ワタクシは1日2箱500円をタバコに使っておりました。1か月15,000円、1年18万円、この10年で180万円も浮きました。その分、クラシック音楽のCDを買えるようになりました。しかも世はCD激安時代。1か月15,000円もあれば(いや、喫煙時代からCDを買っている訳で、実際にはそれ以上の金額を当てて)、湯水のごとくCDが買えるのであります。ホンマ、貴重な財源になりましたなぁ。こんなブログをのんびり書けるのも、禁煙のおかげでありますなぁ。そしてその財源で今月もBOXものをゴソゴソ注文しておりまして・・・・・・・いやはや(^^ゞ。

さて、クリスマスが近づきました。今日は、この季節に聴きたくなる音楽をいきましょう。

チャイコフスキーのバレエ組曲「くるみ割り人形」。
ズービン・メータ指揮イスラエル・フィルの演奏。
1979年7月、テルアヴィヴのマン・オーディトリウムでの録音。DECCA盤のチャイコフスキー交響曲全集にフィルアップされている演奏。

イスラエル・フィルのしっとりとした弦楽セクションが素晴らしい。響きがイイ。「上質の絹織物」という常套句がピッタリする。ホンマに美しい。弦楽の生み出すこの肌触り、空気感は、練り絹のような感触がある。何とも心地よい。
(僕は埼玉県西部、秩父・八王子の織物文化圏の養蚕地帯に育ったので、生糸・絹の感触、蚕の可愛らしさはよく知っとります。子供の頃は桑畑と茶畑で遊んでおりました)

木管や金管も大層立派。名手が揃っているだろうなぁ。
メータの指揮も大変自然で、一つも強引なところがなく好ましい。適度なメリハリは清潔感に通ずる。
「トレパック」のイキの良さ、ワクワクするようなリズムの弾みと爆発。
「あし笛の踊り」のデリカシー。メータにしては珍しいくらいの新鮮さかな。やはり、ここでも弦楽セクションが美しい。
そして「花のワルツ」。素敵なクリスマスの夜を過ごせそうな音楽。

録音は今も最高レベル。DECCA充実の録音が鑑賞できます。
定位・奥行き・音の鮮度・広がり感とも申し分なし。
アナログ最盛期の、これは名録音でありましょう。


AUTHOR: Hiroko URL: http://homepage3.nifty.com/hiroko227/ DATE: 12/23/2008 12:35:26 こんにちは、お久し振りです。
くるみ割り人形は色々持ってますが、メータ盤は聴いたことがないです。
このジャケットのチャイコフスキーは、あまり馴染みのない絵ですが、優しいお顔をしてますね。

しかしながらタバコ代、塵も積もればですね。我が夫も禁煙してもらいたいです(笑)
で、今日は我が家は「結婚記念日」です!
スポンサーサイト

コメント

>Hiroko 様
おはようございます。ご結婚記念日、おめでとうございます。
僕の場合は禁煙=CD大人買い ということです。浪費は変わっておりません(^^ゞ。
ご主人のタバコ、高級音響システムがヤニで傷まなければエエですね。僕は自室でもプカプカ吸っておりましたので、一部CDケースなど今も少し黄ばんでいるんです(^^ゞ
メータのチャイコフスキーは明るくてゴージャス、アメリカンな演奏で楽しく聴けました。輸入盤チャイコフスキー交響曲全集に所収です。

>yuri 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
いよいよ寒くなりました。お元気ですか?
「くるみ割り人形」は昔々、小学校の給食の時間の音楽でした。懐かしさもありますが、大好きな曲なんです。
タバコ、20年も実は吸ってしまいました。人生、最大の失敗です。
タバコを吸わなければ、もっとLPやCDが買えたかもしれません・・・・・ああ、勿体なかったです(^^ゞ

>あるべりっひ 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
メータのチャイコフスキー、なかなかイイ演奏でした。ロス時代のメータはエエですね。
籠もり部屋では一本も吸わない、さすが、あるべりっひさんですね。僕は20年吸ってしまいまして。CDのケースなど黄ばんでいるものがあります。アカンかったです・・・・・・。タンノイとラックスになってからは、吸ってません。というより、禁煙して浮いたお金で買えました(^。^)

おはようございます。

私もタバコは30年以上前に止めました。ただそれからは酒が旨くなってしまって酒代が跳ね上がってしまい収支はかえってマイナスになりました。

「くるみ割り人形」全曲盤はドラティのを持っていますが殆ど聴くことはなくなりました。この曲を聴きたくなると取り出すのはクナーパツブッシュの抜粋盤です。全部で8曲、これくらいが私にはちょうどいいのです。

>天ぬき 様
おはようございます。コメント感謝です。
僕はアルコールがダメなんですが、ホンマ、タバコを止めると食べ物が旨いです。こんなに食い物は旨かったのかと、空腹感がありました。案の定、世の禁煙者の皆さん同様、大いに肥りました・・・・・・・・・(^^ゞ。
クナッパーツブッシュの「くるみ割り人形」があったのですか。それは知りませんでした。やっぱり、スケール大きいんでしょうか。是非、聴いてみたいです。

mozart1889-san
こんばんは~!
この曲は、演奏者・指揮者の違う LP を2枚持っていますが、残念ながら抜粋盤です。今度、SA-CD の全曲盤を購入しようと思っています。
その前に、件の LP のエントリー(1枚は投稿済み)をしますので、TB します。
さて、煙草の件ですが、私は2日で約1箱。吸う時はキッチンの換気扇の下。長年このスタイルです。
それでは、また!

>yuhoto 様
おはようございます。いつもお世話になります。
SACD、いいですねえ。僕もSACDプレーヤーが欲しいんですが、手元不如意でなかなか購入できません。ふつうのCDもエエ音になるようですね。SACDは高すぎて、手を出しにくいんですが、普通のCDも良い音で聴けるのなら欲しいなぁ・・・・・。
換気扇の下での喫煙、偉いです。僕は喫煙時代、ところかまわずプカプカ、しかもヘビーでしたので、一時リスニングルームの壁も黄ばんでしまいました・・・・反省です(^^ゞ

mozart1889-san
おはようございます!
前回のコメントで、「所有しているこの曲の LP は、2枚とも抜粋盤」と書きましたが、ひとつは全曲盤でした。そして、それを投稿する積もりでいましたが、すでに「合唱」の時期になってしまいましたので、取り止めます。悪しからず。
喫煙の件、
mozart1889-san は、禁煙される前迄はリスニングルームでもスパスパと・・・・・ これって、パソコンやオーディオ機器には大敵なんですって!
経験者に聞いたところ、特にCDプレイヤーのレンズがヤニで汚れると最悪な音になるそうです。しかも、音が少しずつ変化して行くので気付かないようです。

>yuhoto 様
コメントを有り難うございました。
今のシステム(タンノイをDENONのCDプレーヤーとLuxのプリメインで鳴らしています)は、タバコを止めてからのものです。トラブルなしで、良く鳴ってくれます。
そういえば、喫煙時代には、CDプレーヤーがダメになることがありました。DENONの初期のもの、DCD1800Rという機種でしたが、あれも、タバコの影響だったかもしれませんね。アドバイス、有り難うございました(^。^)

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。