スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シベリウスの交響曲第3番 ハ短調 作品52 ベルグルンド/ヨーロッパ室内管

昨日は冬至でした。ですから、柚子湯です。
当地は南国、柑橘系果実はナンボでもあります。恒例の年中行事とはいえ、気持ちよかったですねえ。柚子の香りをのんびり楽しみながら、ああ、今年も残りわずかになりました。

さて、昨日とうって変わって、冷たい雨の一日でした。そういう寒い日にはシベリウスであります。

シベリウスの交響曲第3番 ハ短調 作品52。
パーヴォ・ベルグルンド指揮ヨーロッパ室内管の演奏。
1997年10月の録音。FINLANDIA原盤。

寒くなると聴きたくなるのがシベリウス。枯れ木と冬の山々を部屋の窓から眺めつつ、、柔らかい日差しを楽しみながらシベリウスを聴くのは、厳冬期の音楽鑑賞の楽しみの一つかもしれない。
ベルグルンドのシベリウス交響曲全集、これは3つめ。全集を3度とは、まさにシベリウスのスペシャリスト。特にこのFINLANDIA盤は響きの透明度が高く、非常に純度の高い、高潔な演奏になっていると思う。各誌各界、絶賛の嵐だった。

第1楽章はアレグロ・モデラート。
北欧の冬を思わせる厳しい演奏。ヨーロッパ室内管の響きが研ぎ澄まされていて、非常ぬクール、峻厳な演奏になっている。思わず引きこまれる。

第2楽章はアンダンティーノ・コン・モート、クワジ・アレグレット。
哀愁漂うメロディアスな楽章。木管の音がうら寂しいイイ味を出している。弦楽セクションのクールな響きも曲想にマッチしている。冬ざれた街か、凍てつく大地か、やはりこの楽章にも冷涼感が迫ってくる。特に良いのはヴィオラ。渋くてクール。そして木管のユニゾン。これぞシベリウスの音であり、作曲家の声だと思う。

第3楽章はモデラート~アレグロ。
ヨーロッパ室内管の音がスゴイ。機能的で、音の純度が高い。ゾクゾクする。
こんな音を引き出して、スリムでクールなシベリウスに仕上げたベルグルンドの手腕も素晴らしい。他の誰でもない、この音こそ、シベリウスなのだ・・・・・とでも云っているかのよう。
交響曲第1番と2番はチャイコフスキー的なところがあったが、この第3交響曲は、もうどこを取ってもシベリウスの個性だ。そのことをベルグルンド&ヨーロッパ室内管のコンビは教えてくれる。

録音状態は最高級です。
RFHホールというのはオランダにあるそうですが、素晴らしい音響であります。エエ音してます。
必要以上に残響を収めず、クール&シャープな音づくり。シベリウスにはピッタリでありました。


AUTHOR: 北国タクト EMAIL: accu_lux@mail.goo.ne.jp URL: http://meivan.blog15.fc2.com/ DATE: 12/22/2008 12:35:58 この演奏、私も大好きです。
言葉にできないくらい……
6番も素晴らしいですね。
スポンサーサイト

コメント

3番、良い曲ですよね。
私、シベリウスの交響曲はどちらかと言えば『夏』に取り出すことが多いです。
『白夜』を思い浮かべながら、部屋を暗くして聴くのが常です。

>北国タクト 様
おはようございます。ベルグルンドのシベリウス、特にこのヨーロッパ室内管との演奏は、純度が高い、静謐の美しさで迫ってきます。
同好の方がいらして嬉しいです。有り難うございました。
6番もエエですね。聴き直してみたくなりました。

>丘 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
ベルグルンドのシベリウスは、ヘルシンキ・フィルとのBOXが激安で買えたことがきっかけで好きになりまして、あとの2つは中古盤ゲットです。どうも「箱物」が好きでアカンのです。それに、全部揃えてみたくなる、妙な収集癖があって困ります(^^ゞ
それにしても、この演奏は綺麗で、純粋、清澄・・・・・何とも云えませんです。

>ひろはや 様
おはようございます。いつもお世話になります。
そうですそうです、シベリウスの好きなカラヤンが、この3番だけは録音していないんですね。カラヤンならあの緩徐楽章を徹底的に美しくやったでしょうに・・・・・・惜しいですね。
ザンデルリンクやバルビローリは独自の個性、エエですね。大好きです。C/デイヴィスがボストンと録音したフィリップス盤が個人的には思い入れ大きいです。アシュケナージ盤は2番のみです。これ、エエらしいですね・・・・・・なんて云っていると、また全集購入になってしまうので、気をつけたいと思います(^^ゞ。

>あるべりっひ 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
あるべりっひさんは、夏、白夜のイメージですか。
僕は暑苦しいときに、涼を求めてシベリウスを聴くことがあります。でも、だいたいは寒くなってから聴くことが多いです。チャイコフスキーなんかも、この季節が多いんです。
それにしても、3番はイイですね。あまり目だ立たない曲かと思うんですが、名曲と思います。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。