スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーツァルトのヴァイオリン・ソナタ集から 前橋汀子(Vn) & エッシェンバッハ(Pf)

ポカポカ陽気でありました。11月上旬の気温だったそうな。
昼休みに職場周辺を散歩していると(最近、歩数計などを身につけておりまして 汗)、空は快晴、空気はほのぼの、気持ちよかったですねえ。新居浜の名物、イチョウはほぼ落葉しました。すっかり冬の風景なんですが、ほんわかと暖かい日でありました。

さて、今日はモーツァルトの室内楽を聴いてます。久しぶりに取り出したCDなんですが、今日の陽気にはちょうど良かったかな。
モーツァルトのヴァイオリン・ソナタ集であります。
中でもその1曲目、これが良かった。

モーツァルトのヴァイオリン・ソナタ第24番 ハ長調 K.296。
前橋汀子のヴァイオリン、クリストフ・エッシェンバッハのピアノ。
1990年5月、大阪いずみホールでの録音。CBSソニー盤。

モーツァルトのヴァイオリン・ソナタは楽しい。聴いていて、ヴァイオリンとピアノの語らいに微笑ましくなる。
冒頭第1楽章は、アレグロ・ヴィヴァーチェ。
前橋のヴァイオリンは若々しく凛々しく、華やぎがある。そして少し妖しい色気も。水もしたたるような美音でもあって、特に高音が細身でしなやかに、時に柔らかく弧を描くように伸びてゆく。実にすがすがしい。
エッシェンバッハのピアノもこれまた美しい。高音が突き抜けるような感じで、清涼感いっぱい。実に瑞々しい。ダイナミクスも大きく、モーツァルトにしてはかなり個性的と思うが、これくらい元気があるのもイイ。

緩徐楽章はさらに美しい。心が通い合うアンダンテ・ソステヌート。素晴らしいアンサンブル。名手二人が心を重ね合わせると、こんなに美しいアンサンブルになる。合わせものってエエなぁと思う。時間が過ぎてゆくのを忘れさせる、これは絶品絶美と云えそう。

第3楽章は鮮やかなロンド・アレグロ。心弾む軽快さ。
前橋のヴァイオリンは流麗そのもので、色気が薫るような美しさ。エッシェンバッハのピアノは堂に入ったもので、手慣れた職人芸を思わせる。カッチリしたピアノを弾いてゆく。

録音はとても美しいです。オンマイク気味で、音そのものはとても綺麗です。
ヴァイオリン・ソナタの録音は大変難しいと、昔『レコード芸術』で読んだことがあります。シェリングとヘブラーのベートーヴェン全集がレコード・アカデミー賞の録音賞を受賞したときに読んだ記憶があります。
しかし、この前橋録音は抜群です。2つの楽器がとてもクリアに録られていて、心地よく鑑賞できます。
ソニーの国内録音盤としては、名録音と云えるのではないでしょうか。

このCD、ヴァイオリン・ソナタ全4曲収録しております。
あとの3つは、25番ト長調K.301、30番ニ長調K.306、42番イ長調K.526であります。
名演でありました。


AUTHOR: 天ぬき DATE: 12/11/2008 20:42:06 こんばんは。
こちらもポカポカ陽気でした。
この曲、ホント今日の陽気にはピッタリでした。

さて、モーツァルトのヴァイオリンソナタは昔から大好きでよく取り出して聴きます。最初に耳にしたのがK304のソナタ。M・J・ピリスが初来日した折に塩川悠子さんと協演した演奏でFMでオンエアされたものでした。
佳曲揃いのなかでも一番好きなのはK526。前橋さんのは未聴なので聴いてみたくなりました。

スポンサーサイト

コメント

>shibera 様
おはようございます。いつもお世話になります。
ユニヴァーサルのヴァイオリンBOXセット、これは「買い」でしょうね。僕のHMVのカートにはすでに入っておりまして、後はクリックするだけです(笑)。
さて、モーツァルトのVnソナタは、おっしゃるように吉田秀和が『LP300選』の中で随分語っておりました。K304などホンマにエエですね。ヴァイオリンの哀愁漂う音色を聴いていると、その世界に引き込まれてしまいます。
愛聴盤はこの前橋汀子とシェリングです。グリュミオーを一度聴いてみたいと思っています。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。