スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルックナーの交響曲第8番 ハ短調(ハース版) ハイティンク/ロイヤル・コンセルトヘボウ管

今日はMP3を再生しています。
「司馬氏のアイーダ」のよんちゃんさんから又聞きしました。
これは、お勧めの音源です。ダウンロード音源を聴くことに抵抗のない方は、是非どうぞ。Radio 4 というサイトです

ブルックナーの交響曲第8番 ハ短調(ハース版)。
ベルナルト・ハイティンク指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管の演奏。
2005年2月のライヴ録音。MP3音源をダウンロードしたもの。

ハイティンクのブルックナーは素晴らしい。とりわけ第8交響曲は。
ウィーン・フィル盤もアムステルダム・コンセルトヘボウ管との再録音盤も大変充実した演奏だった。今年、渇望していたそのACO盤を入手できたのは、とても嬉しい出来事だった。
今日聴いているのは2005年の実演を録音したもの。ハイティンク75歳、完熟の名演奏と思う。当代、これほどのブルックナーを聴かせてくれる指揮者はいるだろうか。

第1楽章から、もうスケール雄大でゆったりとしたテンポ。確信に満ちた演奏であって、指揮者もオーケストラも自信タップリに演奏してゆく。何の変哲もないブルックナーなのに、耳に届く音楽は偉大そのもの。ああ、ブルックナーって深いなぁ、大きいなぁ・・・とつくづく思う。オケの素晴らしい響きに身を任せて、身を浸して、その大河のような流れのままに漂う感じで聴いていると、ホンマに気分がエエなぁ。

第2楽章も柄の大きい演奏。そして着実に進む音楽。華美なところはまるでなく、質実剛健で、虚飾を排した表現と思う。ブルックナーの音楽がそのまま鳴り渡る、自然体。これぞ、ハイティンクのブルックナーなのだ。

第3楽章のアダージョは至高の美。テンポは中庸で、遅すぎずベタつかず、淡々とやっているようでいて、表現の幅は広く、音楽の奥行きが深い。ゼクエンツの深さ、呼吸の深さが素晴らしい。

フィナーレはもう立派な音楽と言うしかないなぁ。テンポは堅実で、音楽のスケールは大きく、そしてひけらかすようなところがなく、敬虔にして誠実。「志高頭低」とでも云おうか。
コンセルトヘボウ管の実力、パワーを遺憾なく発揮させ、上質な音楽に仕上げてゆくところが名匠ハイティンクと云うべきか。この人は「巨匠」と言うより「名匠」と呼んであげたいタイプだなぁ。1時間25分の大作を全く弛緩せずに振り切る。大したもんだな。
そして、やはりコンセルトヘボウ管の素晴らしさ。実演にしてこの完成度、美しさ。コンセルトヘボウ管、恐るべし。

さて、MP3ファイルを、パソコンからONKYOのUSBオーディオ・プロセッサを介して、我が家のシステムで再生しております。
音はやや平面的で奥行きがもう少し欲しいと思いつつ、左右の広がり感は十分で音の鮮度、響きも良好であります。もう少し高音の伸びが欲しいと思いますが、これは実演の制約・元録音の特徴でありましょうし、そもそもコンセルトヘボウ管の響きはやや渋めで中音充実でありますから、こんな再生音の感じでエエんでしょう。
雑音が少ないのも驚異的。これ、ホンマの演奏会かいなぁと思いながら聴いておりました。咳払いなど聞こえません。終演後、拍手が響きましたので、やはり実演だったと気づきました。
ホールトーンはやや少なめ、近接音が多かったような気もします。

しかし、これ、無料です。いつまで無料なのかなぁと思います。お勧めの音源でありまして、iPodに入れてみると、カーステレオ再生では全く普通の音と遜色ありません。
ジュリーニのドヴォルザーク8番とかチョン・ミュンフンのオルガン交響曲とか、ヤンソンスのブラームス第2交響曲等々・・・・・。素晴らしいですねえ。

AUTHOR: よんちゃん EMAIL: awozoijies@gmail.com URL: http://shibashi.blogspot.com DATE: 12/05/2008 08:54:58 こんにちは。
拙ブログをご紹介くださりありがとうございます。

Radio4による10曲の交響曲シリーズが、無料でダウンロードできるのは驚きですね。
ブルックナーの8番でもCDで購入すると、HMVでは一般価格で3000円を超え、ituneストアでも3000円になります。これが無料でダウンロードできたわけで、本当にいいの?大丈夫なの?と思ってしまいます。

ところで演奏ですが、素晴らしいですね。
そしてmozrt1889さんの文章もさすがです。ハイティンク/RCOの演奏の特徴や素晴らしさが十分に表現されていると思います。僕の感じていたことで文章に表せなかったことを見事な文章にしていただいた、というすっきり感があります。
スポンサーサイト

コメント

指揮者ではハイティンク_いいですね。ブルックナーには最適、過日聴いたFNOとのマラ6でも、スマートで中庸でありながら、決して薄味や枯淡にはならない、豊かな円熟味を感じさせる演奏はさすがです。ところで最近、ブック・オフでは出物ラッシュ、MTTやカラヤンの他にもアバド_LFOのマラ2やノイマンのマラ9など、大作の名盤・注目盤を目ざとく見つけては入手しています。無論HMVにもオーダーラッシュ、他方でこの不況下でハードの方も安くならないかなどと、時間もないのに考えてはほくそえむ今日この頃です。ではまた。

おはようございます。
有益な情報ありがとうございます。
Radio 4の登録フォームがドイツ語だったので、ちょっと引いてしまいましたが、英語版もあったのですね。
正確に登録できたか心配なのですが。

さて、ブル8をダウンロード後、トラック分割してCD2枚に焼き今聴いています。
この録音は販売用のデータをそのままMP3化したもののような感じです。
トラック間は完全な無音ですし、レベルもきっちり合ってます。
音質的にはビットレートが320kbpsと高めなので、かなり良好と思います。

こんにちは

凄い得した感じです。サイトのご紹介ありがとうございます。
早速マーラーDLしちゃいましたよ。これはiPOD行きですね。

さて、ブル8ですが、以前HMVで格安で出ていたハイティンクのCD、買いそびれてしまいました。
でもね、明日地元オケのナマを聴きに行くんですよ。楽しみです。

mozart1889さんの記事も楽しみにしております。
(そうそ、自分もONKYOのSE-U55GX使っております。名機ですね。

こんばんは。
ハイティンクのブルックナー第8番、この2005年2月18日と20日のACOライヴ盤は、CDで持ってます。これが無料でダウンロードできるなんて、何か信じられませんが、本当なんですね。驚きです。
ところで、ハイティンクのブル8は、SKDを指揮した2002年のライヴ盤を現在HMVに予約注文中ですが、2004年5月のSKDとのサントリーホール来日公演でこのブル8を聴いているだけに、本当に楽しみです。
それにしても、ハイティンクは、80年代のACO、90年代のVPO、2000年代のSKDとACOで、ブル8をCDに残しているなんて、スゴすぎる指揮者ですね。

>よんちゃん 様
おはようございます。こちらこそ、貴重な情報を有り難うございました。
早速全10ライブ、ダウンロードしました。
これ、ホンマに貴重な素晴らしい音源ですね。ブルックナーの第8をハイティンク/ACOで聴けるなんて、もう最高でありました。感謝感激です。
名匠の素晴らしい実演、ハイティンクのブルックナーは最高です。

無料でエエんかいなぁと思ってしまいます。音質も良好でした。

>TATSUYA@ 様
おはようございます。コメント感謝です。TATSUYA@さんは、ヨッフム&ACOの実演を聴いてらっしゃるんですね。羨ましいです。ACOのブルックナーはホンマにエエです。それにヨッフムですから・・・・・・僕はヨッフムの2つのブルックナー全集を持っているんですが(EMIとDG)、どちらも実に良い演奏だと思います。
さて、コンセルトヘボウ管といえば、ご当地フィリップス録音が音質も素晴らしく良いなぁと思っています。
マリナーとの「惑星」、コンドラシンとの「シェエラザード」は昔から大好きです。ハイティンクでは第九(ライヴ盤の方です)やマラ4(新しい方)、C・デイヴィスとの「春の祭典」がすぐに思いつきます。

>shibera 様
コメント感謝です。ああ、僕も共感しきりのコメントでした。ハード、安くならんですかね。そして未聴の山ミチョランマは僕も増えて困ってます。HMVや某オークションで入手しきり、どんどんCDが増殖しています。いやはやです。
ダウンロード音源は、ステレオできちんと再生してやると結構エエ音がするので実は驚いています。USBオーディオプロセッサは、良くできた製品と思いました。しかし、僕もshiberaさんと同じで、「現物」が欲しい人種でして、焼いたCD-Rなども中古盤で買い直ししてしまいます。カラヤン/VPOのブル8を950円ゲットは羨ましいです!ああ、それにしてもブルックナーを聞くならBPOにVPO、そしれACOにSKD・・・・・・全く同感であります(^^)V。
アバドやMTTのマーラーまでは手が伸びていません。shiberaさん、精力的ですね。僕も見習わなくちゃ。

>Summy 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
そうなんですか、商業録音をMP3化しているんでしたら、楽章間がとても静かだったのも理解できます。音質も上々なんですねえ。これ、なんか相当得した気分になってきました。
結局10演奏を全てダウンロードしました。ジュリーニのドヴォルザークなど、良かったですし、メンデルスゾーンもマーラーも名演奏でした。
ハイティンクのブル8は、長時間なので、分割しないとCD-Rにできませんね。僕も方法を考えようと思います(^^)V

>にこらす 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
にこらすさんも、ONKYOのSE-U55GXをお使いでしたか。これ、エエですよね。安価で入手できる製品なのであまり期待していなかったんですが、いやあ、これホンマに名機と思います。同好の方がいらして嬉しいです。
ブル8を実演で聴けるんですね。それは羨ましいです。僕は実演では一度も聞いたことがないんです。ああ、エエなぁ・・・・・・。

で、Radio4のダウンロード音源、全部で10演奏入手しました。
どれも素晴らしいです。自信を持ってアップしているんでしょうね。

>ひろはや 様
おはようございます。コメントを有り難うございました。
ハイティンクのブルックナーはホンマに素晴らしいですね。おっしゃるように80年代のACO盤、90年代のVPO盤ともに圧倒的なできばえでしたし、今回の2005年ACOライヴもスケールの大きな名匠の仕事でありました。
ひろはやさん、SKD盤も注文されたんですか。しかも、実演も聴いていらっしゃる・・・・・・。ハイティンクもスゴイですが、ひろはやさんもスゴイです。
ハイティンクのブル8のオーソリティでいらっしゃいますね。

ああ、それにしてもハイティンクのブルックナーはエエです!

こんにちは。
サイトのご紹介、ありがとうございます。さっそくDLしてしまいました。ゆっくり聴いていきたいと思います。RCOのサイトは映像も公開していて、充実していますね。

>sybh 様
こんにちは。こちらこそ、コメントを有り難うございました。
RCOのサイトで無料ダウンロード、全部で10ファイルでした。演奏はどれも素晴らしいもので、ジュリーニやバーンスタイン、コンドラシンの実演が聴けるんですからもうたまらないです。ホンマにエエんかいなぁ・・・・・と思ってしまいます。
音質も優秀でありました。

コメント返信をご丁寧に感謝です。
スンマセン。ヨッフム&ACOのコンサートは実演は聴き入ったのではなくって、TV中継で見てただけです。。(笑)。
当時はまだ大学生でコンサートなど行く余裕も時間もなかったですからネ。でも、あの年は海外からすごい数のオケが来日してたんですよね。サントリーホールこけら落としで、カラヤンの代役で小澤さんが、日本で初めてベルリンフィルを振ったのもこの時期だったと記憶しています。

>TATSUYA@ 様
こちらこそ、再度のコメント恐縮です。
サントリーホールが出来たのは1986年だったでしょうか。僕が東京から四国に引っ越したのがその年でして、結局、サントリーホールでの実演を聴けずに今もいるんですが、大変残念だったことを覚えています。バブル経済が始まった頃でした。
学生の頃は、安い券で演奏会を聴いてましたが、今はなかなか出来ません。田舎暮らしは健康的で心地よいんですが、演奏会では、都会の方が羨ましいです。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。